事例紹介
2018.08.02

仕事をサボる社員への効果的な対策7つの事例

「なぜあいつは仕事が遅いのだろか」「やたらと席を外すことが多いな」と日ごろから思っている人は多いでしょう。そのように仕事をサボってしまう社員がいるため、あとになってから自分に仕事が降りかかって来て、いらない残業をしたりと苦労したことがあるという経験をしたことはありませんか?
今回は、仕事をサボる社員がいて困るというマネージャーやリーダー、上司の人たち向けに、なぜさぼってしまうのか、仕事をサボる社員への効果的な対策7つの事例について書いていきたいと思います。

▼目次

  1. なぜ仕事をサボってしまうのか
  2. 仕事をさぼってしまうことが多い人の特徴
  3. 仕事をサボる社員への効果的な対策7つの事例のまとめ

なぜ仕事をサボってしまうのか

まず初めになぜサボってしまうのか、仕事をさぼってしまうことが多い人の特徴について確認していこうと思います。

働きアリの法則

皆さんも一度は耳にしたことがあると思います。働きアリの法則、別の言い方では2-6-2の法則、20対80の法則とも呼ばれることもあります。働きアリの法則の概要としては、

  • 働きアリのうち、よく働く2割のアリが8割の食料を集めてくる。
  • 働きアリのうち、本当に働いているのは全体の8割で、残りの2割のアリはサボっている。
  • よく働いているアリと、普通に働いている(時々サボっている)アリと、ずっとサボっているアリの割合は、2:6:2になる。
  • よく働いているアリ2割を間引くと、残りの8割の中の2割がよく働くアリになり、全体としてはまた2:6:2の分担になる。
  • よく働いているアリだけを集めても、一部がサボりはじめ、やはり2:6:2に分かれる。
  • サボっているアリだけを集めると、一部が働きだし、やはり2:6:2に分かれる。

と言ったように、全てのアリが真面目に働いているわけではありません。

同様に、人間も同じことを言えるようで、「自分がやらなくてもどうせ誰かがやってくれる」「少しくらい仕事をしなくても大丈夫だろう」などと考えてしまう人が出てくるようです。
また、団体やグループになることによって、ますますその傾向が強まり、1人だと仕事をバリバリこなす人が、複数やグループになると仕事をこなさなくなるケースも紹介されています。それが他人に依存して手抜きをする『リンゲルマン効果』と言います。

このようにアリでも人間でも集団になることで仕事をサボってしまう傾向はあるようです。
参照:働きアリの法則

仕事をさぼってしまうことが多い人の特徴

次に仕事をサボってしまう人に見られる特徴について見ていこうと思います。

実は仕事ができる

実は仕事を効率よく終わらすことが出来るため、自分がやるべき仕事を効率よく素早く終わらせ、あとで仕事が増えないようにするために終わっている作業を終わってないように見せかけたり、だらだらと仕事をしてしまうケースです。しっかりと成果を残していれば問題はないこともないですが、せっかく仕事が効率よく出来る能力があるのならば、もっと仕事をして成果を出してもらいたいと上の人はもちろん考えています。

自制心がない

自分自身の欲求を満たしたい、自己中心的な考えの人に多いケースだと言えます。休憩の時間でもないのに、食べ物や旅行のサイトなど、仕事とは関係のないページを閲覧していたり、就業中にも関わらずスマホでゲームをしていたりすることが多いです。このような人は、今は仕事の間の休憩をしていると嘘をつくことが多いそうです。当たり前のことですが、仕事は仕事、プライベートはプライベートと完全に分離させるような考えを徹底させることが大事だと言えます。仕事はバイトのように責任のない仕事ではありません。

仕事が出来ると思い込んでいる

今までにどのようなバックグラウンドがあるのかは分かりませんが、1度仕事が出来た経験からか、ダラダラしていても、自分の能力であれば、後回しにしてもすぐに処理できると思い込んでいるケースです。このような人ほど、大きなミスなどをしやすい傾向にあるので、早め早めに仕事を処理してもらい、後で見直すことが必要とされます。

責任感がない

グループやチームで仕事をする場合に多いことですが、自分がやらなくてもどうせ誰かがやってくれるだろうし、面倒くさいことは後回しにしたいと思っている人が責任感がないケースに当てはまります。与えた仕事は、最後まで自分でやり抜くようにさせるか、仕事に対しての評価・フィードバックをすることで、モチベーション管理をしてあげましょう。また肩書や役職を与えることで、責任感を強くすることで更生する可能性があります。

