突然の海外転勤!3ヶ月でTOEIC600点レベルの英語力を身につける方法とは?

「英語にはずっと苦手意識を持っていた。しかし、3ヶ月後に海外転勤が決まり、英語と真剣に向き合わなくてはならなくなった」本記事のターゲットは、短期間で英語力を伸ばす必要に迫られた方々です。目標をTOEIC600点として、忙しくても英語力を伸ばせる思考と手段を解説していきます。

まずはゴールを決める。TOEIC600点越えを目標とする理由

英語力を高めるため、一番最初にすべきことは「目標」を決めることです。どんなことにも言えることですが、目標を決めずにただ努力を続けていても成果をあげることはできません。ここで定める目標は曖昧なものではなく、できるだけ具体的にすることが大切です。そのため、本記事では「3ヶ月でTOEIC600点越え」を目標としたいと思います。

なぜ、TOEIC600点越えを目標にするのか理由は2つあります。

まず、TOEICは大学生や社会人が年間約250万人受験しているメジャーな英語の試験だからです。メジャーであるということは、多くの人がその価値を認めているということになります。また、参考書や問題集も多く、学習しやすいという点もポイントになります。

次に、TOEIC600点は英語初心者と英語中級者のボーダーに位置しているスコアだからです。履歴書や経歴書に記載するのも600点が目安とされています。TOEIC600点は、十分な点数ではありませんが、英語力の基礎を身につけるという視点からいうと、妥当なスコアであるといえます。

TOEICの試験内容について知る

TOEIC600点をゴールにするにあたり、試験内容について知る必要があるでしょう。TOEICは、リスニング100問(45分)、リーディング100問(75分)の合計200問(120分、休憩なし)でおこなわれます。

リスニングには、4つのPartがあります。

  • Part1: 写真描写問題(6問)
  • Part2: 応答問題(25問)
  • Part3: 会話問題(39問)
  • Part4: 説明文問題(30問)

リーディングには、3つのPartがあります。

  • Part5: 短文穴埋め問題(30問)
  • Part6: 長文穴埋め問題(16問)
  • Part7: 長文読解問題(54問)

試験は、途中に休憩をはさまないため、集中力を維持することが難しいです。時間配分のためにも自分が今、どのPartにいるのか試験中に意識しましょう。

STEP1: まずは公式問題集を解き、自分のレベルと得意・苦手を知ろう

TOEICは、公式問題集(以下、問題集)が出版されています。まずは、問題集を解くことから始めましょう。なぜ、問題集を一番最初に解くのか理由を知りたい方もいると思います。確かに、問題集は試験間近になって、本番さながらに解くためにあえて解かないという選択肢もあると思います。

しかし、3ヶ月という短い期間でTOEICのスコアを上げたいのなら、最初に解くべきです。なぜなら、問題集を解くことで、目指すべきレベルと自分の今のレベルのギャップを知り、効率的な勉強の計画を立てることができるからです。また、自分の得意と苦手を知ることもできます。得意な分野は伸ばし、苦手な分野は克服していきましょう。

STEP2: 短期間で英語力を伸ばすために注力すべきこと

短期間で成果をあげるためには、選択と集中が大切です。そのため、英語学習でも注力すべき点をきちんと把握してから学習を進めましょう。

基本的な単語と英文法を身につける

TOEIC600点を取るためには、基本的な単語と英文法を押さえましょう。

このスコアで目標とすべき単語数は約5,000語といわれています。語彙力は英語学習の生命線です。仕事で英語を使うなら、どちらにせよ身につけなくてはならないので、諦めてコツコツと覚えるしかなさそうです。単語を覚えるコツは、ひとつの単語集を繰り返し学習して完璧にすることです。その際に、発音したり手で書いたりすることで、記憶の定着をはかることができます。

TOEICの文法レベルは、ほとんど中学校で学ぶことです。つまり、レベルとしては高くありません。ただ、英語に苦手意識を持っている人の多くが、英文法を苦手としています。分厚い英文法の参考書を購入したはいいものの、最初の数十ページで挫折⋯こんな経験をした方も多いのではないでしょうか。英文法は、一つ一つのトピックをじっくり学んでから次に行くというやり方は望ましくありません。初級レベルでいいので全体を広く浅く学ぶことを心がけましょう。そして、少しずつ学ぶ内容を深めていけばいいのです。

リスニングの対策に力を入れるのが効率的

「リスニングとリーディング、どちらに力を入れるべきか?」

TOEICの勉強をしていたら誰もが一度は持つ疑問です。筆者の考えは、中長期的には両方、短期的にはリスニングに力を入れるべき、です。なぜでしょうか?その理由は、リスニングのほうが伸びしろが大きいからです。背景には、日本の英語教育がリスニングの能力向上に力を注いでいないことがあります。

私たちのほとんどは、中学や高校、大学において、英語のリーディングの教育は受けているはずです。そのため、すでにリーディングに対しては、ある程度の努力を費やしてきています。一方、リスニングに関してはどうでしょうか。意識的に努力してきた経験はあまりないはずです。つまり、手付かず故に少し努力をしただけで、大きく能力が上がる可能性が大きいということです。

