事例紹介
2018.07.25

もし良いオフィス環境作りが出来ているのならば、生産性も向上するのか?

あなたは1週間のうちにどれくらいの時間オフィスで仕事をしていますか?たぶん一般的な人は、週休2日と考えると、5日×8時間。おおよそ40時間という計算になります。長い時間いるオフィスが、もし自分にとってあまり好ましく思っていなかったら、かなり負担になりますよね。また、オフィスにいることに慣れてしまって、気づかない間に、生産性が低くなるような物の配置や行動をとっている場合もあると思います。今回は、福利厚生としても注目されてきたオフィス環境について詳しく見ていきたいと思います。

▼目次

  1. 良いオフィスってなんだろう?
  2. あなたのオフィスは?
  3. 最新のトレンドは?
  4. オフィスだけが仕事場ではない!

良いオフィスってなんだろう?


まずは、どういうオフィスが良いオフィスとしてとらえられているのか、自分の感覚も含めながら詳しく見ていこうと思います。

日ごろからきれいにしてある

まずは前提条件として、きれいなオフィスが良いです。汚いオフィスで仕事をしても、不快な思いに駆られて、集中することができませんよね。なのでまずはきれいというのは絶対条件です。またトイレに関しても綺麗な方が利用しやすいと思います。

適切な温度や湿度が保たれている

目には見えませんが、もちろん大事な要素だと言えます。夏の暑い日に温度が高くてムシムシしていたら集中して仕事に取り組むことができません。また反対も同じように言えます。なのでオフィスはいつも季節に合わせて、快適な温度・湿度を保つことが必要だと言えます。

コミュニケーションがとりやすい場所

ヒトとのコミュニケーションはどのような会社にいっても必要です。デスクの仕切りがある場合は、その場でのコミュニケーションが生まれる確率が減るので、コミュニケーションを活発化したいのならば、人との距離を少し近くしましょう。

休憩スペースがある

すこし休憩を取りたいというときに、デスク以外のスペースが欲しくなりませんか?ずっとデスクと向かい合っていては、集中力は下がり、生産性が落ちることは間違いありません。
また、休憩スペースでのコミュニケーションで新たなアイデアが生まれる可能性もあります。

植物がある

よく植物がおいてある会社が多いと思いますが、実は植物(緑)が置いてあることによりリラックスする効果があることが研究で証明されています。逆に緑のないオフィスを想像してみてください。少し堅苦しいイメージがわきませんか?なの植物が多少おいてあるような環境がいいですね。余談ですが、自社でも植物は目に見えるところに設置してあります。

あなたのオフィスは?

さて良いオフィスの条件を見たので、あなたのオフィスの状況を確認してみませんか?

  • オフィスは清潔になっているか
  • 相談しやすい場があるか
  • 快適な空間作りが出来ているか
  • 軽く休憩を取れる空間があるか
  • 無機質にならないように植物があるか

オフィスを今すぐに変革するというのは難しいことで、急に「休憩スペースを作れ」などと言われても無理がありますよね?なので、清潔にすること過ごしやすい快適な空間を作ること植物を置くこと。この3つは最低限守るようにしましょう。

最新のトレンドは?

さてここまで良いオフィスの特徴や確認をしていきましたが、次に最近のトレンド、自分が面白い、ぜひ利用してみたいと思うオフィスを紹介したいと思います。

パーク・コーポレーション


青山フラワーマーケットを展開するパーク・コーポレーションでは、オフィス全体に植物を配置して、緑が見える面積を増やしました。上記は、イメージですが、通路に置くだけではなく、自分のデスクにも植物を導入したりしています。実際に企業の業績も上がっていて、4年間で4倍もの売り上げにもつながったようです。床の素材も木材を使うなどの徹底ぶりです。確かに植物に囲まれた職場で仕事が出来たら、リラックスしながら仕事が出来るので、あまりストレスがたまらずに仕事が出来そうですね。
参照:リフォーム産業新聞 

シーエー・モバイル


一度のチームハッカーズ内での記事でも紹介をしましたが、オフィス内にカフェを設置しています。最近ではオフィス内にカフェを取り入れる企業が増えていて、就職した人もカフェがあったりと雰囲気がいいので就職したという声も聴いたことがあります。少し休憩したいときに、ほっと一息つけるようなカフェがあれば、集中力が上がるのは間違いないですね!!
参照:チームワークが向上する?昔から飲み続けられているある飲み物とは?

オフィスだけが仕事場ではない!

前項では、オフィスのトレンドについて見ていきました。オフィスのみが仕事場だとおもっていませんか?次に最近注目されている仕事場をご紹介します。

その前に、皆さんは「リモートワーク」という言葉をご存知でしょうか?リモートワークとは、オフィスではなく遠隔で働くことを指します。リモートワークはテレワークや在宅ワークなどとほとんど同じような意味で昔から利用されていますが、働き方改革が進んできてからは、より注目を集めるようになりました。リモートワークの代表例と言えば、「家での仕事」です。実は、家も仕事場として利用することが出来るのです。またカフェなども仕事場として利用することもできます。実際に自社では、リモートワークを積極的に利用している人もいます。自分もできるならば、リモートワークで働きたいと思いますが、独り立ちできる能力がないのでまだ先になりそうです。このようにリモートワークという働き方は今後増えていくに違いありません。これからのリモートワークの動きに注目をしましょう。
またリモートワークに関してもっと知りたいという方は下記の記事を参考にしてください。
オフィスワークとリモートワーク、どちらのほうが生産的なのか?
エクストリームチーム「ネットフリックス」の例:休日無制限制リモートワークで多国籍企業となる

まとめ

いかがでしたでしょうか?オフィスの環境が整っていれば、自ずとやってやろうというモチベーションにもつながり、集中することが出来るので生産性も上がります。あなたも自分のオフィス環境を見直して、全体の生産性向上につなげてみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事