時間管理に悩んでいるあなたへ送る、デバイス問わず使えるタイムトラッキングアプリ

みなさんは1日の時間が足りないと感じたことはありませんか?
「プレミアムフライデー」や「No残業デー」など、時間の使い方を意識させられる標語が世の中にはあふれていますが、実現できていますか? 業務効率化が叫ばれ、業務時間の短縮が推奨されたとしても、やらなくてはいけないことの量が多い日は存在しますし、1日の時間は変わらず24時間しかありません。そんな限りある時間を効率的に使うために役立つのが、タイムトラッキング(時間管理)という考え方です。
今回はタイムトラッキングを行うことで得られる効果や必要なこと、役立つアプリを紹介したいと思います。

タイムトラッキング(時間管理とは)

タイムトラッキング(時間管理)とは、読んで字のごとく「時間を追跡すること」で、自分が何に時間を割いているのか、どういったプロジェクトに時間が取られているのかを可視化することです。目で見てわかる状態にすることによって、効率の良い時間の使い方ができるように自分の時間を管理することができるようになります。

このタイムトラッキングを上手く活用することで、あなたの1日の時間の使い方を見直すことができるのです。

タイムトラッキングを続けられるために必要なこと

この記事を読んでいる人には、まだタイムトラッキングをやったことがないという人はもちろん、一度やってみたが続けることができなかったという人も多いのではないでしょうか。

タイムトラッキングを継続していくためにはコツが必要です。Webでタイムトラッキングについて調べると、手帳やメモ帳で管理しているなど、先人たちの試行錯誤の結果をブログなどから見ることができます。

その中で数年単位で続いている人の時間管理の方法を見ていると、いくつかの共通点が浮かびました。

・簡単に記録できること
操作が簡単で思い立った時にすぐに記録することができること

・可視化された時にわかりやすいこと
グラフや文章などでパッと見てすぐに何に時間を使ったのか自分がわかりやすいこと

・システム化されていること
いつも同じ時間に行うことを同じ時間に設定するなどのシステム化ができること

・タスク管理ができること
トラッキングツールだけでタスク管理ができること

・どこからでも記録できること
外にいても、家の中にいても、会社にいてもいつでもどこからでも記録できること

これらの点はタイムトラッキングを続けていくためにとても重要なことです。

また、タイムトラッキングと同時にタスク管理を行なうと、各タスクの締め切りが自分の中でしっかりと意識されるので、タスクの先延ばしを防げるというメリットもあるようです。

PC、iPhone、Androidで使えるアプリ

上記の点を考慮すると、タイムトラッキングアプリは複数のデバイスでの使用が可能なことが重要だとわかります。
ここでは、複数のデバイスで使用できるタイムトラッキングアプリの中からおすすめのものをピックアップして紹介します。

Toggl


PCではWindows版とMac版のソフトが用意されています。 ブラウザからも記録でき、iPhoneアプリ、Androidアプリもあるので、まさにどこからでもすぐ記録できます。 使い方もとても簡単で、何か行動する前やプロジェクトの前にプロジェクト名や好きな名前をつけてスタートボタンを押すと記録がスタートし、終了時にまたボタンを押すと記録もストップします。

後から時間の変更や、入れ忘れた作業の追加もできるので間違えて押してしまった場合や、隙間時間に行なったことを入れたい時でも簡単操作ですぐに加えられます。 タスク化も簡単に行なうことができ、一度記録したプロジェクト名はその後システム化され、次からは選んでスタートするだけで記録することができるのでシステムとしてもわかりやすくなっています。

また、画面がプロジェクトなどの名前ごとに色分けされ、1日の作業の内容を1ページで確認することができるので、パッと見でもわかりやすくなっていますし、グラフ化されるので、トータルの作業時間からどこに時間を使っているのか一目瞭然なのもポイントです。

PC、iPhone、Androidに対応しているので、複数のデバイスを使い分けている人も、職場からでも自宅からでも記録がいつでも可能の続けやすいタイムトラッキングツールです。
Toggl 公式サイト:https://toggl.com/

TimeCrowd


TimeCrowdはPCのブラウザからも記録閲覧でき、iPhoneアプリ、Androidアプリもあります。 最近テレワークを導入する企業が増加しているというニュースもありますが、このTimeCrowdは操作性のシンプルさだけではなくタスクをチームで共有できるほか、ChatWorkと連動することでチームメンバーのタイムスケジュールや作業時間などの管理も可能です。

また、個人だけでなくチーム丸ごとタイムトラッキングすることができるツールです。操作はとても簡単で、タスク名と名前を入力したら再生ボタンのようなスタートボタンを押すだけで記録スタート。作業時間が終了したらストップボタンを押すだけの簡単操作です。

さらに、一度登録した作業はシステムに組み込まれるので、次回からはそのタスクを選んでスタートするだけです。もちろん、共有しているチームのメンバーが作成したタスクも選ぶことができるので、同じプロジェクトなのに名前が違う、なんてことも防ぐことができるのでしっかりとチームメンバーのことも管理することができます。

個人の作業時間も表示されるので、1日単位で自分がどんな作業をしているのか、1週間ではどれくらいの作業時間だったのか、1ヶ月ではどうだったのか、というように1日から1ヶ月の単位で自分の作業時間を可視化することができます。時間はタスク名とグラフで表示され、見た目もすっきりとしているので可視化もわかりやすいものとなっています。

個人利用は無料ですが、チームでの利用は有料となりますのでホームページを参照ください。
TimeCrowd公式サイト:https://timecrowd.net/

「【時間の管理に悩んでいるあなたへ】デバイス問わず使えるタイムトラッキングアプリ」についてのまとめ

時間は有限。どうしても増やすことができないからこそ、有意義に過ごしたいものです。 タイムトラッキングツールと呼ばれるものは多くありますが、可視化されたグラフの好みであったり、よく使う端末に1番相性が良いツールであったり、自分にとって使いやすいものは人それぞれだと思います。

ご自身の希望にあったタイムトラッキングアプリを見つけて上手く活用することで、今まで気づくことのできなかった「余分な時間」に気づけるようになるかもしれません。時間管理を効率化し、仕事もプライベートも良い時間の使い方をできるように、まずは使い続けられるタイムトラッキングアプリを探すところから始めてみてはいかがでしょうか。

【PR】 タスクの管理方法にお困りですか?

TeamHackなら、プロジェクトの管理から情報共有まで、これ1つで全てが完結します。ソート機能で誰が何をやっているか明確に。タスクごとにチャットができるから、情報の錯綜もありません。プロジェクト管理者も作業者も、驚くほどタスク管理が楽になります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事