リモートワークで必見のタスク管理術&ツール系記事まとめ7選

私たちの生活にリモートワークという働き方が浸透してくると、予定通り仕事をすることの難しさに気がつきます。

予定通りに仕事をすることの難しさに気付いてしまうと、タスク管理の重要性を実感します。

今回はこれまでとは違った働き方で、滞りなく成果を上げるためにも有益な、タスク管理術やタスク管理ツールについてまとめた記事を7本集めてみました。

リモートワークをより良いものにするために、ぜひ参考にして欲しいものばかりです。

リモートワークの普及で浮き彫りになった課題とは

一時は通勤や移動がなくなったことで、あたかも作業効率や生産性がアップしたように見えていたリモートワークも、だんだんと慣れはじめたことで、様々な課題が浮き彫りになっています。

生産性が上がったようで実は上がっていなかったという声も挙がり、次々とリモートワークにおける課題が見え隠れし始めた中、作業効率をどのように上げるかが重要となっています。

また、リモートワークにおけるチーム間のコミュニケーションや連携、モチベーションの管理がいかに重要かを再確認し、それがいかに困難かという課題にも直面しています。

そもそも仕事とは、たった一人でできる業務は少なく、チームでのコミュニケーションが大切です。

リモートワークになっても変わらずに仕事をするためには、オフィスに行かないとわからないことやできないことを極力少なくすることが求められています。

それらを解決する手段として、今回はタスク管理術やツールについて紹介している記事をまとめています。

代替えとしてのリモートワークではなく、主となる働き方としてのリモートワークについて、今は考えるべきタイミングなのです。


タスク管理でリモートワークの作業効率をあげる

リモートワークになって、作業効率への意識が高まっています。

自宅にひとりであってもオフィスにいる時と変わらず仕事に向き合い続けることが求められているため、作業効率を落とすわけにはいきません。

また、「時間や場所にとらわれない勤務形態」とも呼ばれているように、決まった時間内にきっちりとデスクに向かい業務をするのではなく、業務の出来高で評価をされるようになると、ますます作業効率をあげ、より多くの成果を上げたいと考えるか、ライフワークバランスを意識した時間の使い方をしたいと考えるようになります。

その手段として、注目されているのがタスク管理なのです。

まずは、タスク管理術に関しての記事を2本紹介します。

01.作業効率が3倍上がる、質を落とさず早く仕上げるタスク管理・時短編

リモートワークになって、何故だか空回りしてしまって思ったように仕事が進まない時に読んで欲しい「仕事効率化・作業効率化の7つのコツ」をまとめた記事です。

仕事の効率化を得意とする人とそうではない人、はっきりと明暗を分ける働き方の違いとは? 

仕事の質を落とさないためにも、「仕事効率化のための3原則」をおさえておく必要があります。効率化はまず身近なところから。

とはいえ、作業効率ばかり追い求めて仕事の質が落ちてしまっては、本末転倒です。時短ながらも仕事の質を保つための基本を見直すためにも読んでいただきたい記事です。

この記事の中で説明している「仕事効率化のための3原則」を生かすためにも必要なのがタスク管理です。タスクとは、「やるべきこと」の総称。続いて、やるべきことを最も効率よくやるための方法を考えてみましょう。

01

複数の仕事を同時にこなしながら、バリバリ作業を完了させて定時にはしっかり仕事を終えて帰る。しかも、同じ時間内で人より終わっている仕事の量が多いのに、質は落とさない。こんな風に仕事ができる人の頭の中ってどうなってるのでしょうか? […]

02.これ1つ!作業効率化に悩むあなたが知るべきタスク管理の方法

たくさんの仕事の中でも「今やるべきことはこれ!」と明確に把握していると、他のタスクのことを考える必要がなくなり、仕事への集中力や生産性が向上します。作業効率化の必要性を感じた今が、やるべきことに追われるだけの働き方を変えるチャンス。

