人間関係の問題にメスを入れるチームマネジメント記事6選

Team Hackers編集室がオススメする良質記事!

間違いない
チーム・マネジメント

STEP1
基本を押える

最強のチームビルディングのための秘訣とひとつの注意点とは?

01

あなたはチームビルディングの重要性を感じるときがありますか? チームメンバーのひとりひとりは、よいチームを作り、向上したいと願っているのに、なかなかうまくいかない……

そんなときに役に立つチームビルディングの秘訣について、アメリカのライフハック記事5tips For Better Team Buildingを参考にご紹介していきます。

「理想」(目標)を明確にするところから、仕事の質向上が図れるのだという真実

02

最初はエネルギーに溢れてやっていたことも続けているうちにマンネリ化してしまった。チームの人数が増えるにつれて目標の共有が行き届かなくなってきた。ということはありませんか? もしそうならば、目標管理に目を向けてみると良いかもしれません。

マネジメントの先達でもあるドラッカーも、高い目標設定と自己管理の重要性を繰り返し説いていました。理想(目標)と現実のギャップを埋めるために、正しい目標管理の方法を学んでいきましょう。

STEP2
知識を深める

コミュニケーションギャップって、どうして生まれるの? どうすればいいのか考えた

03

仕事が円滑に進むのは、チーム内にコミュニケーションがあればこそです。コミュニケーションができていないと、仕事は上手く進みません。では、どうすればそのギャップを解消できるのでしょうか?

この記事では、コミュニケーション・ギャップが発生する原因を特定し、その対策について考えていきます。

そもそも一人前に仕事ができるってどういうこと?

04

あなたは部下やチームのメンバーに安心して仕事を任せることができていますか? 「あの人に頼んでおけば大丈夫。」と、思われるような人、仕事において「一人前」な人になるとは、どういうことを指すのでしょうか?

いくつか具体例を提示することで、一人前に仕事ができる人の特徴について捉えていきます。

STEP3
今すぐ実践!

【事例紹介】「部下が無責任で困っている」と愚痴を言うだけでいいの? 部下を適切にマネジメントして当事者意識を持たせる方法

05

困った部下を抱え悪戦苦闘しているマネージャーが増えています。「自分の責任ではない」という意識が組織に蔓延していては、マネージャーの苦悩が深まるだけでなく、企業力を維持することも難しくなるでしょう。社会も企業のあり方や、個々の社員の働き方が変化している現代で「誰かが」考えるべき課題があるようです。

組織の中の一人ひとりがそれを「自分の責任」と感じて業務に取り組むには「何が」必要かを紐解いていきましょう。

考えながら行動できる人材づくりのためにすべきこと

06

時代は自立型人材を求めています。どうすれば、チームメンバーをそのように育てることができるのでしょう。そのためには、マネジメントやリーダーシップのあり方を見直してみる必要があるかもしれません。

この記事では、選択理論心理学という観点から考えながら行動できる人材開発の流れについて具体例を紹介していきます。

【PR】 タスクの管理方法にお困りですか?

TeamHackなら、プロジェクトの管理から情報共有まで、これ1つで全てが完結します。ソート機能で誰が何をやっているか明確に。タスクごとにチャットができるから、情報の錯綜もありません。プロジェクト管理者も作業者も、驚くほどタスク管理が楽になります。