「お盆休み気分のフリーランス」Twitterのつぶやきからフリーランスの休日を考える

「お盆休み気分のフリーランス、土日にレスが遅くなるフリーランス、まじで大丈夫か。都合の良い時だけ会社員ぶってんじゃないよ。」お盆休みに目にしたこのつぶやき。あなたはどう考えますか?

Advertisement

在宅ワーカーに休日はあるのか?

フリーランスにあたる在宅ワーカーの働き方は自由なので、家族に合わせて土日を休日とする人もいれば、都合に合わせて不規則に休みを取る人、はたまた休みを取らない人まで多岐に渡る働き方をしています。海外に住んでいながら、日本の仕事を請け負う在宅ワーカーもいるので、必然的に時間や休日がずれてしまうことも少なくありません。それはお盆休みやお正月、ゴールデンウィークのような長期休暇も同様で、休日の取り方は本人次第です。

在宅ワークをしている方は、休日に送られてきた仕事のメール、返信しますか?それとも休み明けまでメールは開きませんか?また、休み中に空いた時間があれば仕事をしますか?在宅ワーカーの休日の取り方について、様々な意見を聞いてみました。

在宅でデザインをしているママワーカーはどう考えたか

子育て中のママからも注目度の高い在宅ワーク。子どもを保育園に入園させなくても働けるという点でママ在宅ワーカーは増加しています。実際にワンオペ育児をしながらも在宅ワークをするママはどんな休日を過ごしているのでしょう。

何のために在宅ワークを選んだのか考える

育休が明けるタイミングで保育園に入園できなかったことが在宅ワークの始まりでした。現在子どもは小学生になり、会社に通勤することも可能になりましたが、それでも在宅ワークを続ける彼女。「必要な時にはフットワーク軽く子どもに寄り添える環境でいたい」と話します。

そんな彼女の休日は、仕事は一切しないと決めているそう。メールも返さない、仕事の電話は対応しない、空き時間も仕事はせず家族とできること、家族のためにできることをしたり、家族で「何もしない」を楽しんだりするのだとか。このツイートを見て自分のことかと一瞬ドキッとしたそうです。

このような休日の過ごし方に、申し訳ないという気持ちや仕事が溜まる焦りを感じることもありますが、いつも心がけているのは「自分は何のために在宅ワークを選んだのか」ということ。「家族」という組織の中で、夫と子どもをサポートする役割と仕事とを両立させるために在宅ワークを選んだのだから、家族の日は家族の日として過ごすと決めてスケジュールを組むのだそうです。

休日でもインプットは欠かさない

そうはいっても好きでしている在宅ワークなので、休日も頭の中は仕事のことを考えているのです。出先のポスターの構図、最近の流行り、電車の中で目につくものは何か・・・などインプットのチャンスは逃しません。休日に家族といることで、子どもと過ごすからわかること、夫と過ごすからわかることがあるのだと話します。

デザイナーという職種に限らず、休日からインプットできることがあるのではないでしょうか?例えばライティングの仕事をしているのなら、子どもと読む本や見かけるキャッチコピーから学ぶこともあるかもしれません。いづれにせよ、個人事業主として働く在宅ワーカーには学ぶことがたくさんあります。丁寧な言葉遣い、されたら嬉しい気遣い、マナーなどは一歩仕事から離れたところからも再確認できるのかもしれませんね。

この場合、体は仕事をしないけれど、頭の中は仕事モードをOFFにせずに過ごす休日になるでしょう。

在宅起業で法人化を目指す若手経営者はどう考えたか

20代のフレッシュな男性がいます。最近会社を辞め在宅起業をしたのですが、「仕事とプライベートの境はない」といいます。仕事もプライベートも全てひっくるめて自分と捉える彼の休日の過ごし方を聞いてみました。

経営者に休みはないよ!という先輩の声

「経営者に休みはない」という先輩の声に覚悟を決めたこともあり、休日という概念がないと話します。休日がないといっても、「月月火水木金金」というような休日返上で働くという意味ではありません。カレンダーでいう赤い日が休日ではなく、365日どの日も仕事である中で365日休む機会があるという意味で、いつ何時もできることをしているそう。

経営者に休みはないというと過酷なイメージが強いけれど、どの日も働くことができて、どの日も休むことができる柔軟な働き方をしていると考えているのです。休日を取るとすれば、結婚式やコンサートなど絶対にその日ではないとできない予定の時に優先して休みを取ります。予定を入れたとしても、その前後の時間を仕事に充てる場合もあり、緊急の対応などは予定の最中でも受けることがあるそうです。急な仕事や会議に対応できるようスケジュールには余裕をもち、近くなるにつれ埋まらなかった日には友人との飲み会や美容院の予約を入れます。

さらに、仕事の空き時間にもプライベートが織り混ざっており、隙間時間にはジムに行ったり病院に行ったりしているので、時間でいえば土日に休む時間程度の休みはとれています。ただ、髪を切っていてもメールは返信するし、電話はいつでも受けられる状態でいるというだけの話。どちらかといえば、休日だからとメールや電話対応を溜めてしまうのが苦手だそうで、その状況を第三者が見ると、休日がない働き方になるのかもしれませんね。

達成までは休まない。でもそれも楽しめる

休みがないとは思っていないのが彼の働き方の強みといえます。オフの時間を過ごしていても必要に応じて仕事スイッチが入れられる働き方を楽しんでいるように見えるのです。その働き方は目標を達成するまでは続けるといいます。一見休めていないようで、実は時間を有効活用できているともいえる、オンオフのオールマイティープレイヤーなのです。

