ガントチャートって何? ガントチャートを使う3つのメリットとおすすめツール

プロジェクト管理といえば、ガントチャートを思い浮かべる方も多いでしょう。

しかし、ガントチャートを利用したことがない方の中には「ガントチャートってそもそも何?」「具体的にどんなことができるの?」と思う方もいるのではないでしょうか。

  • ガントチャートって具体的にどんなことができるの?おすすめツールは?
  • プロジェクト管理をするためにガントチャートを導入したい
  • チームの進捗をすぐに確認できるガントチャートツールを探している

本記事では、上記のような疑問や意図をお持ちのかたに向けて、プロジェクト管理に役立つガントチャートのメリットから、おすすめガントチャートツール・テンプレートまで丁寧に解説します。

ガントチャートとは?


ガントチャート(英語:Gantt chart)とは、プロジェクト管理や生産管理などの現場で、やるべき作業やタスクの進捗を視覚的に管理するために用いられる表の1つです。チャート上に表示した横棒によって、作業の進捗を表現しています。

なぜ、プロジェクト管理でガントチャートが使われるのか

結論から言えば、プロジェクト全体の進捗状況を把握するためです。数人のプロジェクトであれば「誰が、いつ、何をやっているか」を把握することは難しくありません。

しかし、規模が大きくなればなるほど、プロジェクトの全体像及び進捗を管理することが難しくなります。

ここで役立つのがガントチャートです。プロジェクトの全体像をガントチャートで可視化することで、進捗状況やスケジュール感の把握、担当者や作業工程の確認等を、より効率的に行えるのです。

>> タスクの進捗を一括で管理できるタスク管理ツールとは?

ガントチャートを利用する3つのメリット

プロジェクト管理にガントチャートを利用するメリットをご紹介します。

メリット1.プロジェクトの全体像を可視化できる

繰り返しにはなりますが、ガントチャートはプロジェクトの全体像を可視化できる点で非常に優秀です。プロジェクトの計画段階・スタート時だけでなく、日々の進捗管理においても欠かせません。プロジェクト全体を見える化することで、当初の計画と実際の進捗具合との差異が把握しやすく便利です。

メリット2.プロジェクトの計画段階で妥当性をチェックできる

ガントチャートでスケジュールや担当者、作業工数、作業順番を割当ててみることで、担当者別の工数が現実的か、作業工程の順序が最適化されているか、マイルストーンに間に合うかなどを検証できます。計画の妥当性チェックに最適です。

メリット3.プロジェクト開始時点でメンバーと作業工程やスケジュールを共有できる

ガントチャートは作業工程ごとのスケジュールや工数、担当者を可視化できます。そのため、ガントチャートの作成が完了した時点で、これらの情報をメンバーに簡単に周知することができる点がメリットです。

>>プロジェクト全体の進捗状況を一括で管理できるタスク管理ツールとは?

ガントチャートツール・テンプレートおすすめ12選

最近では、ガントチャートが作成・利用できるプロジェクト管理ツールが増えています。今回は、そのなかでも比較的簡単に使用できて、人気のあるツールを順番にご紹介します。また、ガントチャートのテンプレートも掲載しています。

smartsheet(スマートシート)


smartsheetは、Excelを使ったガントチャートの問題点(例えばWebページでインタラクティブに共同作業できない)を解決すべく開発されたオンラインガントチャートソフト。Excelでは30分かかる作成時間を3分に短縮できるほど、シンプルで直感的に使いやすいツールになっています。

smartsheet

シンプルガントチャート(テンプレート)

ガントチャートをエクセルに導入できるテンプレートです。プロジェクトをタスクを段階(フェーズ)ごとに分類し、担当者、タスクの開始日と終了日、プロジェクトの達成率を記録可能です。

シンプルガントチャート

みんなでガント.com


みんなでガント.comでは、複数人と共有利用が可能なガントチャートを基本機能無料で利用できます。会員登録は不要で、作成したガントチャートは、パソコンはもちろん、iPhoneやAndroidなどのスマートフォン上で管理することができ、インターネット環境があればどこででも閲覧・編集可能です。

みんなでガント.com

がんすけ

がんすけは、カレンダー上にマウスでチャートを配置して、スケジュール表を作成するフリーソフトです。配置したチャートはマウスで移動させたり長さを変えたりすることができるので、予定の変更が簡単にできます。カレンダー表示単位はワンタッチで1日~2年間の範囲で切り替え可能なので短期、長期の複数の視点で計画が立てられます。データはXMLで保存されるので、XMLを扱える他のアプリケーションでのデータの再利用が可能です。

がんすけ

Jooto(ジョートー)

