「これ面白そう!」と感じたら挑戦してみよう-複業・川上ゆりかさん

リレーインタビュー連載『私の仕事が変わった瞬間』。本連載では自分らしい働き方の実践者たちへのインタビューを通して、今後の日本の働き方がどう変わっていくのかを探っていきます。「現状を変えたい」と日々もがいている若きビジネスパーソンの皆さんにとって、今後の生き方を考えるヒントになれば幸いです。

今回取材をさせていただいたのは、本業の傍ら、複業(※)としてセミナーやイベント運営などで活躍されている川上ゆりかさんです。複業を始めるまでの経緯やその魅力、また川上さんが働く上で大切にしている価値観や考えをお聞きしてきました。

※複業とは、 本業以外の仕事で収入を得る副業とは異なり、本業として別の業種の仕事を2つ以上兼務している状態を指します。

川上ゆりかさん

1980年生まれ。

約12年間ほど出版系の会社に勤務。制作会社を経て、2018年からは株式会社エリクシアに勤務し、医療+心理+経営を組み合わせた新しいサービスの業務設計やプロジェクトマネジメントに従事。
2017年7月から日本最大級の人事コミュニティ「一般社団法人グローバル人事塾」で理事会メンバーとして、人事勉強会の企画・運営に、2017年8月からデジタルクリエイター協会に運営メンバーとして勉強会の企画・運営に、2018年10月から最新アニメの“ゼロ話切り”撲滅企画「僕たちは新作アニメのプロモーション映像を3時間かけて一気観したらどのくらいつづきをみたくなるのだろうか?」(通称「つづきみ」)に運営メンバーとして携わる。
ジャンルにこだわらず「面白そう!」と感じたものは個人主催で年間約5回ほどイベントを開催する。

自分にできることは何か、というシンプルな問いから複業に踏み出した

元リクルートの社員として本業一本の生活をしていた川上さん。リクルート時代も、仕事は楽しく、とても充実していたといいます。その後「もっと新しいことに挑戦したい!」という思いを持ち、リクルートを退職して上京を決断。何のツテもない、全くのゼロからの東京生活をスタートさせました。現在では、セミナーやイベントの運営を中心に、様々な活動をされている川上さんですが、そもそも複業をはじめるに至ったきっかけは何だったのでしょうか。

私は、制作会社へ新規事業の⽴上げに携わる予定で転職したのですが、 その事業がたった1年足らずで頓挫してしまいました。この事業でショールームとして使う予定で作られた、 設備もバッチリ揃った着席40⼈程度のキャパを持つ場所も、 使⽤されることが無くなってしまったんです。

会社としても「今の状態をなんとかしたい」という状況でしたし、 ⾃分⾃⾝もやるはずだった仕事が無くなってしまったので、次に何かやれることは無いかと探していました。そうなれば、せっかく設備があるのだし、 そのショールームを使⽤して「誰かを招いて出会う場・学べる場」を作ろう︕ という思いから始まったプロジェクトなんです。

その後は、利⽤を希望される⽅のお話をお聞きし、⾯⽩そうだなと思った⽅にお貸しして講演や勉強会を開く、といった活動を⾏っていました。 最初は会社の仕事の一部として活動していたプロジェクトでしたが、これがのちに私が複業を始めるきっかけになりました。

新入社員「オレ、定時で帰ります。」上司より先に退社キメてみたら…

この記事を読む

イチオシ記事

最新情報をチェックしよう!
>TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackは、タスク管理とチャットが同時にできる「業務コミュニケーションのしやすさ」に特化したオンラインワークスペースです。コミュニケーションツールとタスク管理ツールを行ったり来たりして、二重に管理の手間がかかる問題をスッキリ解決します。

CTR IMG