プロジェクトを成功に導く! コミュニケーション管理のコツ

プロジェクトがうまくいかなかったときの反省として、「コミュニケーション不足だった」「コミュニケーションがもっとうまく取れていたら成功したはず」という言葉をよく耳にしたことはないでしょうか。一般的にはプロジェクトを成功に導くためには、タスクやスケジュール管理に注目されることが多いですが、蓋をあけてみるとそれだけではなく、コミュニケーションもプロジェクトを成功に導くためには、欠かせない要素の1つになっています。とはいうもののコミュニケーションを管理するにはどのように進めていけばいいのか分かっている人は多くはないはずです。

なので今回は、プロジェクトを成功に導くために必要な、コミュニケーション計画、そして管理法についてお伝えしていこうと思います。

なぜコミュニケーションの欠如がプロジェクト失敗につながるのか

まずはなぜコミュニケーションの欠如がプロジェクト失敗につながるのかということを明らかにしていきたいと思います。

一般的なプロジェクトの失敗としては、どの仕事からやればいいのかわからなかったなどのタスク管理が徹底できていなかったことやその結果として締め切りに間に合わなかったというスケジュール管理のミスなどを上げることができます。しかし、先ほどもリード文で述べたように、蓋を開けてみると主にコミュニケーションの欠如がプロジェクトの失敗の理由としてあげることが多いようです。

理由としては、コミュニケーションの欠如が起こることで、追加してほしい機能がつけられていなかったり、プロジェクトの完成像が各々違ってしまうことが理由として挙げられます。そのためプロジェクトメンバーが別々のベクトルで仕事を進めているためにプロジェクトのズレが大きくなってしまっていると考えます。プロジェクトメンバーの向いている方向を整えるためにもコミュニケーションをとることが必須なことと言うことができます。

プロジェクトのコミュニケーションを計画、管理しよう

プロジェクトを成功させるためには適切なコミュニケーションが必要だということを理解していただけたかと思います。

おそらく上記だけを読んだプロジェクトマネージャーは、コミュニケーションを積極的に行なうためにミーティングの数を増やそうと考える人が多いかと思いますが、ミーティングを増やしたからと言ってコミュニケーション不足が解消されるわけではないということを理解してください。

コミュニケーション不足を解消するためにはまず、プロジェクトに関わるすべての関係者を洗い出し、良好なコミュニケーションとるためにそれぞれにあったツールの使用や会議方法など、コミュニケーションに関わる計画を立てることから始める必要があります。計画を立ててからコミュニケーションを取り、管理をすることでプロジェクトが良い方向に進んでいきます。

プロジェクトに関わるすべての関係者を洗いだす理由としては、プロジェクトにはプロジェクトマネージャーとチームメンバー以外にも、関わる人間は多くいるのではないでしょうか。例えば経営者やクライアント・協力会社など、大きなプロジェクトになればなるほど関わる人間も多くなり、今までに増してコミュニケーション不足が発生しやすくなります。そのためやみくもにコミュニケーションをとろうと思うのではなく、関わる人を一度明確化してから、それに応じたコミュニケーション方法でアプローチしていくことが必要です。

プロジェクトコミュニケーションを円滑にするためのツール

プロジェクトに関わる人たちが明確になったら、それぞれに合ったコミュニケーションツールや方法を決めます。同じ場所で働いているメンバーなら顔を合わせてのミーティングが一番手っ取り早い方法で良いですが、リモートワークなどをしているメンバーや遠距離のユーザーやクライアントだった場合、ミーティングを実施するよりも電話やメールなどの方が有効な場合もあります。

ここでそれぞれのコミュニケーションツールについて、ツールのメリット、デメリットについてみてみましょう。

ミーティング

コミュニケーションやプロジェクトの進捗確認などをする際は、必ずと言ってもいいほど行われるミーティングです。プロジェクトに関わる人が全員社内にいるのならば共有もしやすくおススメです。

~メリット~
・直接顔を合わせて話しができるので、細かい話や、微妙なニュアンスなどが伝わる
・意見出しのブレーンストーミングや、議論、交渉に向いている

~デメリット~
・予定より長く時間がかかることが多い
・遠距離の場合、ミーティング場所まで赴くのが大変

電話、Skypeなどのチャットツール

おそらく時間がない時や遠距離のクライアントと付き合う場合にはチャットツールが必要になります。相手の顔が見えるとよりコミュニケーションをとりやすいので、ビデオを使ってのコミュニケーションをおすすめします。

