ストレスフリーの人間関係の持ち方にはコツがあった

昨今、職場での人間関係にストレスを感じて、退職する人が増えています。そのため、ストレスフリーの人間関係を築くためのノウハウを共有することは急務です。精神論ではなく、具体的なスキルとしてストレスの無い人間関係を築く方法をご紹介します。

ストレスのほとんどは人間関係から生まれる

悩みのほとんどは人間関係が原因であるという研究結果があります。それはストレスでも同じことが言えるでしょう。あなたがどんな職場にいたとしても、必ず周りに苦手な人が一人や二人はいると思います。そのような苦手意識を持って相手と接していると、人間関係は悪化していき、抱えるストレスはどんどん大きくなってしまいます。

職場の人間関係が上手くいかず、ストレスを感じてしまうと、仕事への満足度が低くなり、イキイキと働くことができなくなります。つまり、仕事の業績にマイナスな影響を与えてしまいます。そして、マイナスな業績は、低評価につながり、さらにストレスを抱えてしまうループに陥ります。このように、職場での人間関係のストレスは、大きな弊害があるため、それらを解消していく試みが必要になります。

ストレスを抱えやすい人の特徴5つ

ここでは、ストレスを抱えやすい人の特徴を5つ説明します。

① 完璧主義

完璧主義な人は、何でも完璧にこなそうとするあまり、些細なミスが気になり、自分を追い詰めてしまう傾向があります。そして、ミスをしないことを意識すればするほど、集中力を欠き、失敗しやすくなります。また、完璧主義な人の特徴として、人にお願いをすることができません。それにより、何でも自分で抱えてしまい、ストレスを溜め込んでしまいます。

② 神経が細やか

神経が細やかな人も、ストレスを溜めやすいです。他人にどう思われているかを過度に気にしてしまい、周囲から見えないプレッシャーをストレスとして感じてしまいます。また、気配り上手な人が多いため、自分とは違う無神経な人の態度を見ていると、苛立ちを感じます。

③ 感受性豊か

感受性豊かな人は、他人の苦しみを自分のもののように捉えてしまったり、相手の言う些細な言葉が頭の中から消えず、一日中その言葉で悩んだりしてしまいます。例え、自分が怒りを感じるようなことがあったとしても、相手が傷つくことを恐れ、言いたいことを我慢することで、ストレスを感じてしまいます。

④ NOが言えない

相手に対してNOが言えない人は、ストレスを抱えてしまいやすいです。例えば、体調が悪いのに、飲みに行こうといわれれば、OKしてしまったり、残業を頼まれてもNOと言えず、負荷をかけてしまうなど、常に自分の意見を押し殺しているため、それがストレスとなります。

⑤ 地位や肩書きに依存している

このタイプの人もストレスを溜めやすいです。会社で、役職につけば、その地位を保持するため、自分を押し殺して必死で仕事をしてしまったり、仕事以外に趣味がなく、気分転換が上手くできないことなどが原因です。

ストレスを抱えやすい人の特徴について5つ紹介しました。「自分に当てはまる……」という方はいるでしょうか? そのような方はストレスを溜め込みやすいので、十分に気をつけましょう。

結局は自分を変えるしかない!

人間関係でストレスを感じてしまう時、その理由を全て相手の責任にしていませんか? 例えば、「〇〇さんはいつも些細なことで叱責する」「〇〇さんに話しかけると気まずくなる」「〇〇さんは自分の意見を聞いてくれない」などです。もちろん、相手に問題があることは往々にしてあります。

パワハラやモラハラなどの場合では、あなたに問題がなかったとしても一方的に攻撃されてしまいます。そのような相手に苦手意識を持ってしまうことは、人間として何も間違っていません。しかし、人間関係の問題の責任の所在を明らかにしたところで、現状が変わることはあり得ません。なぜなら、相手の態度を変えさせることは、ほとんど不可能だからです。

