脱エクセルでタスク管理をスマートに~タスク管理の新定番「TeamHack(チームハック)」とは?

タスク管理ってどうにもめんどくさいですよね…。

おそらくあなたは「エクセルのテンプレを使って楽にタスク管理をしたい」と思って、この記事に辿り着いたのではないでしょうか。
ここでは、面倒なタスク管理をたった1つのツールを使って解決する方法を紹介しています。

まだまだ多くの人がエクセルでタスク管理を行う中で、これを読んだあなたにツールを使ってタスク管理をすることのメリットを知って頂けたら良いなと思います。

ということで今回は、タスク管理の新定番「TeamHack(チームハック)」の特徴や使い方についてみていきたいと思います。

TeamHack(チームハック)とは?

①タスク管理と情報共有が可能な唯一無二のツール

TeamHackは、タスク管理をしながら自然に情報共有ができる唯一無二のツールです。
現状、多くのツールは、タスク管理のみの機能、または情報共有のみのどちらか一方の機能しか導入されていません。
つまり、タスク管理と情報共有を自然に行なうことができる初のツールがこのTeamHackです。

具体的には、チャット機能を使うことで情報共有を行います。

チャット機能

タスクにはそれぞれチャット機能が付いています。
チャットを送ることで、タスクごとに情報の共有や蓄積を行うことができます(大きい赤枠)。
また、タスクに登録しているメンバーであれば、だれでもチャットを送ることができます。

さらに、下の小さい赤枠で囲んだ「TO」という機能を使うことで、情報を共有したい相手を紐づけすることができます。そのため伝えたい情報をすぐにメンバーへと伝えることができます。
このようにチャットツールとしての機能がかなり充実しています。

②タスクの「見える化」で効率的にプロジェクト管理を行う

TeamHackでは、作業状況の「見える化」が可能です。また、進捗管理グラフやタイムトラッキング機能が搭載されていて、作業の進捗や作業にかかる時間を容易に把握することができます。

ラベル機能

作業に集中していると、頼まれていたタスクを忘れたり、どのタスクから取り組めばよいかわからなくなったという経験はありませんか?
そんな時は、ラベル機能を利用することで、タスクの優先順位の管理やカテゴリー分けを行うことができます。

「タスク1」「タスク2」「タスク3」というのが実際に作成したタスクになります。
「タスク2」の欄を見ると赤枠で囲っている部分がありますが、これはラベル機能を利用することで追加したラベルです。今回は、仮ラベルとして「優先」というラベルを作成してみました。

このように、ラベル機能を使って優先度を見える化したりカテゴリー分けをしたりすることができます。
もちろん、担当者や期限などを自身で設定することも可能です。

ワンクリックレビューとソート機能

ワンクリックレビューでは、確認を促すメッセージがレビュー側に的確に届くため、メッセージの見逃しを避けることができます。また、ソート機能を搭載しているため、「作業状況」、「担当者」、「期限」などで検索することですぐに目的の情報へとたどり着くことができます。

③チームビルディングのための環境を構築する

TeamHackでは、チームビルディングの土台となる環境をWeb上で構築することができます。
全体を把握しながら、細部の問題まで1つのツールで詳細に管理することができるので、問題が生じた場合もすぐに対応することができます。

TeamHackを利用し、チーム内での情報共有のシステムを構築していきましょう。

なぜタスク管理にエクセルを使うのか?

多くの人は「普段から使い慣れている安心感」からエクセルを利用しています。一般的に見てもツールを使うことは「特別」で、エクセルでタスク管理をするのが「普通」という認識があります。

しかし、実際のところエクセルだけを使ってタスク管理を行なうのには限界があります。
なぜならば、エクセルの場合、素人がタスク管理のための「仕組みづくり」から始める必要があるからです。
「エクセルをつかって楽にタスク管理をしたい」と考えていたのに、なんだかめんどくさそうな仕組み作りから始めるなんて本末転倒ですよね。

そんな人にはタスク管理ツールの利用をおすすめします。

タスク管理ツールは、システム開発のプロが多くのノウハウを駆使し、ユーザーの利便性を追求しながら作られています。
つまり、「エクセルでタスク管理をしている人」と「ツールを使ってタスク管理をしている人」を比較した場合、後者のほうが、圧倒的に作業効率が良いという結果になります。
いくら使いやすくなじみ深いエクセルといえども、プロが作ったタスク管理ツールにはさすがに勝てません。

ただし、自社で詳細なカスタマイズをしたいという場合は、エクセルに分があると考えられます。それは、エクセルの一番の特徴が「自由度が高い」という点にあるからです。

しかし、効率的にタスク管理を行なうときに必要なのは「何をやらないか」という考え方です。

エクセルを使うと、自由にカスタマイズできる反面、仕組み作りに無駄な時間を費やし、本当に必要だったはずのタスク管理やプロジェクト管理、さらには情報共有といった重要な機能を有効に活用することができなくなる恐れがあります。

もしあなたが、エクセルでタスク管理をしているのならば、なにか心当たりがあるのではないでしょうか?

タスク管理のためには、さまざまなツールが作られていますが、それぞれのツールには必ず「コンセプト」があります。
たとえばTeamHackであれば「タスク管理からチームの働き方を変える」というのがコンセプトです。
ここで重要なのは、ユーザーであるあなたが自分たちのニーズに合ったツールを選ぶことです。
それぞれのツールのコンセプトを知り、このツールなら「タスク管理やプロジェクト管理、そして情報共有まで行うことができ、社内コミュニケーションの活性化にも役立つ!」と理解することが重要です。
これらを意識してツールを選択することができたら、効率よくタスク管理を行なうことができるのは間違いありません。

最後に

「タスク管理からチームの働き方を変える」

これはTeamHackを開発した当初から現在まで変わらない我々のコンセプトです。

TeamHackを開発した背景には、自社のタスク管理やプロジェクト管理に対する課題を解決するという目的がありました。
数人でシステム会社を立ち上げた時点では、エクセルと会話で成立していたものが、少しずつ人数が増えていくにつれタスク、人、時間が複雑になっていき、だんだんとチームメンバーやプロジェクトの全体の動きを把握することが難しくなっていきました。
それを根本的に解決できる方法はないかと模索し、スタートしたのがTeamHackプロジェクトです。

プロジェクトを進めるにあたり、他社のタスク管理の状況に関してもお話を伺い、多くの方がタスク管理に関して悩みを持つことを日々実感しています。

タスク管理というビジネス活動における永遠の課題をツールから考え、チームの働き方自体を良いベクトルに変えていくこと

それが、TeamHackの目標です。

このプロジェクトが少しでも多くの方の役に立てるよう、今後も皆様の声を元に、便利な機能を追加し続けていきます。

【PR】エクセルよりもシンプルってどういうこと?

TeamHackなら、プロジェクトの管理から情報共有まで、これ1つで全てが完結します。ソート機能を使えば、誰が何をやっているかが明確にわかります。タスクごとにチャットができるから、情報の錯綜もありません。プロジェクト管理者も作業者も、驚くほどタスク管理が楽になります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事