自宅では集中できない人のためのピアプレッシャー活用法

多様な働き方が認められつつある時代です。会社のオフィスに通って仕事をする人だけではなく今では自宅やレンタルオフィス、コワーキングスペースで働くフリーランスやリモートワーカーも増えてきました。しかしフリーランスや会社員でリモートワーカーの仕事をはじめると、

  • 集中できない
  • だらけてしまう
  • 生活リズムが乱れてしまう

といった悩みをもつ人も多いのです。学校や会社などの集団の中で仕事をしていた人が急に1人で仕事をはじめても孤独な環境で集中して仕事をし続けるのは難しいのではないでしょうか。

集団の中の同調圧力(ピアプレッシャー)はネガティブな解釈をされがちですが、うまく利用することで自分の味方になります。ピアプレッシャーを味方につけて仕事に集中し成長しましょう。

孤独に仕事をするとやる気がでない悩みはありませんか

フリーランスになりたて、リモートワークをはじめたての人の多くが自由になる反面、不自由によって受けていた恩恵を手放すことになります。孤独になることでモチベーションを保てなくなったり生活リズムを崩してしまったり、だらけしてしまったりする悩みに直面する人も多いのです。

私自身もフリーランスとして独立した当初は自宅で集中できず、仕事も捗らなかったためすごく悩みました。独立する前は職場の同僚や上司に囲まれながら仕事をするのが当たり前でした。しかし急に1人で仕事をはじめると思っていた以上にうまくいきませんでした。

そこで改めて、ひとりではなく集団の中にいることで得られる良さを再発見することができました。フリーランスやリモートワークで仕事のやる気が出ずにペースが崩れてしまう悩みを持っている人は珍しくありません。

ピアプレッシャーを味方につけよう

ピアプレッシャーを味方につけましょう。ピアプレッシャーとは、日本語で同調圧力のことです。集団に中にいると集団内の規律や価値観、行動様式に従わなければいけない圧力があります。例えば自宅で1人で仕事をしているとき、疲れたらすぐに横になってしまったり、仕事と関係のない読書やゲームをはじめてしまったりすることもあるのではないでしょうか。

同調圧力というとストレスの原因になるなど悪い側面が目立ちがちです。例えば、

  • 職場で仕事が終わっているのに周囲の人が残っているので帰りづらい
  • 職場の飲み会の誘いを断りづらい
  • 職場の人の多数派の意見に流されてしまう

などです。しかし上手く利用することで、心強い味方にもなるのです。特に日本人は場の雰囲気や空気に流されやすいと言われています。しかし良い方向に流されるのであれば、その流れに自分から乗るのも一つの仕事を捗らせるために有効な方法になります。

ピアプレッシャーのメリット・デメリット

ピアプレッシャーにはメリットとデメリットがあります。ピアプレッシャーは有り体に言えば、毒にも薬にもなるのです。ピアプレッシャーを味方につけるためには薬を服用するのと同様に、正しい使い方と副作用を知っておく必要があります。

ピアプレッシャーのメリット

ピアプレッシャーのメリットは

  • 人の目があるため仕事に打ち込みやすくなる
  • 作業効率の高い集団の中にいると自分の作業効率も上がりやすくなる
  • 周囲に追いつこうとする意識が生まれ1人の時よりもやる気になる
  • 適度な緊張感と競争意識で生産性が向上する

簡単に言えば集団の中にいることで人の目を気にするようになるため自宅のように、簡単にベッドに転がったりしづらくなります。少し疲れても周りの人が仕事をしているのをみて、もう少し頑張ろうと思えるようになります。

特に効果があるのは生産性が高い人やテキパキと仕事をしている人が近くにいる環境で仕事をすることです。ハーバード大学の研究調査ではピアプレッシャーを活用することで、作業効率で17%改善したというデータもあります。

企業ではピアプレッシャー を生産性向上に活用する事例も少なくありません。例えば、とある小売業ならばレジ打ちにかかる時間を1人1人計測してランキングにすることで競争意識をもたせることで従業員の仕事の効率を高める意識づけをする工夫もあります。

ピアプレッシャーのデメリット

ピアプレッシャーにはデメリットもあります。

  • 職場なら仕事が終わっても帰りづらい雰囲気が生まれる
  • 過度なプレッシャーはかえってストレスの原因になる
  • 周囲と自分との過当競争で強い緊張状態になる
  • 周囲から悪い影響まで受けてしまう

例えば職場なら仕事が終わっているにも関わらず周囲の人が居残っているので帰りづらくなってしまう、ストレスの原因になる、周囲と比べて競争してしまうあまりに無理をしてしまうなどの弊害もあります。

