ベンチャー的新しいチームマネジメント方法とは?【記事4選】

新たな技術・サービスを提供する会社のチームマネジメントは従来型のトップダウンでは限界がきています。

今回は多くのベンチャーが取り入れている新しいチームマネジメントを紹介します。また従来のチームマネジメントとの違いを紹介するとともに、実際のベンチャーチームマネジメントの実例や従来チームマネジメントの限界などを紹介したチームハッカーズの記事を4つ紹介します。

Advertisement

今問われる会社のチームマネジメントのあり方

昨今、ベンチャー企業が取り上げられる中、会社のチームマネジメントのあり方が問われるようになってきています。チームマネジメントとは、生産性向上を目的にして、チームとして能力を最大限にパフォーマンスするために必要なものです。また、チームマネジメントにおいてリーダーがやるべきことはメンバーを育成し、個々人が能力を最大限引き出すことです。このマネジメント方法が従来型とベンチャーが行なっているものは大きく変化しています。

従来型のチームマネジメントは、リーダーの能力に基づいた自信によって、部下に対して説明・指令をして仕事をさせるというものでした。また説明・指令を受けた部下は、その仕事に対してロイヤリティ(忠誠心)・コミットメント(思いやり)を持って遂行していました。そのロイヤリティ・コミットメントが高い人ほど有能な人だと評価されてきました。

しかし、新しいチームマネジメントは従来型とは大きく異なるものです。新しいチームマネジメントは、会社の目標や理念を共有し、それに基づいて、社員の自主的なやりたいことを引き出し、自分で考えて行動させるのことこそがチームマネジメントとされています。そのことによって、働く側が、自分で工夫して取り組むことができ、やる気の向上にもなります。また、働く側は考える力・工夫する力があることが評価されます。多くのベンチャー企業はこのチームマネジメント手法によって成長しています。
つまり、今までの上からの指示で動く規律型チームマネジメントから自分で考える自律型のチームマネジメントへのシフトが起きているのです。

ベンチャーからみる新しい時代

ベンチャーの特徴として、PDCAサイクルの速さが挙げられます。
しかし従来型の上からの指示を待つというトップダウン形式のチームマネジメントだとPDCAサイクルを早く回すというのは難しいです。また、従来企業の場合、Plan(プラン)をする場所が、現場から遠い会議室で行われていて現実とのギャップがある、また根回しなどPに時間をかけすぎていて、Do(実行)をする時、下に伝わる時にはすでに時代遅れなんてことがよくあります。

これが自立型の新しいチームマネジメントの形になると、全員が主体的に動くので、PDCAに直接関わり、PDCAサイクルを回すスピードが早いです。なので時代とのギャップもなくDo(実行)でき、そのあとに有効なCheck(評価)Act(改善)をすることができます。また全員が動くので現場とのギャップも生まれにくいというのも特徴です。このようにベンチャーは成長を続けていき革新的なサービスを提供しています。

ベンチャー的思考によるチームマネジメントに関しての記事4選

Airbnbスタイルの事業計画の組み立て方

自律型チームマネジメントをしようと思っても、どのような施策をうっていけばいいかわからなと思います。2008年に創業して、10年という短い間で利用者数を1億人にまで伸ばした会社です。世界一の民泊プラットフォームを作り出した会社の年間企画書はA4の紙一枚です。この年間計画書にはairbnb的な自主的に動くことを促すことを目的に作られています。成功実例から学ぶことによってこれからの新しいチームマネジメントの具体策が見えてくると思います。

>>この記事を読む

従来型のチームマネジメントの先には

今までは、働くことの意義を「賃金」に重きをおいてきました。しかし、今ではお金で働く若者は少なくなってきています。賃金以外に会社で働くことに価値・意義を提供しなければ、人材離れが進んでしまっているのが実情です。筆者はお金という見える価値ではなく、カンボジアで新規事業立ち上げができるという目に見えない無形資産で会社を選びました。そこにはどんな意図があったのか、これからのマネジメントはどうあるべきかがこの記事を通して見えてくると思います。

>>この記事を読む

考えながら行動できる人材育成のために

いくらトップが自主的に動くチームマネジメントをしようと、ただ「自主的に動け」とアナウンスしてもうまくはいきません。本当に自主的に動く人材育成をするためには、様々なコツが必要です。自分の欲求に基づいて自ら行動を選択できる環境づくりや、そのために必要なメンバーに対して傾聴する姿勢や一緒になって考えるという、従来型のリーダーと一線を画す新しいリーダーの特性が必要になってきます。新しいチームマネジメントのために必要な人材育成の方法についてこの記事では紹介しています。

>>この記事を読む

起業家マインドからこれからの時代を作る

最後は、少しチームマネジメントと離れますが、起業家たちの金言特集です。

スティーブ・ジョブスにしてもマーク・ザッカーバークにしても、多くの起業家は私たちが想像もできないほどの辛い状況を乗り越え、大きな成功を手にしてきました。そんな辛い状況を乗り越えた彼らの言葉は、失敗を恐れず挑戦するマインドを与えてくれます。

成功は失敗の中での試行錯誤の結果であるということを強く教えてくれます。

きっとこれから何かに挑戦しようとした時に背中を押してくれます。

>>この記事を読む

まとめ

いかがでしたか?
従来型のチームマネジメントから新しいマネジメントへのシフトをしています。

新しいチームマネジメントを取り入れることによって、PDCAの速度が上がり、業績が上がるかもしれません。ぜひこの機会に新しいチームマネジメントを取り入れてみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
Advertisement
>TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackは、タスク管理とチャットが同時にできる「業務コミュニケーションのしやすさ」に特化したオンラインワークスペースです。コミュニケーションツールとタスク管理ツールを行ったり来たりして、二重に管理の手間がかかる問題をスッキリ解決します。

CTR IMG