プロジェクトマネージャーがやってみた「糖質制限ダイエット」のすすめ

  • 2019年10月25日
  • 2019年10月23日
  • その他
  • 168view

読者のみなさまはダイエット経験ありますか?筆者はもともと、若い頃から痩せ型で30歳を超えても週に1回はフットサルをしていたので太ることはありませんでした。

しかしながら、37歳となった今年はケガで運動もできないこともあり、お腹周りが少しずつ分厚くなってきました。食事制限やちょっとした運動を取り入れたものの、大きな効果はなく途方にくれていたのですが、先日「炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学」(著者:夏井 睦)という本を読んで、これだと思い糖質制限ダイエットを始めました。

多くの優れたビジネスパーソンは日々の体調管理を徹底していると言います。毎日、最高のパフォーマンスを発揮するために運動したり、食事をコントロールしていたりするのだそう。

そういった意味からも、中年男性にさしかかった私は食事生活を見直そうと考えました。私自身が約1ヶ月糖質制限をした結果、もともと71Kgだった体重を、4.5kg減らしただけではなく、さらに体調がよくなり、大きな効果を得ることができました。この記事では私の具体的な取組みや結果をもとに、糖質制限の効果をまとめてみました。

ただし、糖質制限制限ダイエットには医学的な根拠としては諸説あり、行き過ぎた糖質制限はかえって体調を崩すリスクもあるそうです。ご自身の体調と相談して活用してみてください。

Advertisement

1.糖質制限とは?

casserole-dish

そもそも糖質制限ダイエットを一言でいえば、炭水化物や砂糖が多く入っている食べ物は避けて

次に該当する食事を主に摂ることです。

・魚類・肉類・卵・アーモンド・アボガド・野菜・きのこ類・乳製品

なぜ糖質制限をするといいのかといえば、糖質は体の中で消費されずに残った場合、インスリンというホルモンの働きで脂肪となり、体内で蓄積されます。脂肪が多く蓄積されると、インスリンの働きが悪くなり、結果として体調を崩すリスクを大きく上げることになるからです。

穀物には炭水化物が多く入っています。私が参考とした上記本には「穀物は空腹を満たす物としては優れているが、体が必要とするタンパク質と脂質が乏しい」と記載がありました。

であるにも関わらず、穀物がよく食べられているのは食料として保存が優れているためであり、昔から重宝されていたそうです。

私が、驚いたのは本書に素うどん1玉に角砂糖14個分の糖質が含まれている、と記載があったことです。素うどんに角砂糖ほどの甘さを感じないところが少しおそろしいなと感じました。

2.糖質制限ダイエットをやってみた

糖質制限に興味を持った私は朝・昼・晩の食事をさっそく変えました。

まず、朝食はコーヒーとチーズのみとしました。チーズはカマンベールチーズを2つほどです。

もともと、朝食はたくさん摂る方ではなかったので、特に苦労することはありませんでした。もちろん、コーヒーは砂糖を入れずにブラックで飲みます。

次に昼食ですが、ランチは週に2、3日行きます。仕事の同僚と行く際には炭水化物や糖類なしのメニューを選ぶようにしていました。さらに、どうしてもご飯が付いてきてしまう場合には、店員さんに頼んでごはん抜きにしてもらうようにしていました。

これは、TPOをわきまえないと同僚に不快感を与えたり、お店の人にも迷惑をかけたりする可能性があるので注意が必要です。

晩ごはんは、ご飯なしのおかずのみの食事を家族にお願いするようにしました。実際、これらの生活をして約1ヶ月経ちましたが約4.5Kg減の結果となりました。

このように体重に関しては、大きな成果を得ることができたのです。また、糖質制限によって体調も良くなり、疲れにくい体になってきたと感じています。1日に最高のパフォーマンスが発揮できるような体作りにはもともと強い興味があったので、糖質制限をして本当に良かったと思います。