人は当然、一人ひとりに個性があります。長時間仕事をしていても疲れない人もいれば、無理が効かない人もいます。無理が効かない人もピアプレッシャーの中で1人で仕事をする以上に集中力が持続することもあります。しかし、それが行き過ぎると無理が生じてしまいます。そしてピアプレッシャーも行き過ぎると過度な長時間労働や過労、ストレスを引きおこします。

ピアプレッシャーを味方につける具体的な方法

自宅で働いている人やリモートワークの人がピアプレッシャーを味方につける具体的な方法をご紹介します。私自身も自宅で1人で仕事をすると集中できないためピアプレッシャーを上手く利用して仕事をしています。

コワーキングスペースやカフェを利用する

コワーキングスペースを利用できるなら上手く活用しましょう。自宅から場所も切り替わるので気分も切り替えやすくなります。コワーキングスペースにはフリーランスやリモートワーカーをしている多くの人が、それぞれ自分の仕事に励んでいます。そんな環境の中では周囲のピアプレッシャーが働きます。

コワーキングスペースが近くになければ、勉強している人や仕事をしている人が多く利用しているカフェで仕事を進めても同じような効果が期待できます。

実際に自宅では仕事が捗らずにコワーキングスペースを利用する人も少なくありません。コリビングという、フリーランスやリモートワーカーが集まるシェアハウスに一時的に住んで共同で仕事をすることでモチベーションを高めている事例も最近ではよく見られます。

みんなで一緒に作業に取り組む

エンジニアの世界ではハッカソンという言葉があります。Hack(ハック)とmarathon(マラソン)から生まれた造語です。プログラマーやデザイナーからなる複数のチームがマラソンのように数時間から数日間、与えられた時間を徹して仕事に没頭しアイデアや成果を競い合う開発イベントがハッカソンです。

ちなみにライターの世界でも作業ソンというハッカソンから生まれた造語がありライター同士で集まり執筆活動をするという会もあります。リモートワーカー同士で実際に場に集まらずコミュニケーションソフトを利用してオンラインでポモドーロテクニックなどを利用して同時に仕事をするオンライン作業ソンという活動もあります。

私自身、エンジニア・デザイナー・ライターなどの仕事をされている方との交流もありオンラインでもオフラインでも一緒に作業する時間を共有することで、気を引き締めて仕事に取り組むことでモチベーションを保ちつつ仕事を進めることもあります。

仕事の成果を発表しあう

仕事の成果を発表し合うことを事前に決めておくと、より仕事の時間、集中しやすくなります。例えばハッカソンや作業ソンをしたのに全く仕事が進まなかったとは発表しづらいものです。仕事の成果を発表すると決めておくことで他者からのフィードバックやチェックが入るため、より仕事に集中できます。

モチベーションの高い人と一緒にいよう

ピアプレッシャーはうまく使えば自分の追い風になります。しかし、それは高いモチベーションの集団の中にいればという条件付きです。モチベーションが低い人と一緒にいると却って、仕事が捗らなくなることもあります。例えば極端な事例ですが周囲がお酒を飲んで遊んでばかりいる中で1人で黙々と仕事を進めると気が散るのではないでしょうか。それか仕事ができる雰囲気ではないと諦めて一緒にお酒を飲んで仕事を中断してしまうかもしれません。

モチベーションを上げるならモチベーションの高い集団の中にいることが大切です。

モチベーションの低い人と一緒にいるのは逆効果

モチベーションの低い人と一緒にいるのは逆効果です。周囲がダラダラと仕事をしたり、仕事と関係のない話をしている中で仕事を進めると気が散る人も多いでしょう。

例えばコワーキングスペースの中には夜になると飲み会や談笑の場として利用されるところもあります。そんな雰囲気の中で、同じスペースで周りが飲んだり遊んだりしている中では仕事に集中しづらいのではないでしょうか。コワーキングスペースが交流の場になることは、もちろん悪いことではありません。しかし、仕事の納期が迫っている人が作業効率を高めるためにコワーキングスペースに来たのに、その状況では逆効果になってしまいます。

私がしばらく利用していたコワーキングスペースの中には頻繁に飲み会が毎晩、開かれるところもありました。それはそれで良いのですが独立当初に夜も仕事をしないと間に合わない状況が続いていた頃に、1人で仕事を進めながら周囲は、皆、ボードゲームをはじめたり飲み会をはじめたりする環境でした。結局コワーキングスペースでは仕事が進まず近くの喫茶店に行きひとりで仕事をするということもよくありました。

自分がそもそもどうありたいのかを理解する

自分がそもそもどう在りたいのかを理解することが大切です。例えば自分が集中して仕事に取り組みたい状況ならば、同じように取り組んでいる人と一緒に仕事をする方が良いでしょう。逆に交流や楽しく過ごせる時間を求めているのであれば、そのような交流がある場を選ぶ方が良いでしょう。