副業在宅ワーカーの会社員はどう考えたか

普段は会社員、空いた時間で在宅ワークに取り組む副業在宅ワーカーは、休日についてどんな考えを持っているのでしょう。もちろん本業である会社の休日は土曜日と日曜日、そしてお盆やお正月、ゴールデンウィークのような長期休暇、有給休暇もあります。その働き方に慣れているからこその、在宅ワークへの取り組み方をしています。

「休みは休む」今までの働き方は変わらない

会社で働いていると「休みは休む」が染み付いています。休日は連絡がとれないのは当たり前なので、休み前は仕事が詰まります。この日までにやらねば!と思いながら仕事を進めているので、最初から休日はカウントしていません。休日に返事がこないことに疑問もなければ、返事をしないことにも疑問を持ちません、と話します。

ただ、副業で在宅ワークをしているので、基本的に取り組む時間は就業後や休日です。副業在宅ワーカーの彼にとっては在宅ワーク自体が休日にやることなので、在宅ワーク専業の人とは少し違うといえますね。

「今日は仕事をしない」と決めた日や出かけている時には本業を含め、仕事に関することは一切しません、と一貫した働き方をしています。

意識はしないが休み明けを楽にするためにも仕事をする

「休みは休む」という過ごし方をするけれど、敢えて仕事をシャットダウンするかといったらそうではないようで、休日でも仕事をする時はしています。でもそれは、休み明けの自分を楽にするための投資だというのです。

例えば、翌週に飲み会があるとします。そうすると、飲み会の夜にする分の在宅ワークができなくなりますよね。それを飲み会の夜以外にやろうとすると睡眠時間を削ることになるので、それを避けるためにも休日に仕事をしておくのです。余力があれば前倒しで仕事をしておくとあとが楽になるので、それもいうなれば未来の自分への投資になります。誰が何といおうと、休みは自分の好きに使っているだけと話します。

休みの前に準備をしておくこと

休日に関しても人それぞれの考えがあるということがわかります。では、このツイートにドキッとすることなく、休日を快くわだかまりなく過ごすためにできることはあるのでしょうか?

メールの自動返信

メールの返信が気になるようなら、メールの自動返信機能を活用してみてはいかがでしょうか?送られてきたメールに対し、本日は休日であること、返信ができる日はいつか、場合によっては急ぎの際の連絡先と返信が遅れるお詫びを記載し、休日に送信されるよう設定しておきます。

自動返信を設定しておけば、返事がないことに不安を持たれることも不快感を与えることもなく、メールを気にせずに休日を過ごすことができるかもしれません。

長期休暇に入る場合はあらかじめ休暇の日程を伝えておく

在宅ワークをする中で、仕事が進行している途中に休日を取ることもあるでしょう。もしくは、相手と休日が異なることもあるでしょう。特に長期休暇に入る場合は、余裕を持って休暇の日程を伝えておきます。

「◯月◯日から◯日まで、お休みを頂戴しております。その間のご連絡事項は◯月◯日以降に順次返信させていただきます」など、その間は対応できないことを早めに伝えておけば、相手にとっても必要なことは休みに入る前に進めることができます。そして、必要に応じて緊急の連絡先を伝えておきます。もし自分に代わり対応ができる人がいるようなら、休みの間の仕事は引き継いでおき、その連絡先も伝えておきます。突然休みを知らされるより、前もって伝えておくことで休み直前にバタバタし後ろ髪を引かれながら長期休暇に入らずに済みますね

休みを見越したスケジュール

休みたい日が決まっているのなら、その直前に慌てて仕事をしなくても良いようなスケジュールを組んでおきます。休みの前日に締め切りや納品日を設定してしまうと、万が一の不備に対応できなくなるので、日程には余裕を持ちましょう。気持ちの面でも心残りがある状況で過ごす休みはスッキリしませんし、仕事相手に迷惑をかけることもないでしょう。

長期休み明けの心がけ

少なからず自分の休日で誰かをお待たせした場合、休み明けはどのようなことに気を配れば良いでしょう?「お休みありがとうございました!」とお土産を配ることのできない在宅ワーカーは、ちょっとした心がけでお土産に代わる休みのお礼の気持ちを伝えます。

保留になっていたメールの返信

休日に送られてきたメールの返信はなるべく早く行います。電話の折り返しも同様に早めにお返ししますが、その間返答を待っていただいたお礼を添えると良いでしょう。休暇の日程を伝えていたのなら、休み明けすぐに連絡がくると考えている可能性もなきにしもあらず。もしも海外旅行に行くようなら、時差ボケを加味した仕事再開日をお知らせすることをお勧めします。

休みは終わり!しっかり切り替えよう

楽しすぎる休日を過ごしたとしても、ただただ寝て過ごしたとしても、休日明けはエンジンがかかりにくいことが考えられます。誰もお尻を叩いてくれない在宅ワーカーは自分の力で切り替えて、たとえ休みボケをしていても、悟られないようにせねばなりません。お盆休み気分はお盆休みで終わり、これだけはどの働き方でも共通です。

まとめ

在宅ワーカーの休日を考えるきっかけになった今回のツイート。いかがでしたか?休みの取り方は誰が正解ということはありません。まだまだ新しい働き方である在宅ワークを作っていくのは他ならぬ今在宅ワークをしている世代といってもいいでしょう。働き方も自由な分、休み方も自由です。ですが、クライアントあっての在宅ワーク。働き方の工夫と同様に休み方の工夫にも気を配ってみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
Advertisement
>TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackは、タスク管理とチャットが同時にできる「業務コミュニケーションのしやすさ」に特化したオンラインワークスペースです。コミュニケーションツールとタスク管理ツールを行ったり来たりして、二重に管理の手間がかかる問題をスッキリ解決します。

CTR IMG