仕事が嫌い

仕事が嫌いなのでそもそもモチベーションが上がらないというケースです。このような人は、クビにはならないよう、最低限お金がもらえる程度に仕事をすればいいと思っていることが多いので、仕事を少しでも好き、面白いと思わせるような心がけやタスク管理と進捗管理をしっかりとしましょう。

サボらせないための7つの方法

前章では、なぜさぼってしまうのか、またサボってしまう人の特徴について確認することが出来たので、前章の内容も考慮しながら、仕事をサボる社員への効果的な対策7つの事例について確認をしていきたいと思います。

注意をする

まずはシンプルな方法ですが、サボっている人に対して注意を促してみましょう。注意をされることで、本人に自覚を持たせることが出来ます。真面目に働いている人にとって、サボっている人がいるのは嫌ですし、社内の雰囲気を乱す原因にもなります。ただし、もちろん仕事に対してのパフォーマンス、スピードは人によって違うので、注意する際には仕事をしていないだろうという証拠を確実に集めてからにしましょう。

上司に報告する

注意をしても状況が変わらないのであれば、自分より上の人に報告をしましょう。自分よりも上の人間に注意を受ければ、さすがに今の状況のままではまずいなということに気づくはずです。それでも改善されないのであれば、上司と相談してしかるべき対処を相談しましょう。

コミュニケーションをとる

コミュニケーションを頻繁にとるようにすることで、モチベーション管理やどこまで仕事が進んでいるのかなどの進捗の確認をすることが出来ます。ただ、何度も何度も話しかけられて、進捗を確認されるのはイライラする上、余計にサボりを促進するだけなので、タイミングや回数などは考えてからにしましょう。

タスク管理をする

仕事の量やかかる時間が管理者側から見えないために、サボる行為が起きてしまいます。なので、タスク管理と時間管理をできるようなツールを使えば、自然と解消するのではないかと考えました。
実際に自社では、タスク管理に「Teamhack」というツールを使ってタスク管理をしています。

TeamHackのメリットは、タスクやドキュメントごとにチャット機能がついており、プロジェクト内に入っているメンバーであればだれでも簡単にコメントすることが可能です。またメンバー1人ひとりやチームでの進捗度をタイムトラッキングで時間を管理したり、グラフで簡単に見ることができるので、プロジェクト管理としても使うことが可能な点がメリットだと言えます。このツールであれば、誰が今どのような作業をしているのか、あとどれくらいタスクが残っているのかを瞬時に確認できるので、一括で全てが管理できる万能なツールだと言えます。

仕事内容を変える

サボる原因としては、その仕事に向いていないか、またはその仕事が嫌いな可能性があります。もともと事務作業をしている人が企画などの仕事を任せられると、サボるどころか今までにないすばらしい成果を残すといった事例も何件かあります。会社の損失にはならない程度にその人に合わせて適材適所、仕事の振り分け方を考えてみてはいかがでしょうか。

助けを求められても拒否させる

先ほども述べましたが、サボってしまう人は誰かがやってくれるだろうという甘い思いがあります。そのため、助けを求められても、誰もが拒否をすることで自分でやらざるを得ないような環境を作ります。そうすることで仕事はやらなくてはいけないものということを再認識させることが出来るのではないかと思います。

自分の仕事に集中する

わざわざサボる社員のために、仕事を変えることや注意をすることは面倒なので、サボる社員のことは無視をして、自分の仕事に集中しましょう。自分は仕事をしているのに、あいつは仕事していないと考える時間の方がもったいないです。自分は自分、相手は相手と割り切って仕事に取り組みましょう。

仕事をサボる社員への効果的な対策7つの事例のまとめ

いかがでしたでしょうか。今回の記事は、あくまでサボってしまう人への予防対策になります。まずは、サボらせないような環境づくりが必要だと言えます。自分のおすすめは、タスク管理をして管理する方法です。実際に自分も上司に見えるようにタスク管理や進捗具合、時間などが見えやすいように管理をしています。自分はここまで仕事をしたという証明とここまで進んだというモチベーション管理にもなるのでおススメです。
ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

【PR】タスク管理にお困りですか?

TeamHackなら、プロジェクトの管理から情報共有まで、これ1つで全てが完結します。ソート機能を使えば、誰が何をやっているかが明確にわかります。タスクごとにチャットができるから、情報の錯綜もありません。プロジェクト管理者も作業者も、驚くほどタスク管理が楽になります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事