この記事では、正しいタスク管理の方法についてまとめています。

タスク管理が必要な本来の目的は、「できるだけ多くの作業を完了させること」ではなく、「作業を見える化することでミスをなくし、作業効率をあげること」。

今、すべきことを明確にすることでひとつの作業に集中できる環境を作り、それによって作業効率を大きくアップします。

タスク管理のもっとも簡単な方法として「Doingリスト」も紹介しています。

02

仕事を始めたばかりのころは、目の前にある仕事を片っ端から片づけるというやり方で作業を行なうことがあるかもしれません。これは、仕事に熱意をもって取り組んできた人であれば誰しもが通ってきた道です。しかし、次第に仕事が増えてくると、このよう[…]

タスク管理に悩むあなたがやるべきたった1つのこと

リモートワーク成功の秘訣!タスク管理ツールを比較

タスク管理がリモートワークを円滑に進めるために有効であることがわかりました。そこで次に迷うのが、タスク管理の方法です。

近年、様々なタスク管理ツールがあり、どれが自分に合っているか、チームにとって使いやすいかに迷うこともあるかもしれません。

タスク管理を比較・検討し、活用するために、ここではこれまでTeamHackersで紹介したタスク管理のできるツールの記事を集めてみました。

頭の中だけで処理していたタスクの数々を、タスク管理ツールに任せてみてはいかがでしょう。

01.タスク管理・スケジュール管理の共有はGoogleカレンダーアプリこれ1つで完了

誰でも一度は目にしたことがあるかもしれないGoogleカレンダーアプリ。スケジュールを管理するために使っている人もいるのではないでしょうか。

シンプルで使いやすく、利用者も多いので取り入れやすいツールです。

GoogleカレンダーはGoogleが提供する時間管理アプリで、細かなスケジュール管理やリマインダーなど、多くの機能を持つツールです。

Googleのアカウントを持ってさえいれば誰でも無料で使用できます。また、スマホ専用アプリもあるので汎用性の高いツールと言えます。

この記事では、Googleカレンダーの使い方から活用方法までを解説しています。

さらに、Googleカレンダーのデータを基にガントチャートを作成することができる「GANTTプランナー」というツールの紹介もしています。

Googleカレンダーだからといって、侮ることなかれ。タスクを簡単に管理できるツールといえば、第一におすすめしたいのがGoogleカレンダーなのです。

01

あなたは普段どのように時間やスケジュールを管理していますか? こないだふとそのような話になった際に、自分も含めて周りの人の半数以上がGoogleカレンダーを利用していました。他の人に聞いてもシンプルで使いやすいと言っていて、利用者がと[…]

02.タスク管理ツール「Trello」を1か月使ってみて気づいたこと

次にタスク管理ツールとして有名な「Trello」の紹介記事です。

Trelloは、タスクを一目で把握できる「看板方式」と呼ばれるタスク管理の手法を用いており、タスク管理初心者にも向いているといわれています。

前章で紹介したGoogleカレンダーとの同期も可能です。こちらはTrelloを実際に活用した感想をまとめた記事です。

実体験からくる反省点を生かした3つのポイントは、Trelloに限らず意識したいこと。

  • 日常の作業などをタスク化して毎日使うことで習慣になる
  • タスクは細分化し、シングルタスクに置き換える
  • ひとつずつ処理をする

タスク管理を始める時は、これらを意識してみましょう。

02

新年度を迎えるにあたり、新人の方は慣れない仕事に追われ、既存の方は新しい仕事が既存の仕事に加わり、忙しい時期を過ごしているのではないかと思います。どれから手をつければいいのか分からず、期限内に仕事を終わらせることができないという人はタスク[…]

03.コロナ後のリモートワーク、社員のタスク見える化に便利な最強ツール「TeamHack」とは?