リスニングのスキル向上には、ディクテーションとシャドーイングと呼ばれる方法が効果的です。

ディクテーションは、英語の音声を聞きながらそのまま書き起こす方法です。一見面倒臭くて非効率な方法に思えますが、自分のリスニング力のどこが足りないのかを明らかにするためにとても有用な方法です。

シャドーイングは英語の音声を聞きながらそれを真似して発音する方法です。聞くのと話すのを同時におこなうため、難易度は高めです。ポイントは、聞こえてきた英語の発音と速度をそのまま真似することです。しっかり大きな声で練習して、録音して聞いてみるのもおすすめです。

STEP3: 忙しくてもできる。英語のミニマム勉強法

英語の勉強をしようと思っても、忙しくてなかなか時間を確保することは難しいですよね。ここでは、ちょっとした工夫で英語学習に必要な時間を生み出すコツを3つご紹介します。

OS・アプリの言語設定をすべて英語にする

一番手っ取り早い方法は、PCとスマホのOSとアプリの言語設定をすべて英語にすることです。最初は違和感があるかもしれませんが、続けていくうちにだんだんと慣れてきます。この方法のすごいところは、英語学習のためにわざわざ時間を確保しなくていい点です。筆者は、学生の頃から言語設定はすべて英語にしているので、今はほとんど意識することなく英語で操作をすることができています。このように生活の中に少しずつ英語を取り込んでいくことで、英語に慣れていくことができ、能力の向上につながります。

朝30分早く起きて、英語を学ぼう

スキマ時間の活用は、忙しい会社員が学習を進める上で不可欠です。

一般的に、スキマ時間として考えられるのは、

  • 通勤
  • お昼休み
  • 寝る前

などです。これに関しては、すでに多くの方が実践していると思いますので、特に言及する必要はないでしょう。

筆者がおすすめするスキマ時間は、「朝30分早く起きること」です。まず、通勤やお昼休みの時間は限られているので、増やすことは難しいでしょう。また、寝る前に長い時間を学習に使ってしまうと、次の日に眠くなってしまいます。一方、朝30分早く起きることは、他の方法と比べて時間を確保しやすく、マイナスの影響が出にくいです。さらに、気分も良くなるというおまけ付き。ぜひ、検討してみてください。

SNSで毎日の学習記録を報告する

英語学習は、毎日継続して取り組むことが大切です。週末に2~3時間まとめて学習するよりも、毎日20~30分の学習を続けるほうが学習効果は高いでしょう。しかし、毎日コツコツと勉強を続けるためには、モチベーションが必要です。では、どのように毎日モチベーションを保ちつつ学習を進めることができるでしょうか?筆者は、SNSへの報告もっとも効果的ではないかと思います。

人には、自分の努力をまわりの人に見てもらいたいという欲求があります。この欲求を利用して、自分の毎日の学習記録をSNSに報告しましょう。すると、継続的な学習に必要なモチベーションを高めることができます。FacebookやTwitter、Instagramなど、自分の好きなSNSで始めてみましょう。思わぬ反応もあるかもしれませんよ。

TOEIC600点は目標であり目的ではない

TOEIC600点をとるために努力をすることは大切です。しかし、それを目的にしてはいけません。英語学習の目的は人によってさまざまです。ただ、この記事を読んでいただいている方は、短期間でビジネスに使う英語力を向上させたいということが目的のはずです。

TOEIC600点をとることを目的にするなら、いろいろとテクニカルな方法があります。例えば、「事前にテストの構成を頭に入れ、時間配分を決める」や「音声が再生される前に選択肢をチェックしておく」など、です。本記事では、このように英語力の向上につながらないTOEICの点数稼ぎに関する方法についてはあえて言及しませんでした。TOEIC600点をとっても、実際に使える英語が身につかないのなら学ぶ意味がないからです。

TOEIC600点を目標としつつも、どうしたら英語力を伸ばせるか考えて、本質的な学習方法をとることを心がけましょう。目標と目的を混同しないように。

まとめ

本記事では、突然に海外転勤が決まったビジネスマンを対象に、3ヶ月でどのように英語力を伸ばしていけばいいのか、解説しました。目標は、英語中級レベルといわれるTOEIC600点に設定。忙しくても英語の学習がはかどるように、いくつかコツもご紹介しました。

この記事を読んで、英語力を伸ばすための考え方を学んだら、実際に手を動かして学習を進めましょう。百里の道も一足からです。

新入社員「オレ、定時で帰ります。」上司より先に退社キメてみたら…

この記事を読む

イチオシ記事

最新情報をチェックしよう!
>TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackは、タスク管理とチャットが同時にできる「業務コミュニケーションのしやすさ」に特化したオンラインワークスペースです。コミュニケーションツールとタスク管理ツールを行ったり来たりして、二重に管理の手間がかかる問題をスッキリ解決します。

CTR IMG