プロジェクト管理の悩みに効く、10の良質記事まとめ。

Team Hackers編集室がオススメする良質記事!

これで完璧!
プロジェクト管理

STEP1
基本を押える

プロジェクトマネジメントの手法と種類 それぞれのメリットとデメリット

プロジェクトマネジメントといってもさまざまな手法が存在します。代表的なものは、ウォーターフォール、アジャイル、CCPMが挙げられます。どの手法が用いられるかは行なうプロジェクトによって変わってきます。

ここでは、それぞれの手法についてのメリットとデメリットをご紹介したうえで、これらを適切に使用したことによって成功したプロジェクトを見ていきます。

プロジェクト管理&進捗管理の歴史と変遷を改めて知ろう

Microsoftによると、現在行なわれているような形でのプロジェクト管理は、わずか数十年前に始まったそうです。何よりもツールの進化の影響が大きく、パソコンの登場によってプロジェクト管理は大幅に容易になりました。そのため、「プロジェクト管理」という概念が普及し始めたのもパソコンの普及と同時期なのです。

ここでは、インターネットの普及により、ビジネスの形態が変化する中で、自分のプロジェクト管理が「現状に合っているかどうか」を考えるきっかけを作りたいと思います。

情報共有に欠かせない 身近なエクセルを使った工程表6選

プロジェクト管理者になると、どんな工程表が自分たちのプロジェクトに合うのかについて、頭を悩ませます。スケジュールを管理するための工程表ですが、最近は、「納期」だけではなく「品質」「予算」などを項目に加える企業も増えてきました。そのような場合、エクセルを用いれば、汎用性が高く操作も難しくないのでメンバーへの負担も少ないです。

ここでは、そのエクセルを用いた工程表と、おすすめのテンプレート、サービスをご紹介します。

STEP2
知識を深める

「プロセスフロー図」って何? 得られる意外なメリット

プロジェクトは、「立ち上げ」「計画」「実行」「監視・コントロール」「終結」といった5つの大きなプロセスによって構成されています。また、プロジェクト計画を立てるときに、一般的にもっとも重要視されるのがWBSですが、プロセスを表現することには、あまり適していません。そこでおすすめなのが「プロセスフロー図(Process Flow Diagram, PFD)」を用いることです。

ここでは、5つのプロセスのそれぞれのポイントと、PFDのメリットをご紹介します。

プロジェクトを成功に導く! コミュニケーション管理のコツ

プロジェクトを成功させるためにはコミュニケーションが不可欠です。プロジェクトコミュニケーションを円滑にするためのツールとしては、「ミーティング、電話やSkype、メール、パワーポイントやエクセルなどのドキュメント、オンライン共有ツール」といったものが挙げられます。

ここでは、それぞれのメリットとデメリットをご紹介したうえで、コミュニケーション管理における2つのポイントを見ていきます。

ビジネスマン必見! プロジェクトマネージャーが読んでタメになった本 厳選7冊

読書を習慣にすることによって思考が変われば、行動も変わっていきます。

ここでは、年間100冊を読むプロジェクトマネージャーが厳選した、中でもプロジェクトに役立つ本7冊『0秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』『リクルート流仕事ができる人の原理原則』『シンプルに考える』『不毛地帯』『人生の教養が身につく名言集―――「図太く」「賢く」「面白く」』『IMPACT MAPPING インパクトのあるソフトウェアを作る』『続・企業参謀-戦略的経営計画の実際』のそれぞれのおすすめのポイントをご紹介していきます。

STEP3
今すぐ実践!

プロジェクト管理ツールを比較・再評価してみた 2019年度版

プロジェクトをより効率的に管理するためにツールは不可欠です。このツールは、
タイプA:「情報共有」機能特化型
タイプB:「タスク整理」特化型
タイプC:「工数管理」特化型
で比較することができます。

ここでは、それぞれのタイプ別におすすめのツールをご紹介します。

ガントチャートって何? メリットと効果的に使うコツ

「ガントチャート」とは、横軸に時間、縦軸にメンバーや作業内容を配置し、工程やタスク毎に作業開始日、作業完了日の情報を帯状グラフに表したものです。その目的は、プロジェクトを行う上で必要なタスクを可視化して、チームで共有することです。

ここでは、ガントチャートを使うメリットと、初心者が比較的簡単に作成できる人気のツールやアプリをご紹介します。

複数のプロジェクトに混乱 効率的な進め方とマルチタスクの解消方法

複数のプロジェクトを効率よく管理するには、「優先順位付の徹底」「進行状況の管理・情報整理」「情報の共有・コミュニケーション」についての力をつける必要があります。必要な思考としては、
①どのプロジェクトが最優先なのかをはっきりさせる
②プロジェクトごとの進捗具合を明確に
③初めのボトルネック設定に時間をかける
が挙げられます。

ここでは、それらをより詳しく説明するとともに、マルチタスクの対応の仕方をご紹介します。

この人はプロジェクトマネージャーに相応しい?それを見抜くために採用面接ですべき質問

プロジェクトマネージャーを採用する際、求める人物像はプロジェクトマネジメント力だけではないはずです。優れたプロジェクトマネージャーを見極めるためには、プロジェクトマネジメント力のほかに、コミュニケーションスキル、育成スキル、委任能力なども見ていく必要があります。

ここでは、プロジェクトマネージャーに必要な10のコンピテンシーを見ていくとともに、採用する際に役立つ質問をご紹介します。

【PR】 プロジェクトマネジメント方法にお困りですか?

TeamHackなら、プロジェクトの管理から情報共有まで、これ1つで全てが完結します。ソート機能で誰が何をやっているか明確に。タスクごとにチャットができるから、情報の錯綜もありません。プロジェクト管理者も作業者も、驚くほどタスク管理が楽になります。

>TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackは、タスク管理とチャットが同時にできる「業務コミュニケーションのしやすさ」に特化したオンラインワークスペースです。コミュニケーションツールとタスク管理ツールを行ったり来たりして、二重に管理の手間がかかる問題をスッキリ解決します。

CTR IMG