『タスク管理ツール「Trello」を1か月使ってみて気づいたこと』の記事内でも、プロジェクト管理やタイムトラッキング(時間管理)に併用していると触れている「TeamHack」。

記事内では、TeamHackの使い方を画像を使って丁寧に説明しています。タスク管理初心者から、現在の管理方法を改善したい人におすすめの記事です。

「チームのタスクを見える化するツール」であるTeamHackは、チーム内のやりとりや作業状況を見える化し、社員間の業務コミュニケーションを円滑にするツールです。

これはリモートワークにはぴったりのツールと言えます。タスク管理だけでなく、タイムトラッキング機能の活用にも触れています。

03

新型コロナの影響で、リモートワークに切り替えになってから、はや数ヶ月。自粛解禁により、緩和ムードが漂いつつはありますが、今すぐに以前と同じようにとは、まだいかない状況。今後も、リモートワークでの業務管理とうまく付き合っていかなけれ[…]

04.ガントチャートを使ったタスク管理ツール紹介【7選】

ガントチャートとは、作業やそのプロセスを完了日で管理する、棒グラフのようなもの。全体のタスクやスケジュールがひと目わかるため、進捗管理ツールとして使われることが多くあります。

ガントチャートによってスケジュールを見える化し、チーム全員で管理ができると、同じオフィスにいなくとも連携をとることができるようになります。それによって作業効率を下げずに業務を進めることができます。

この記事ではタスク管理にも有効なガントチャートを使ったツールを7つ、紹介しています。

エクセルを使ってガントチャートを作ることもできますが、管理ツールを利用することでスムーズなタスク管理をすることができます。

ツールごとに、対応できるプロジェクトの規模感と予算も踏まえたメリット・デメリットを挙げているため、使いやすいガントチャートを選ぶための参考になる記事です。

04

プロジェクトを円滑に進めていくためには、各タスクの重要性と緊急度を理解し、それぞれのタスクの優先度を決めていくことが重要です。その際に有効な取り組みとして、ガントチャートによる進捗状況の把握が挙げられます。ガントチャートとというと、エ[…]

05.もう締め切りに追われない 業務効率化アップのためのタスク管理ツール5選

最後に、業務効率化のための課題やタスクを管理できるツールをまとめた記事を紹介します。

タスク管理ツールを選ぶ時に留意したい4つのポイントも挙げているので、紹介している5つのツール以外を選択肢に入れる時にも役に立ちます。ツールの比較がしやすいよう、それぞれの特徴を細かくまとめています。

記事内でも触れていますが、特定の管理ツールを一度使い始めてしまうと、ツールの乗り換えは簡単ではありません。

それがチームなら尚更、入力したタスクなどの移行は困難となりますので、導入時はたくさんのツールに触れてみることをおすすめします。

05

日常においても、ビジネスにおいても、「いつまでに何をしなければならない」という、期限のある課題が複数あると、頭が混乱しがちです。ビジネスの場では、古くは手帳、近年はエクセルファイルなどで課題を管理する方も多いと思いますが、近年ではWeb上[…]

リモートワークは加速する? 減速する?

そもそも今後リモートワークがどうなるか? という疑問が浮かびます。今後、減速する働き方であれば、この記事は不要かもしれません。

ところが、コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言の解除後にとった「社長100人アンケート」によると、実に90%が今後もリモートワークを継続すると答えています。

さらに、今後デジタル化のための投資を増やすという回答が63.6%あり、そのうち87%はリモートワークへの設備や機材への投資なのだそう。

この結果からも、リモートワークはこれからの働き方として、特殊なものではなくなると考えられます。

つまり、リモートワークにいつでも対応できるスキルがこれからの社会で求められているのです。

参考:社長100人アンケートhttps://www.nikkei.com/article/DGKKZO59805880R30C20A5MM8000/

まとめ

これからの社会で必要なスキルの一つとして、今回はリモートワークとは切っても切り離せないタスク管理術についてまとめてみました。

Withコロナ時代の働き方として、リモートワークの標準化が加速する昨今、メリットを生かすためにもデメリットをひとつずつ紐解いていきましょう。

タスク管理術は、さらに効率的なリモートワークを実現するための土台となります。そのため、これまで以上にタスク管理に向き合う必要があるのです。

>TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackは、タスク管理とチャットが同時にできる「業務コミュニケーションのしやすさ」に特化したオンラインワークスペースです。コミュニケーションツールとタスク管理ツールを行ったり来たりして、二重に管理の手間がかかる問題をスッキリ解決します。

CTR IMG