つまり自分がどう在りたいのかを理解し、自分に合った集団を選ぶことが良いピアプレッシャーを味方につけるうえで必要です。

マネージャーの仕事はピアプレッシャーのコントロール

ピアプレッシャーをうまく活用するべきなのはフリーランスや在宅ワーカーだけではありません。むしろ集団やチームで仕事をすることが前提の人達こそ、ピアプレッシャーとうまく付き合っていかなければなりません。フリーランスや在宅ワーカーはピアプレッシャーで悪い影響を受けるなら集団から自由に離脱することもできるからです。

しかし組織やチームで仕事をするとなるとピアプレッシャーがあることを前提に仕事を進めなければなりません。だからこそマネージャーはピアプレッシャーがどのように組織やチームに影響を与えているのかを常に確認しうまくコントロールするべきです。

適度な緊張感を上手に利用する

マネージャーは適度な緊張感を上手に利用するべきです。集団の中では良い影響も悪い影響も伝播していきます。組織やチームをどのように設計したいかでマネージャーはうまくピアプレッシャー の緊張感を活用しなければいけません。

例えば私が大学や小学校で働いていたときは、学生が課題に集中しなければいけないときに騒いだりする学生や児童に対しては、かなり厳しい態度をとっていました。学生や子供同士のおしゃべりはすぐに伝播してしまうからです。だからこそ課題が終わった学生にはすぐに別の課題やタスクを与えるなどして集団の個々それぞれが仕事や作業に没頭している状況になるように心がけていました。

しかし個々が集中して何かに取り組んでいる空間をつくり出すことができればピアプレッシャー が追い風になり教室・学級に一体感も出て学習効果も出やすくなります。小学校で100ます計算を一斉に取り組む時間を設けるのも一種のピアプレッシャーをかける狙いもあります。

ピアプレッシャー が悪い影響を与えてないか注意する

ピアプレッシャーが悪い影響をチームや組織に与えていないかも注意する必要があります。例えばよく話題になるのが、

  • みんなが残っているから定時に帰れない
  • 営業成績などのノルマを貼りだされることがストレスになる
  • 集団の中でいじめが起きる

などです。ピアプレッシャーが悪い方向に働いている場合、立場が違うマネージャーがリーダーシップをとり悪い流れを断ち切らなければいけません。ピアプレッシャーが強く働いている環境では根拠になる役職・役割がなければ発言しづらいこともあるからです。

例えば仕事が終わったら定時が過ぎれてば帰るように促す、営業成績や仕事の業績を貼り出したり共有したりすることがチームの雰囲気を悪くしているならやめる、集団の中で陰湿ないじめなどがあれば個別に当事者を呼び出して注意するなどチームや組織の動向を細かく確認し丁寧で迅速な対応をするべきです。

早く行きたければ、ひとりでいけ。遠くまで行きたければ、みんなで行け

アフリカには「早く行きたければ、ひとりでいけ。遠くまで行きたければ、みんなで行け」という諺があります。

時として集団やピアプレッシャーに左右されずに自分ひとりの環境に身を置いて集中する方が早く課題や目標を達成することもできます。私自身、独立して余裕がなかった頃に周囲が既に実績を出しているフリーランスで短時間しか働いていない人や、遊んでばかりいる人に囲まれていたことがあります。当時、あまり集中できずに、ひとりの環境に身をおくことで早く自分の目標に達することができました。

しかし大きなことを成し遂げるにひとりの力だけでは難しいことも多々あります。遠くまで行くためにはチームを組んだり会社を組織したりしてピアプレッシャーありきの仕事を個々が進めなければいけないこともあります。遠くに行くためにはピアプレッシャーと個々がうまくつきあう必要もあります。マネージャーがいるチームや組織ならピアプレッシャーでうまく舵とりをしなければいけません。

まとめ

  • ピアプレッシャー(同調圧力)はネガティブな文脈で捉えられることも多い反面、うまく使うことで自分の味方にもなります。自分が良い影響を受けれる集団に身を置けばピアプレッシャーによる恩恵を十分に受けられるでしょう。
  • フリーランスやリモートワーカーで自宅で集中できない人はコワーキングスペース・コリビング・喫茶店などでピアプレッシャーが適度に感じられる環境で仕事をすることで、仕事が捗ることもあります。
  • チームや会社で働く場合はピアプレッシャーと上手に付き合わなければいけません。特にマネージャーはうまくピアプレッシャーが悪い方向に働いていたらリーダーシップをもって良い方向に修正する必要があります。

新入社員「オレ、定時で帰ります。」上司より先に退社キメてみたら…

この記事を読む

イチオシ記事

最新情報をチェックしよう!
>TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackは、タスク管理とチャットが同時にできる「業務コミュニケーションのしやすさ」に特化したオンラインワークスペースです。コミュニケーションツールとタスク管理ツールを行ったり来たりして、二重に管理の手間がかかる問題をスッキリ解決します。

CTR IMG