3.糖質制限やってみて困ったこと

このように糖質制限をして良かったとは感じているのですが、日常生活において困ることもいくつかありました。ここでは糖質制限で困った内容と、その対処方法を紹介したいと思います。

3-1.糖質が少ない食品の種類が少ない

普段の食事で出てくることが多い以下のものはなるべく食べないようにしていました。お店にもたくさん並んでいる食品ですが、これは慣れてしまえばなんてことはありません。。

食パン、菓子パン、サンドイッチ、冷凍チャーハン、おにぎり、焼きそば、たこ焼き、お好み焼き、パスタ、インスタント麺、カップスープ、ドーナッツ、クッキー、煎餅、ポップコーン、ポテトチップス、フライドポテト

これらの食品を買わずに、卵やサラダなどに限って購入するのは最初は大変でした。しかし、自然と買うものが限定されるので、食べる量は減りました。

3-2.外食時のTPO

table-at-the-restaurant

徹底的に糖質制限している人で、ご飯を口にすることをひどく嫌がっている人もいるのではないでしょうか?

私もその1人なのですが、取引先との食事でTPOをわきまえずにごはん抜きと店員に伝えることは、相手に不快感を与える可能性があることを認識すべきです。私は失礼にあたらないように、このような場所ではご飯は食べるようにしています。これは自分で決めた糖質制限ダイエットのルールとして盛り込むようにしています。

糖質制限の情報をたくさん集めていていると、週に1回は糖質制限を気にせず好きな食べ物を食べる人もいるということを知りました。

そのことで無理をしない、自分なりのルールを作ることも重要だと気づいたのです。

私は現在も糖質制限を続けています。特にリバウンドもなく、楽しみながら糖質制限をおこなっています。糖質制限ダイエットの成功しやすさという意味でいえば、極端な糖質制限はリバウンドが発生してしまうリスクがあるので、少しずつ始めることをおすすめします。

たとえば、主食のごはんやパンを晩御飯のときだけ外す、ということから始めてみてはいかがでしょうか?

補足として、普段は週に1回フットサルをしているものの、糖質制限以外に特段運動をしているわけではありません。

4、まとめ

いかがでしたか?糖質制限はシンプルに炭水化物と糖類の食事を控えることで脂肪を減らすことができます。ただ、普段の食事には炭水化物や糖類が含まれている食材が多くあるので、それを選別する大変さがあります。また、外食時には一緒に食事をする人、そして食事を提供するお店の人の気分を害さないよう注意しましょう。

なお、糖質制限をすると、食事が限定されるため、そのことにストレスを抱えすぎないように無理のない範囲で糖質を制限するようにしましょう。

私は糖質制限することで、ランチ食後の眠気がなくなり、パフォーマンスが上がりました。

すぐれたビジネスマンは体調管理を徹底していることが多く、特に私のようなプロジェクトマネジメントに従事している人間は体調管理、今回でいえば体重もきちんとマネジメントすべきだと思いました。そこで糖質制限ダイエットに真摯に取り組むようにしたのです。

マネジメントにからめていえば、体重という数値が明確にわかるものは、定期的に体重計に乗るだけで数値把握することができるので、目標も達成しやすくなりおすすめです。

最後に今一度お伝えしたいのは、糖質制限制限ダイエットには医学的な根拠としては諸説あり、行き過ぎた糖質制限はかえって体調を崩すリスクもあるということです。私は相性がよかったのか、効果が出ましたが、そうでない人もいると思います。

ダイエットやセルフマネジメントのひとつの手段として参考にしてください。


健康診断までに!どうしても痩せたいあなたへ
最新情報をチェックしよう!
Advertisement
>TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackは、タスク管理とチャットが同時にできる「業務コミュニケーションのしやすさ」に特化したオンラインワークスペースです。コミュニケーションツールとタスク管理ツールを行ったり来たりして、二重に管理の手間がかかる問題をスッキリ解決します。

CTR IMG