そもそも一人前に仕事ができるってどういうこと?

仕事において「一人前」になるとは、どういうことを指すのでしょうか? 現状、明確な定義は存在しないように思えます。いくつか具体例を提示することで、そのイメージを明確にしましょう。

“仕事が予定通り終わらない”―社会人であれば、誰もが経験する悩みでしょう。ここでは、「デキる」ビジネスパーソンになるために必要なスケジュール管理術をご紹介します。

>>この記事を読む

いま働いている会社で3年以上やって一人前


社会人として「一人前」と認められるために、「3年間、同じ会社で働いたかどうか?」をみられることは多いようです。「3年間」という数字は、概ね一つのことをやり抜いたと認められる指標になってきました。例えば、高校の部活でも、引退まで3年間練習を続けたら、よく頑張った。逆に、途中で辞めてしまえば、根性なし。そのようにみられる風潮が社会全体に存在しています。

では、どうして3年間仕事を続ければ一人前と言われるのでしょうか? それは、「業務内容を覚えて、会社にとって黒字を出せる」社員になる一つの目安として考えられているからです。もちろん、個人差はあると思いますが、これほど「3年間、同じ会社で働くことが大事」ということが浸透している事実は、その妥当性を証明しているようにも思えます。

それでは、3年間、同じ会社で働くには、どのようなことに気をつけるべきでしょうか? 仕事を続けるコツを5つ紹介します。

自分に合う仕事をする

会社選びや部署を決める時に、自分の適性をよく考えて選ぶことが仕事を続ける上で非常に重要になります。もし、仕事をしばらく続けてから、「自分には向いてない……」と感じるようであれば、会社をすぐに辞めるのではなく、まず、現状を改善する術が、会社内にあるかどうか模索することも大事です。

他人と比較しない

他人と比較すると、「同僚が簡単に行なっていることが、自分にはできない……」と劣等感を感じてしまいがちです。そのように考えることはやめて、「他人と比較しても疲れるだけ」という意識で、マイペースに仕事をすることが大切です。仕事には、向き不向きがあるので、他人のことを過度に気にしないようにしましょう。

一人で抱え込まない

職場での悩みを一人で抱えこんでいませんか? 悩みがあるなら、上司や同僚あるいは家族や友人などにそれを相談してみましょう。一人で悩んでいても、つらくなってしまうだけです。他の人に相談してアドバイスをもらうことで、その悩みは解消されるかもしれません。他人を頼ることを覚えましょう。

小さな目標を決める

日々の仕事を遂行していく中で、小さな目標を設定することは大事です。例えば、ランニングをしていても、「最終ゴールまでまだまだ……」と考えるのではなく「まずは、いま見えている高いビルを目指そう」と考えて、それが終われば次の目標、というふうに小さなステップを積み重ねていけば、意外と長い距離を走ることができるものです。仕事でも、1週間単位でいいので、小さな目標を決めてみてはいかがでしょうか。

職場の人とほどよい距離感で働く

仕事を続けるにあたって、人間関係はとても大きな要素となります。無理に人と関わらなくてはいけないと考えるのではなく、自分にとって心地よい距離感で、人と接するようにしましょう。人間関係に悩みを抱えてしたとしても、それは時間が解決してくれることもあります。マイペースに仕事をしましょう。

以上、仕事を3年間同じ会社で続けるためのコツを紹介しました。すぐに実践できることばかりなので、ぜひ試してみて、一人前と世間に認められるように頑張っていきましょう。

全体の仕事を一通りできるようになって一人前

「全体の仕事を一通りできるようになれば一人前」という考え方もあります。


例えば、ウォーターフォール型のソフトウェア開発について考えてみましょう。ウォーターフォール型のソフトウェア開発には、「要件定義」、「設計」、「開発」、「テスト」、「運用」という5つのステップがあります。入社した当初は、「開発」や「テスト」という、言わば下流工程の経験しかなかったとしても、次第に経験を重ねるにつれて、上流工程である「要件定義」や「設計」に携わる機会も増えていきます。このように、一つの工程だけではなく全体の流れを一通り経験して、それぞれに対してきちんと成果を出すことができる人材になることができれば、一人前であるということができます。

全体の仕事を一通りできるようになるためには、現在行なっている業務以外の仕事であっても、積極的に関わっていく態度や姿勢が必要になります。いわゆる「コンフォートゾーン」を出る心構えが重要です。当然、最初は全然仕事ができなくても、ある程度経験を積めば、会社に貢献できる人材になっていくはずです。その挑戦を繰り返し行なうことで、どんな仕事であっても、一通りできるようになるでしょう。

自分で問題解決できるようになって一人前

一人前とは、「問題解決に関する手順や方法を一通り理解している人材」ということもできます。

担当した業務を自律的に遂行しながら、担当業務に関する問題が発生した時には、それを自らの手で解決できるようになる必要があります。

手順としては、顕在化した問題点を分析してボトルネックを見つけ、それがどのような状態に改善されなくてはいけないかを明確にして、そのギャップを埋めるための解決案をまとめあげて、実行するというプロセスになります。既知の問題であれば、従来のやり方で解決できることもあるでしょう。また、未知の問題であっても、自分あるいはチームで、論理的に問題点を整理して、打ち手を考えることができることができれば、一人前に仕事ができるとみなされるでしょう。そうなるためには、普段から問題が発生した時に「なぜこの問題が生じたか」について、深く思考する癖をつける必要があります。また、分析手法や解決手法についても、勉強するかOJTで覚えていくと良いでしょう。

関連記事:問題解決が出来る人材とは?

自分で責任を負えるようになろう

最後に、「自分で責任を負える」ことの重要性について考えたいと思います。

仮に、一人前に仕事ができるようになっても、それが上司の庇護下つまり責任は上司に預けるという状況である場合、一人前になれたとはいえないでしょう。要するに、一人前になるとは、「自分で責任を負えるようになる」こと。そのためには、上司から与えられた仕事を遂行するという受動的な姿勢ではなく、日々の業務で発生した問題に対する改善点や解決策などを積極的に提案して、実行していく姿勢が求められます。その時は、結果に対しては、自分で責任を負うという当事者意識を持っていなくてはなりません。

「責任を負う」という意識は、マネージャー層には必須ですが、ただのメンバーであってもそのような意識を持って仕事を行なっていけば、必ず評価され、結果的に出世をしていき、役職的にも能力的にも、完全に一人前の人材になることができます。普段から、「責任を負う」意識を持って、業務にとりかかってみてはいかがでしょうか。

今回は、仕事の生産性を上げるために必要な8つのチェックポイントについて簡単にまとめていきたいと思います。

>>この記事を読む

「そもそも一人前に仕事ができるってどういうこと?」についてのまとめ

本稿では、一人前に仕事ができることの定義を提示して、最終的には「自分で責任を負える」ようになることが、もっとも重要だと締めくくりました。

また、一人前になるためには、どうしたらいいのか? ということに関しても、それぞれ詳細に述べました。「一人前」という言葉はもともと曖昧なものですが、そのイメージを具体化できたでしょうか。

【PR】 責任をもってやるべき仕事を効率的に管理する方法とは?

TeamHackなら、プロジェクトの管理から情報共有まで、これ1つで全てが完結します。ソート機能で誰が何をやっているか明確に。タスクごとにチャットができるから、情報の錯綜もありません。プロジェクト管理者も作業者も、驚くほどタスク管理が楽になります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事