ミニマリスト台頭の時代、あなたの仕事は本当に必要?現代の思想を表す質問『今、あなたが本当にほしいものは何?』

「ミニマリスト」という言葉が流行っていますね。最近では、持ち物を減らし、より身軽になりたいと思う若者が増えているように思います。

  • 家族の形によって住みたい家のサイズは変わるのに、35年のローンで家を買うなんて馬鹿らしい
  • 都市での車は浪費
  • 結婚や子供はリスク

なんてネットでの書き込みを見かけることも多くなってきました。物質的になった今、金銭的余裕も、時間的余裕もある私たちは、今一体何を欲しているのでしょうか?

ミニマリストとは?

そもそも、「ミニマリスト」何でしょうか?「ミニマリスト」とは、持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人のことです。

自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方で、大量生産・大量消費の現代社会において、新しく生まれたライフスタイルで、「最小限の」という意味のミニマル(minimal)から派生した造語です。

出典:コトバンク

日本だと、ミニマリストしぶさんの「手ぶらで生きる」や「断捨離」がベストセラーにもなりましたよね。

物の値段が下がっている。「物」は本当にまだ足りないのか?

日本国内でいえば、この20年で物の値段は下がっているように感じます。日本はここ20~30年で慢性的なデフレ状態が続いていますが、世界経済は成長を続けているので、物価に変化がない=物価が下がっているということです。所得の低迷や蔓延する国内の経済成長に対する不安は、人々の「購買意識」を低下させています。

事実、日本国内の百貨店や薬局、ファッションアパレル店舗などで商品をたくさん買っている人のほとんどが、日本人ではなく、中国を筆頭としたアジア諸国の旅行客であることが多いですよね。インバウンド需要はメーカーにとっては嬉しい誤算でした。

しかし日本人が物を買わないので、日本の企業はさらに安いものを作り、国内のお客さんに販売しようとします。ほんの数10年前までは、安価で流行を取り入れた「GU」などのブランドは存在しなかったですよね。企業が次々と打ち出す安い新商品に、はじめこそ物珍しさを感じて購入する。それから飽きて買わなくなり、また新しい商品が出てくる。ということをメーカーは繰り返しています。

先進国の消費のために劣悪条件で働かされる途上国の労働者の現実

行きすぎた先進国の消費のために、劣悪な条件で働かされている人々がいることをご存知でしょうか?私たち日本が属するアジアの中ですと、最低賃金の1番低いのは、バングラデシュ。月給にしてわずか56,000円ほどです。

私たちがアジア諸国に旅行に行くとき、「思っていたよりも物価は安くないな」と感じることがあるはずです。彼らの生活は、私たちが想像するよりもずっと厳しいのです。

不衛生な環境に人々を置き、労働に対する適切な報酬を貰えず、貧しい人々をブラックな労働環境の中で大量に出来上がる「モノ」って一体誰のために作る必要があるのでしょうか?

不況の企業の裏で成功する企業たち

「日本人はモノを買わない…」と企業が嘆く反面、急成長を遂げている企業もたくさんあります。ここで幾つか例を挙げてみます。

メルカリ

大量生産と消費、繰り返されるセールの真っ只中にいる私たちは、モノで溢れています。

スマホだけで簡単に写真を撮り、すばやく取引が行われる「高速回転」性と、「メルカリ経済圏」の中で売買が回り続けることがメルカリの強みです。

(販売で得た金額は、メルカリポイントとしてプラットフォームに保管される。このポイントを利用して、自分の必要な商品を再度購入することも可能)

クックパッド

‘”クックパッドは、プレミアム会員数は190万人を超え、月間では6,000万人以上が利用をしています。クックパッドが出る前は、レシピを知るには雑誌を買ったり、ネットで検索をするしか方法がありませんでした。そこでクックパッドは、レシピを提供する側とレシピを知りたい側をつなげる場のプラットフォームを作りだしたのです。

これにより、多くのユーザーを獲得することに成功し、有料(280円)プランの登録や広告収入などで収益を得ることができ、ビジネスとして成功することができました。(起業ログ引用)’”

今、人が本当にほしいものとは何か?

社会が発展して豊かになった今、「人々が物を買わなくなった」のですが、成功している企業があることも事実です。

現代で成功している企業の特徴をみると、人々の時代に合わせたニーズを押さえていることがわかります。現代であれば、

  • 手間が掛からない
  • 必要以上にものを増やさない
  • 生活が精神的に豊かになる

などでしょうか。スマホだけあれば、簡単にいらないものが処分できる。料理本を買わなくても、無料で簡単に料理が作れる。物質的にすでに満たされた生活を送っている現代人は、生活を豊かにするために新たな「物」を求めてはいないのです。

【参考文献】

・起業ログ

https://kigyolog.com/article.php?id=21

新入社員「オレ、定時で帰ります。」上司より先に退社キメてみたら…

この記事を読む

イチオシ記事

ミニマリストの時代に成功するビジネスの特徴
最新情報をチェックしよう!
>TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackは、タスク管理とチャットが同時にできる「業務コミュニケーションのしやすさ」に特化したオンラインワークスペースです。コミュニケーションツールとタスク管理ツールを行ったり来たりして、二重に管理の手間がかかる問題をスッキリ解決します。

CTR IMG