人間関係の問題にメスを入れるチームマネジメント記事10選

Team Hackers編集室がオススメする良質記事!

01.最高のチームの共通点とは何か? 最先端の企業で実践されている5つのポイント

良いチームには共通要素が存在します。

例えば、共有された目的とエンゲージメントなどがある場合です。そのほかにも4つものおさえるべきポイントがあります。

全ておさえて最高のチームを作り上げてみませんか?

02.最強のチームビルディングのための秘訣と、ひとつの重要な注意点

チームビルディングにおいて大切なことは、チームメンバーを家族的に扱い、チームの雰囲気を良くし、チームの居心地を良くすることです。しかし、同時に忘れてはならないのが、チームの居心地を良くすることをチームの目的にしてはならないということです。仲良しチームで群れているだけで、結果や成果を残せないようであれば、本末転倒です 。

03.よいチームマネジメントのための目標の定め方。常に「チーム全体」で目標を達成するために

目標設定はチームマネジメントにおいて欠かせない要素です。この目標設定のポイントは、
・スケジュールをチーム全体で共有し、目標を具体化・見える化する
・チーム全体でベストパフォーマンスを出せる目標を設定する
・品質を高める意識をプロジェクト全体で徹底する
この3点を意識することが大切です。

04.チームの理想は何人? それぞれどういう役割があるのかを確認しよう

チームの人数は10名前後が理想です。しかし、状況や文脈に応じて、最適なチーム人数は変化します。それを決めるファクターは、業務内容とそのレベル、権限移譲できるかどうか、といったなどが挙げられます。そして、人数が増えても管理できる対策も必要です。加えて、よりよい役割分担ができれば強いチームをつくることができるでしょう。

05.社内コミュニケーションを活性化させて最高のチームを作るための5つのポイント

最高のチームをつくるためにはよいチームコミュニケーションが不可欠です。そのためのポイントは、
①「職員と管理職とのコミュニケーション不足」を解消する
②「承認と賞賛の不足」を解消する
③「トレーニングや教育機会の不足」を解消する
④「スケジュールの柔軟性の欠如」を解消する
⑤「従業員が持つ権限の不足」を解消する
ことです。

06.なぜチームが回らないか?メンバーを動かしてチーム力を向上させるマネジメントのコツ

チームが上手く回っていないときは、上手く回っているチームを参考にするのがおすすめです。チームマネジメントが上手くいっているチームの特徴として、
・メンバーの強みが反映されている
・ミスコミュニケーションの回避ができている
・信頼関係が構築されている
が挙げられます。

07.残業を減らして生産性を上げることは魔法でしかないのか すぐにできる7つのこと

働き方改革を実践するためは、上からの改革が不可欠です。しかし、現場で働く従業員にもできることはあります。例えば、
・会議をスタンディング形式にする
・テレワークを導入する
・有給取得は遠慮なく好きなだけとる
といったことです。

08.「部下が無責任で困っている」と愚痴を言うだけでいいの? 部下を適切にマネジメントして当事者意識を持たせる方法

部下が無責任で困っているマネージャーの人もたくさんいるかと思います。部下に当事者意識を持たせるためには、「巻き込む」「理解する」「尊重する」ことが有効です。しかし、そのときはマネージャーのあなたが「責任転嫁する前に、当事者意識を持つ」「模範になる」ことが前提です。

09.考えながら行動できる人材づくりのためにすべきこと

いま、どの企業でも自立型人材が求められています。しかし、企業自身でそのような人材を育てあげることも重要です。最近は、人材育成のために、内的コントロールに基づいた選択理論心理学取り入れている企業が増えてきています。なかでも、「リードマネジメント」という手法は、仕事に責任を持ち、熱心に取り組む傾向を生み出します。

10.現場と上層部の板挟みに… ストレスを軽減させる8つのアイデア

マネージャーという役職は、現場と上層部の板挟みにより、ストレスを抱えやすいと言われています。このストレスを軽減させる方法としては、
・部下だからといって見下さない
・上司だからといって遠慮しない
・共感しすぎない
といったことなどが挙げられます。

>TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackは、タスク管理とチャットが同時にできる「業務コミュニケーションのしやすさ」に特化したオンラインワークスペースです。コミュニケーションツールとタスク管理ツールを行ったり来たりして、二重に管理の手間がかかる問題をスッキリ解決します。

CTR IMG