~メリット~
・直接声を聞けるので、相手の声のトーンでどう感じているのかわかりやすい
・簡単な連絡、相談、交渉などに向いている

~デメリット~
・電話だけだと後から「言った/言わない」などの問題が起こることがある

メール、メーリングリスト

クライアントに対して、要件確認をする際や手軽に送ることができるのが最大に魅力です。

~メリット~
・一度に多くの人と情報共有することができる
・文章が残るので、重要な連絡、相談、交渉に向いている

~デメリット~
・ニュアンスや雰囲気は伝わりにくい
・話題が多い場合は、管理が難しくなったり、放置されたりする場合がある

パワーポイント、エクセルなどのドキュメント

要件確認や数値など言葉だけではなく視覚にも訴えかけることができることが良い点です。プレゼンテーションを加えてあげるとよりコミュニケーション促進になります。

~メリット~
・図や表など視覚的に情報を伝えることができる
・提案などに向いている

~デメリット~
・長期プロジェクトなどだと、いつのドキュメントに何が書いてあるかなど管理が大変

オンライン共有ツール

オンラインで共有をすることで、情報をすぐに確認することができるのでコミュニケーションの促進につながります。

~メリット~
・一度に多数の人と情報を共有することができる
・デザインやドキュメントの確認、ステータス把握に向いている

~デメリット~
・セキュリティ上、利用が制限される場合がある

どのツールも必ず一長一短が存在します。より自身のプロジェクトに合ったツールや方法を利用することが大切です。

計画してもコミュニケーション不足で失敗するのはなぜ?

プロジェクトの関係者とそれぞれに使うツールや頻度など、コミュニケーション計画を立てただけでは、まだ円滑にコミュニケーションが取れているとは言えません。コミュニケーション計画はしっかりしているのに、プロジェクトがコミュニケーション不足で失敗した例はいくつもあります。
計画がしっかりしているのに失敗する原因とはどのようなものでしょうか。

考えられる原因は、単純ですがコミュニケーション管理がそもそもうまくいっていないことです。長期の大規模プロジェクトだと、関係者も多くプロジェクトが進んでいくうちに、コミュニケーションがあまりうまく取れていない関係者が出てきます。また、そのことに気づかなかったり、初期の計画したミーティングがただのルーティーンになっていて時間の無駄遣いになっていたりする可能性があります。

長期プロジェクトの場合、フェーズや進捗によってコミュニケーションのツールなどを変更した方が円滑に回る場合があります。初期計画に執着するのではなく、一定期間ごとにコミュニケーション計画の見直しも必要です。

プロジェクトを成功させるコミュニケーション管理の2つのポイント

では、プロジェクトが成功するためのコミュニケーション管理はどのようにすれば良いのでしょうか。コミュニケーション管理に大事なポイントは2つです。

「ドキュメントに残す」こと

ミーティングなどで「言った、言わない」などと後々もめないよう議事録はきちんと残しておきましょう。議事録を作る時のポイントは、ミーティングから1日以内に簡潔で、わかりやすいものを作ることです。また、フォーマットもあらかじめ決めて統一しておくと、見やすいだけではなく、整理しやすくなります。議事録はメールなどで送っても良いですが、さらに議事録用フォルダしたり、オンラインツールにUPしたりして全員が見ることができるようにしておきましょう。
また、プロジェクトが終了した時には「プロジェクト完了報告」を作成し、次のプロジェクトで活かすようにしてください。

「Q&A管理」や「変更管理」などは、有効なツールが使えるなら利用すること

プロジェクトの失敗談で「ユーザーから仕様変更が多かった」なども多くあります。口頭で仕様変更を言われて、伝えたつもりが全体に伝わっていなかったなど、コミュニケーションが取れていたら解決できる問題もあります。そのため、プロジェクトでコミュニケーションをとる上で「変更管理」は重要になります。

コミュニケーションとプロジェクトを同時に管理のできるツール

ここからはコミュニケーションとプロジェクトを同時に管理のできるツールをご紹介します。
特に今回はプロジェクトのコミュニケーションをとるために、プロジェクトの関係者を見えるようにしたり、ドキュメントに残してその場でのコミュニケーションを促進できるツールが良いので、かなり試してみましたが「TeamHack」をおススメします。

TeamHackの特徴を簡単に説明をすると、プロジェクトごとにタスクとチャットを使うことができる上、タイムトラッキング機能やだれがどのタスクに取り組んでいるのかも明確になるツールになっています。プロジェクトごとにタスクを分けることができるので、仕事でもプライベートでも使えることが個人的に良いと思ったポイントです。

上記はイメージですが、大きなプロジェクトであってもそれぞれのタスクでチャット機能を使うことができ、またレビュー機能がついているので、管理者が確認しない限りタスクが完了できない仕様になっているため、プロジェクトのリーダー、マネジメント層を管理者にしておくことで、プロジェクト関係者全体に共有することもできます。

TeamHackは無料でのお試しも可能で、実際に無料版を試してみましたが、コミュニケーションの管理や促進につながったので、ぜひお試しください。
無料版をお試し、または詳細を詳しく見たい方はこちらからご覧ください。

「プロジェクトを成功に導く! コミュニケーション管理のコツ」まとめ

プロジェクトを成功させるには、スムーズなコミュニケーションが重要です。
そのためには、コミュニケーション管理に多くの労力と時間を費やす必要があります。コミュニケーションは個人のスキルに大きく左右されますが、きちんとしたコミュニケーション計画やツールを使うことで補える部分も多くあります。ぜひ、コミュニケーション管理をきちんと行い、プロジェクトを成功に導いてください。

【PR】 タスクの管理方法にお困りですか?

TeamHackなら、プロジェクトの管理から情報共有まで、これ1つで全てが完結します。ソート機能で誰が何をやっているか明確に。タスクごとにチャットができるから、情報の錯綜もありません。プロジェクト管理者も作業者も、驚くほどタスク管理が楽になります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事