人間の人格というのは、そう簡単に変化するものではありません。もし、変わっていくとしても、それは数年単位の時間を必要とします。つまり、責任を相手に求め、批判して、態度を改めるように願うだけでは、問題は何も解決しないのです。人間関係を改善して、ストレスから解放されるためには、結局、自分を変えるしかありません。これを理不尽に感じる方もいると思います。自分は何も悪くないのに、なぜ自分が態度を改めなければならないのか? そう考えることは自然なことです。

ただ、前述したように、相手に変わってほしいと思っているだけでは、決して人間関係の問題は消えてなくなりません。要するに、自分を変えなければならないことに納得していなくても、それが現状を打破する唯一の手段だと割り切って考えましょう。そうすることが、人間関係によるストレスを解消する最短経路なのです。それでは具体的にどうすればよいのでしょうか? 次の章では、そのことについて詳しく述べます。

パターン別ストレス対処法

ストレスを感じてしまう場面は、環境によりさまざまだと思いますが、いくつかのパターンに大別することができます。この章では、3つのパターンに分け、それぞれのストレス対処法について解説します。

① 職場で孤立してしまう

職場で孤立してしまうと、ちょっとした仕事のやり取りをするだけでも心の壁を感じてしまい、その度にストレスがかかります。また、オフィスにいるだけでも他人の家にいるような居心地の悪さを感じてしまいます。それでは、なぜ職場で孤立してしまうのでしょうか?

その原因は、コミュニケーションの量と頻度が足りないからです。人間関係を構成する上で、コミュニケーションの量と頻度は、とても大切な要素です。これらが不足していると、仲に入りにくく、さらに時間が経過することによって、ますますそのハードルが高くなってしまいます。それに対処するためには、コミュニケーションの量と頻度を増やしていく必要があります。具体的には、自分から話しかける、仕事と関係のない雑談をする、飲み会に参加するなどの方法が考えられます。

② 職場でいじめられる

業務のミスについて指摘され注意されることは、人間関係において通常の出来事ですが、大勢の前で叱責をされたり、人格批判をされたりすることは、度を超えていて、いじめであるといっても過言ではないでしょう。問題は間違いなく相手にあるのですが、世の中にはいじめられやすい性格というものが存在します。

例えば、「大人しい」「自己主張が苦手」「落ち込みやすい」「依存心が強い」などです。社内いじめをなくすために、性格を変えることは非常に難しいですが、それを悟られないように、態度を変えることはできます。具体的には、積極的に仕事の提案をしたり、ミスをしてもくよくよしない、などの行動を続けていけば、やがていじめは無くなるでしょう。

③ 上司や先輩に問題がある

このパターンは、上司や先輩という業務上必ずコミュニケーションをしなくてはいけない相手に問題がある場合です。例えば、気分によって態度が全く異なる上司などです。同じ立場であれば、指摘することもできますが、目上の人に対してそれは難しいでしょう。この時の対処方法としては、できるだけ接触頻度を少なくすることです。面倒だと思っても無視をしてしまうと状況は悪化してしまうので、自分が辛くならない最低限の接点を持ち、一定の距離を置くように心がけましょう。そして、接点が減れば、自然と嫌悪感も無くなっていきます。そうすれば、ストレスも軽減されていくでしょう。

以上、3つのパターン別ストレス対処法について説明してきました。あなたが抱えている問題と共通する点はありましたか? 前の章でも述べた通り、人間関係のストレスは、自分を変えることによってのみでしか解消することはできません。ある意味、人間関係の改善もスキルの一つであると割り切って対応することが望ましいでしょう。

次のおすすめ記事
・現場と上層部の板挟みに悩むマネージャーのストレスを軽減させる8つのアイデア

「ストレスフリーの人間関係の持ち方にはコツがあった」についてのまとめ

本稿では、ストレスフリーの人間関係をテーマにいくつかの論点を提示しました。結局、そのような関係を築くためには、自己変革が必要です。最後に述べた、パターン別対処法も参考にしながら、行動に移していきましょう。

 

効果的なマネジメントの処方箋

組織の潜在能力を引き出してビジネスを成功に導くためには、タスクや時間、そして人に対して、適切なマネジメント(管理)を実践することが必要不可欠です。
しっかりとした方法論に則って、効果的なマネジメントを実現させましょう。

詳細を確認する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事