百戦錬磨なPMが提案する心身をリフレッシュするために効果的な休日の過ごし方8選

読者の方は休日をどのように過ごしていますか? 休日をどのように過ごすのかは人によってさまざまだと思います。私は平日の仕事で緊張していた心身状態をほぐし、エネルギーチャージをするのが休日だと考えています。よいエネルギーチャージができれば、休日明けの仕事に対してもエンジン全開で当たることができるのです。

今回は、私がおすすめする休日の過ごし方を8つほどご紹介します。

Advertisement

理想的な休日の過ごし方とは?

いまでこそ充実した休日を取れるようになった私ですが、以前は休日の使い方が決して上手ではありませんでした。不摂生に過ごした結果、結局は心身を疲弊させただけで休日が終わってしまうこともあったものです。

しかしながら、休日を上手に取りながら、なおかつ仕事に対しても質の高いアウトプットをしている上司から、「しっかり休むことも重要な仕事である」と教えられました。

それから自分の休日の過ごし方を徐々に変えていったのです。
心身をリフレッシュさせて、エネルギーチャージすることを休日の目的と定めてからは、自分に合う休日の過ごし方を考えられるようになりました。

その結果、日々の仕事に対しても体調不良や、エネルギー切れを起こすことなく、全力で当たることができたと感じています。

1. 休日には運動を取り入れると理想的

運動は日頃の運動不足を補うと同時に、心身のリフレッシュを促してくれます。全身運動でも構いませんし、ヨガのようにゆっくりとした運動でもいいでしょう。とにかく身体を動かすことをおすすめします。

(1)トレーニングジム

最近はトレーニング人口がかなり増えています。
駅周辺にもたくさんのトレーニングジム施設がオープンするようになりました。

ジムでマシンを使うことで、目的に合わせたトレーニングをできます。
また、トレーナーが付いてる場合には鍛え方を知ることができるので、いい勉強にもなります。

(2)ランニング

ランニングはもっとも手軽にできるスポーツです。晴れた日に自宅の周りをランニングするのもいいですし、景色がきれいな名所をランニングするのもおすすめです。

ただし、長距離を走る場合には怪我をしないよう、走り方や靴選びをプロの方にアドバイスしてもらうことをおすすめします。

(3)ヨガ

ホットヨガなど、最近はさまざまなヨガを体験できる施設が増えました。

デスクワークが多い人は肩こりになりがちですが、ヨガによってほぐせるでしょう。

メンタル的にもリフレッシュ効果が高く、激しい運動が苦手な方にもおすすめです。

(4)フットサル

最近は見知らぬ人同士でも、チームを組んでフットサルの試合ができるようになりました。

参加費は2時間で1000〜2000円くらいが相場で、決して高くはありません。
施設にもよりますが、初心者から上級者までレベルを選択することができるので、自分のレベルに合ったプレーを楽しめます。

チームプレーの楽しみも味わえるので、おすすめです。

ちなみに私はフットサルが大好きで、ほぼ週に1回フットサルに通いつづけて、かれこれ10年近くになります。

週末にフットサルすることで心身のリフレッシュができていると感じています。

2. 読書にもリフレッシュ効果あり

読書に集中することで、日々の仕事と休日の切り替えができる人は多いのではないでしょうか?

私は読書が趣味なので、多くの本を週末に読んだり、読んだ本について自分の考えをまとめたりする時間を有意義に感じています。

その理由のひとつは、良い本との出会いは自分の活力になると信じているからです。
新たな視点や知的好奇心が満たされるのは良いリフレッシュになると思います。

3. DIYや料理、絵画などクリエイティブな趣味をする

DIYや料理、絵を描くといったクリエイティブな活動は、非日常感があり、リフレッシュになりえます。

私は、週末にレシピサイトから美味しそうな料理を探して調理しています。これはとても楽しい私の趣味です。

料理を趣味とすると料理に詳しくなるのはもちろん、食を趣味としている人とのコミュニケーションを円滑にしてくれます。料理や食べ歩きなど食を趣味にしている人は多いのでおすすめです。

クリエイティブな活動は主体的に行なう活動であり、TVやインターネットを見るといった受動的な活動よりリフレッシュ効果が高いのです。

4. 空間を変える(旅をする)

ちょっとした旅行が趣味の人は日常の空間から離れることで心身をリフレッシュさせています。

きれいな景色を観るだけでも楽しいですし、現地にしかない珍しい料理を食べたり、アクティビティを体感したりするのも楽しいですよね。

非日常の空間に行くことで、仕事との切り替えもしやすくなるのでおすすめです。

最近アウトドアが盛んなのも、非日常空間を味わうことができるからだと私は思います。

5. 休日こそ自分に投資すべき

自分を成長させるために、資格取得の勉強やセミナー・講演会等に参加されている人も多いと思います。

自己成長することは将来への投資として、とても重要だと感じます。
その投資が自分の夢につながる場合は、振り返ってみたときにきっと有意義に感じるでしょう。

ただし、無理な勉強や活動は、仕事のエネルギーを奪う可能性があるので、適度に休むようにしましょう。

6. 気心の知れた友人と会う

何気ない話から、相談まででできる友人はとてもありがたいものです。何か困ったときに、自分のことをよく知っているからのアドバイスはとても貴重だと思います。

また、ポジティブに何かに取り組んでいる人の話を聞くと、こちら側も活力をもらうことができます。

気心知れた友人とカフェや飲み屋でゆっくり話してみてはいかがでしょうか?

7. ボディメンテナンスで健康維持を

サウナや整体、マッサージ、ネイルサロンなど、自分のボディメンテナンスを休日におこなう人も少なくありません。

最近は安価でマッサージを受けられるようになりました。

また、睡眠もとても重要なボディメンテナンスです。睡眠が不足している人は、休日は昼寝をするなどして睡眠をたくさんとってください。

睡眠不足は体調不良を引き起こすだけではなく、メンタルの安定にも大きな影響を与えます。

8. メンタルメンテナンスも大切

仕事への活力を取り戻すために、心身の疲れを取る必要があります。

身体の疲れは、睡眠不足であればあくびをよくするなど症状が目に見えて把握しやすいものですが、メンタルは自覚症状が出にくいので困りものです。

なんとなく憂鬱や不安を感じた場合には、紙にそのことを書いてみるといいでしょう。

紙に書いて可視化することで、頭の中のモヤモヤが取れます。
なお、参考図書もありますので、ぜひ読んでみてください。<参考図書>
ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング(著:赤羽雄二)

まとめ

自分に合いそうな休日の過ごし方は、見つかりましたでしょうか? リフレッシュできる休日の過ごし方は人それぞれなので、正解はありません。

自分にとっての「いい休日」を過ごすにためには、まずはいろいろな休日の過ごし方を体感してみましょう。

それから自分なりにカスタマイズした休日の過ごし方をしてもらえると、とってもうれしいです。

最新情報をチェックしよう!
Advertisement
>TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackは、タスク管理とチャットが同時にできる「業務コミュニケーションのしやすさ」に特化したオンラインワークスペースです。コミュニケーションツールとタスク管理ツールを行ったり来たりして、二重に管理の手間がかかる問題をスッキリ解決します。

CTR IMG