スクラム開発がうまくいかない! そんな時に読むべき書籍

「スクラム開発」は軽量なソフトウェア開発の手法群である、アジャイルソフトウェア開発の手法の1つです。特に、「チームとしての仕事の進め方」に特化したフレームワークで、技術的な要素を取り除くと、ソフトウェア開発以外のチームプロジェクトでも適用できるのが特徴です。
ここでは、「スクラム開発」を始めたが壁にぶちあたってしまった時に参考にすべき書籍をご紹介します。

「スクラム開発」とは?

「スクラム開発」を一言で説明すれば、「チームで仕事を進めるための枠組み(フレームワーク)」のこと、となります。
「スクラム開発」では、2つのバックログと呼ばれるチームの待ち行列(一般に、クライアントが並んでサービスを受けるまで待たされる行列のこと。この場合、実際の作業開始までの滞留時間を示す)や作業計画、計画変更のキャンバスを定義しています。

  • プロダクト・バックログ:プロダクトがユーザーや顧客に提供する価値を記述する
  • スプリント・バックログ:当面の作業計画を示す

「スクラム」の2つのバックログ

それでは、スクラムの2つのバックログ、「プロダクト・バックログ」と「スプリント・バックログ」についてご説明します。

プロダクト・バックログ

プロダクト・バックログは、プロジェクトを完成するために必要なすべての機能が優先順位付けされた、常に変化するマスターリストです。関係者全員が参照し、現在のプロダクトの状況を把握できるようにします。
プロジェクトごとにさまざまな形式が用いられますが、形式が重要なのではなく、関係者がいつでも内容を思い出せるようにすることが重要なので、プロジェクトや関係者に合わせて作成する必要があります。
優れたバックログは、チームが正常に機能するために必要不可欠で、次の4つの特性があります。

  • チームがもっとも重要な機能から先に構築できるように優先順位が付けられている
  • チームが見積もりを行なうことで、製品所有者は状況を明確に把握し、完了時期などに関する質問に回答できる
  • プロジェクトを完了するために必要なすべての作業が含まれている
  • プロジェクトの現状が反映され、常に変化し、進化する、動的なドキュメントである

緊急的な変更の時「そもそもこの機能は…」という議論や説得に時間をかけてしまえば、プロジェクトの遅延は逃れません。定期的に自分たちの状況を共有しておくことで、そのような手間を省くことができます。
優秀なプロダクト・バックログがあれば、必ずプロジェクトが成功するというわけではありません。しかし、優秀なプロダクト・バックログがないと、結果としてクライアントや利害関係者の要件を満たさない不完全なソフトウェアが構築されることでしょう。

プロダクト・バックログの管理は、プロダクト・バックの構築、優先順位付け、維持に役立つ手法などを習得した専任者が行なうことが重要なポイントです。

スプリント・バックログ

スプリント・バックログは、プロダクト・バックログからスプリント期間(1~4週間)分を抜き出した「チームのタスクリスト」です。チームは予測通りにきちんとタスクを終わらせられるかを検討します。チームメンバー各自のスキルをもって、自信をもって「終わる」と宣言できるかどうかが、確認すべきポイントです。
スプリント期間中は、スプリント・バックログにある作業や機能を完了させるべく、自分の仕事と他の人の仕事とを分けるのではなく、「チームの仕事」としてチーム全員で、全力を注ぎます。

そのためには「チーム内の情報共有」は必要不可欠です。チームの情報共有に有効なのが「朝会(デイリースクラム)」です。ここでは、全員が進捗を確認し合います。確認するポイントは

  • 昨日やったこと
  • 今日やること
  • 障害になっていること

の3つを報告します。細かい報告が必要な時は別に時間をとり、全体で、15分くらいで終わらせるのを目安にすると良いでしょう。

「スクラム開発」で壁にあたった時に読む本

「スクラム開発」の手法は、ソフトウェア開発でもそれ以外でも使うことができる手法です。ただし、どのような手法でもあるように「スクラム開発」を取り入れてはみたがうまく機能しないなど壁にぶちあたることもあります。そのような時に参考になる本をご紹介します。
こちらの本はアジャイルの実践者でありコンサルタントでもある著者レイシー氏が、「スクラム」や「アジャイル」を始めて1年目にどのようなことが起こるのかをまとめています。難しいポイントとそれに対する解決策も書かれていますので、「スクラム」を始めたいと思っている人や、始めてみたが周りに相談できる人がいないという人に、特におすすめです。

『スクラム現場ガイド-スクラムを始めてみたけどうまくいかない時に読む本』(2016年 マイナビ出版)
Mitch Lacey(以下レイシー)氏著

構成は4つのパートに分かれています。

第1部「準備」

「スクラム」を始める際に役立つアドバイスや、スムーズに導入するための準備について書いてあります。「スクラム」の導入を検討している人や、「スクラム」を始めたばかりの人向けの章となっています。

第2部「現場の基本」

「アジャイル」を導入した際に、チームや組織が早いうちに陥りがちなトラブルに対し、解決のヒントを記しています。既に「スクラム」を実践していて、問題や悩みがある場合人向けの章となっています。

第3部「救急処置」

「スクラム」単位だけではなく、会社が抱える問題も含め、大きな問題の解決方法について記しています。「スクラム」を導入し、最初の1年間のどこかのタイミングで遭遇しやすいトラブルについてまとめられ、各プロジェクトへメンバーを追加する際に注意点や、機能不全に陥ったデイリースタンドアップの直し方などが取り上げられています。問題をどのように把握し、対処すべきか記されている章です。

最後のパート「上級サバイバルテクニック」

この章では、タイミングに関わらずどんなビジネスマンも悩まされがちな問題について取り上げています。「アジャイル」や「スクラム」でのプロジェクトのコスト算出、契約の作り方、ドキュメントの書き方などが記されている章です。

また、この本には末尾の付録で「スクラム」に関する用語も説明しています。「スクラム」を始めたばかりだったり、会社で取り入れているのに用語がわからなかったり、という方はぜひ参考にしてみてください。

「スクラム」については、多くの本が出版されています。しかし、手順だけを書いている本を読んでも、いまいち自分の今陥っている状況をどう解決すれば良いかわからないと思います。周りに「スクラム」について相談する相手がいない場合は特に、どのような問題が起こるのか把握することが大切です。この本は具体的に陥りがちなトラブルについてもまとめられているので、ぜひ参考にしてみていただければと思います。

「スクラム開発がうまくいかない!そんな時に読むべき書籍」のまとめ

「スクラム開発」はソフトウェア開発ではもちろん、それ以外でもチームプロジェクトで役立つフレームワークです。すべての機能を網羅したマスターリストである「プロダクト・バックログ」、チームのタスクリストである「スプリング・バックログ」の2つのバックログを使い、完成まで導いていきます。

しかし、「スクラム」を導入したからすべての問題が解決されるわけではありません。「せっかくスクラムを導入したのに前よりプロジェクトがうまく回らなくなった」「問題点やタスクの洗い出しはうまく行くのに、優先順位が付けられない」などのトラブルは往々にして起こり得るものです。
その時のために、「スクラム」を始めた時にどのような問題が起こるのか、またその解決策について知っておくと問題が起きた時に慌てずに済むので、事前の情報収集は怠らないようにしましょう。

事例に学ぶ

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶと言います。ビジネスについても同じことが言えるでしょう。
他の企業の戦略や取り組みを分析し、そこから抽出した要素を組織に取り入れてみることで、あなたのビジネスを成功に導く鍵が見つかるかもしれません。

詳細を確認する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事