フラットな組織構造でプロジェクトがスムーズに? 代表的な3つの組織構造を比較してみる

あなたの組織ではプロジェクトをスムーズに進めることが出来ていますか? プロジェクトをスムーズに進める上で大切なことは、フラットな組織構造やプロジェクトはまず仕組みづくりから、とも言われます。
では今回は仕組みづくりという観点からビジネスをするための「組織」の成り立ちについて考えて行こうと思います。

そもそも会社という組織の構造を知っていますか?

まずここでは、会社の組織を理解してもらうため、機能別組織事業部制組織マトリックス組織という3つの異なる組織構造について、それぞれの特徴やメリット・デメリットについてわかりやすく説明します。

機能別組織


機能別組織は、営業、製造、人事、経理、総務などの機能別に編成された組織のことを言います。職能別組織とも言われることがあります。機能別組織は、もっとも基本的な組織形態であり、事業や製品の少ない中小企業に多くみられる組織構造です。

機能別組織では、それぞれの部門の役割がはっきりしています。また、機能別に区切られていることで、部門の専門化も進むため、ムダの少ない効率的な組織を作ることができます。なお、機能別組織では、1つの事業の調整が複数の部門をまたがるため、命令系統はトップダウン型になります。

問題点としては、複数の事業を営むことになった場合、意思決定のスピードが遅くなることや部門間での連携が取りにくいことなどが考えられます。機能別組織は、急激な変化のない安定したマーケットにおいて、消費者ニーズをきめ細かく汲みあげるよりも、組織内の効率化や生産性を高めることが、成功につながるような事業体に適しています。

事業部制組織


事業部制組織は、事業の種類、販売地域、製品の種類など、関連する事業単位によって区切られた組織構造です。複数の事業を展開している企業に多くみられます。事業ごとに必要な機能を持ち、それぞれ意思決定権があることから、事業単位の柔軟で迅速な意思決定を行なうことができます。

さらに、事業部ごとの競争が、社員のモチベーション増加にもつながることもメリットです。しかし、1つの機能が複数の部門に分かれて配置されてしまうため、各機能の専門性が高まりにくいという弊害もあります。また、各部門がそれぞれの目標を持つことから、企業の方向性を経営陣がコントロールしにくくなるという問題もあります。

マトリックス組織


マトリックス組織は、機能別組織と事業部制組織のいいとこ取りをしたような組織形態です。マトリックス組織では、1人の社員が、2つの部門に所属します。例えば、上の図を見ればわかるように、人事部と大阪支店という2つの部門に社員が所属するような形です。

機能別の専門性と迅速な意思決定を両立させたマトリックス組織は、市場において競争優位性を築きやすくなる優れた組織形態です。ただ、命令系統が一元化されず、多元的になるため、マネージャー間のすり合わせが必要になり、内部調整をすることにコストがかかるというデメリットもあります。そのため、マトリックス組織をうまく機能させるためには、高度なマネジメントスキルが存在していなくてはなりません。

あのプロジェクトが進まないのは、いびつな組織が原因だった

プロジェクトが進まない組織にありがちな問題として、セクショナリズムがあります。セクショナリズムとは、割拠主義のことです。つまり、自分の部門の都合を優先して、その利益や権限を固守するために、メンバーが行動することを言います。これによって、業務遂行に必要な、情報の共有や他部門との連携が上手くいかず、組織全体として不利益を被ることになります。

セクショナリズムが生まれてしまう背景は、キャリアと関わっています。要するに、出世するためには、部門を横断するジェネラリストではなく、特定の自部門において専門性を磨いたスペシャリストになることが、最短の道であるため、自分の部門のことばかりを考え、優先してしまう社員を生んでしまうのです。社員のひとりひとりがそういったマインドを持ち合わせているのであれば、組織は自ずと硬直的になります。仕事で失敗したら、責任を他部門に押し付け、自分たちの利益を優先し、顧客の都合など度外視。そんな組織では、プロジェクトがうまくいくはずもありません。もし、自分の所属しているプロジェクトが、思う通りに進まないと感じているのであれば、組織がセクショナリズムに陥っていないかを疑ってみる必要があるかもしれません。

また複数のプロジェクトを抱え込むことによって上手く回らない場合もあります。そのようなときは下記の記事を参考にしてください。
複数のプロジェクトを効率的に管理する方法と、マルチタスクへの向き合い方

ピラミッド型からフラット化する組織


ピラミッド型組織とは、階層構造を持つ組織のことです。
社長の下に役員、役員の下に部長、部長の下に課長、課長の下に(平)社員というように、階層を降りていくにつれて、人数が増加していくため、ピラミッド型と形容されます。指揮系統はトップダウン型で、現場は上からの指示通りに忠実に働きます。いわば、軍隊式の組織構造といえるかもしれません。

ピラミッド型組織では、経営陣の意図していることが、順番に階層を降りていき、浸透するため、組織の方向性をコントロールしやすいというメリットがあります。また、現場の役割が細分化されているため、効率性や専門性を高めることができることも特徴です。


一方、ピラミッド型組織の問題としては、権限を持つ関所が複数あるため、意思決定に時間がかかることや、情報の共有がしにくいといった点が上げられます。このような、問題を解決するためにフラット化した組織という概念が現れました。組織のフラット化というのは、わかりやすくいえば、中間管理職を排除して、経営と現場を直接結びつけることをいいます。

それにより、現場からの声を経営陣はダイレクトに聞くことができ、意思決定にかかる速度も飛躍的に上昇します。フラット化された組織は、産業構造の変化や多様化する消費者ニーズに対応するため、情報の流れに注目した組織構造であるといえるでしょう。フラット組織は特に、短期的なプロジェクトに適しているといわれています。

組織がフラット化するための条件

フラット組織のメリットについて、述べましたが、フラット組織は万能ではありません。それが正しく機能するためには、ある条件を満たす必要があります。その条件とは、メンバーが能動的に働くことができているかということです。多様な情報をすくいあげるためには、大量の情報の中で、何が重要なのかを現場のメンバーが正しく判断して、行動する必要があります。

そのためには、前提としてメンバーの自律性が求められます。ピラミッド型組織では、上からの指示をただ実行すればいいだけでしたが、フラット組織では自ら考えて行動しなくてはなりません。そのような組織風土を作るために組織は、適切な人材育成や仕組みとなる制度設計を行なうことが求められます。実際に企業がチームメンバーを能動的に動かす方法についての記事もチームハックでは紹介をしています。下記の記事を参考にしてみてください。
チームメンバー全員が能動的に動くための方法のひとつとして「ホラクラシー組織マネジメント」を検討してみませんか?

「フラット化する組織」についてのまとめ

本稿では、仕組みづくりという観点から、さまざまな組織構造について解説、それぞれのメリット・デメリットについて紹介してきました。その中でも、フラット化する組織について、詳しく述べました。フラット組織は、ピラミッド型組織の問題点を補完する優れた組織構造です。ただ、すでに述べたように、それが正しく機能するためには、条件が必要でした。それは、メンバーの自律性です。もし、本稿を読んでいる方が、自分の組織やプロジェクトが思ったように、進まないと感じているのであれば、客観的な視点から、組織構造を見直してみるのも良いかもしれません。

【PR】 プロジェクトの管理方法にお困りですか?

TeamHackなら、プロジェクトの管理から情報共有まで、これ1つで全てが完結します。ソート機能で誰が何をやっているか明確に。タスクごとにチャットができるから、情報の錯綜もありません。プロジェクト管理者も作業者も、驚くほどタスク管理が楽になります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事