初心者でも使えるシンプルさにこだわった、クラウド型の進捗管理ツールです。ホワイトボードにタスクを記入した付箋やメモを貼っていくイメージで使えるので、はじめて使う人でも安心。ドラッグ&ドロップで簡単に操作できます。ガントチャート機能に関しては、月額1,780円からの有料版でのみ利用できる機能です。iPhone、Androidをはじめ、メジャーな端末全てをサポートしています。

Jooto

Redmine(レッドマイン)

Redmineは、定番のプロジェクト管理ツール(オープンソースソフトウェア)です。日々の作業の管理や社内メンバー同士の情報共有に使えるため、チームでシステム開発を行う際などに役立ちます。また、プロジェクト管理においては、「誰が」「いつまでに」「何をするのか」といった進捗を管理することが求められますが、Redmindに搭載されているガントチャートを使えばプロジェクトの状況が一目でわかるようになります。

Redmine

Instagantt(インスタガント)

Instaganttは、オンラインで利用できるプロジェクト管理用ガントチャートツールです。シンプルですが印象的なUIで、パッと見てわかるガントチャートを数分で作成できます。また、ガントチャート上での主な操作はドラッグ&ドロップ。ガントチャートに不慣れな方でも直感的に操作できる点が魅力的。タスクごとの優先順位もわかりやすく、プロジェクトをスムーズに進めるための機能が整っています。

Instagantt

Gantter プロジェクト管理

Gantterは、40万人以上のユーザーを抱えるプロジェクト管理ツールです。Googleが提供している「crome Webストア」から、すぐに導入できます。プロジェクト管理ツールですが、主要な機能はガントチャートで、タスク管理の進捗管理やスケジュール管理にも応用可能。GoogleDriveとの連携もできるので、チームで共有したい人にはピッタリです。

Gantter

Brabio!(ブラビオ)

ガントチャート作るならエクセルの10倍速い初心者専用のクラウドツール「Brabio!」。導入実績は、20万社を突破しているガントチャートツールです。マウスをスッと動かすだけの簡単操作でガントチャートが作成できるので、ツールに不慣れな人でも大丈夫。Brabio!では、1グループに複数のプロジェクトを紐づけて管理する形式となっていますが、グループおよびプロジェクトは複数作成可能です。また、プロジェクトごとのユーザー権限の変更も可能なのでセキュリティ面でも安心。社内秘や社外秘の情報もしっかり管理できます。

Brabio!

CrowdLog(クラウドログ)

CrowdLogは、クラウド型工数管理・プロジェクト管理ツールです。Web画面を使って、ドラッグ&ドロップの簡単操作でガントチャートの作成ができます。やるべき作業をタスクとして登録することはもちろん、タスクごとの関係の整理、マイルストーンの設定など、ガントチャートに必要な機能を備えています。また、ガントチャートを使って工数管理を行うことも可能。進捗率だけでなく、工数という視点を加えることで、より正確にタスクの管理ができる点が特徴です。

CrowdLog

Zoho Projects

Zoho Projectsは、100万社以上の企業から選ばれたオンラインプロジェクト管理ソフトウェアです。Zoho Projectsのガントチャートでは、プロジェクトの全体像を把握できます。まずは、プロジェクトの計画を立てて、タスクのスケジュールをトラッキングすることからはじめてみましょう。主要タスクとサブタスクの依存関係がわかりやすいので、当初の計画と実際の状況との「差異」をすぐに確認できる点も特徴です。

Zoho Projects

Elegantt(The leading Gantt Chart for Trello)

Eleganttは、タスク管理ツールで有名なTrelloでガントチャートが利用できる便利なプラグインです。Trelloそのものがチームでタスク管理を行う際に適していますが、Eleganttもチームでプロジェクトを進める際に最適です。Eleganttを導入することで、Trelloのボード上にあるタスクがガントチャートで表示されます。タスクをリストで個別管理するだけでなく、時間軸(スケジュール感覚)で管理できるため、進捗状況を直感的に把握したいときに便利。Trelloユーザーの方はぜひ試してみてください。

Elegantt

ガントチャートを使ってプロジェクト管理を円滑にしよう

プロジェクト管理にガントチャートを利用することで、プロジェクトの全体像を可視化し、作業の進捗状況を把握しやすくなります。プロジェクト管理を行う場合には必須のツールになりますので、ぜひご自身にあったガントチャートツールを探してみてください。

最新情報をチェックしよう!
>TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackは、タスク管理とチャットが同時にできる「業務コミュニケーションのしやすさ」に特化したオンラインワークスペースです。コミュニケーションツールとタスク管理ツールを行ったり来たりして、二重に管理の手間がかかる問題をスッキリ解決します。

CTR IMG