プロジェクトマネージャーに必須な7つのソフトスキルとは?

プロジェクトを円滑に進めていくためにはさまざまなことが必要となってきます。中でもプロジェクトを管理するプロジェクマネージャーは予算の管理、スケジュールの管理、リスク管理など管理するものがたくさんあります。
また、人間関係やコミュニケーションなどといったソフトスキルも必要になってきます。今回は、人間関係を改善すべく、またプロジェクトマネージャーが円滑にプロジェクト進めるために必要なソフトスキルについて紹介していきます。

ソフトスキルについて

まずはソフトスキルとは何かについて説明をしていきます。
ビジネスで必要なスキルは主に2種類と言われていて、ハードスキルとソフトスキルに分けることができます。

ハードスキル

まずハードスキルは、プログラミング能力やデザインをする知識、文章力など持っていると活用でき、お金を生み出すことができるようなものがハードスキルと言えます。ハードスキルを磨くためには、プログラミングを例にとって説明をすると、知識をつけてから、実際に何かを作ってみることでつけることが一番効率のいい方法だそうです。また取得までに時間がかなりかかりますが、一度自分のものになってしまえば、その後もずっと活用することは可能です。

ソフトスキル

一方ソフトスキルとは、ヒューマンスキルと言われるように、コミュニケーション能力やリーダーシップ能力など人間関係にあたるスキルは基本的にソフトスキルと言えます。ビジネスだけではなく、普段の生活にも必要なスキルと言えます。ソフトスキルを磨くためには、とにかく経験を積むことです。ソフトスキルは知識ではなく自分に染みついた能力なので、自ら主体的に人と関わるような行動をとることが必要です。

どちらが大事?

結論から言ってしまうとどちらも大事なので、どちらも持ち合わせていた方が理想的です。ハードスキルだけを極めた場合、エンジニアを例にとって説明をすると、コードを書くこともホームページをデザインすることもできるが、ソフトスキルがあまりないということで、自分のスキルを有効活用できなかったり、人と協力して何かするということが難しくなります。一方、ソフトスキルに偏った場合、デザインをしたことがないのにもかかわらずデザイナーを雇ったりと、どれくらいのスキルを持ち合わせているのか判断できなくなる上、無理難題を押し付けてしまう可能性もあります。なので極端にどちらかのスキルをつけようとするのではなく、両方バランスよくつけていくことが大事だといえますね。

プロジェクトマネージャのための7つのソフトスキル

ここからはプロジェクトマネージャーに必要不可欠な7つのソフトスキルについてご紹介します。

リーダーシップ

もちろんチームを管理する、引っ張ってくという上でマネージャーに求められるのはリーダーシップです。チームの特徴をつかむ・目標を決める以外にも、チームメンバーにタスクを振り分けるなどリーダーとして率先的な行動が必要になります。メンバーを引っ張っていき、いいチームを作り上げましょう。

動機付け

プロジェクトマネージャーとして必須なスキルで、他者の動機付けを行ないます。動機付けを行なうことで、他者のモチベーションUPにつながり、仕事の効率化やチーム自体の活性化を図ることができます。

コミュニケーション

コミュニケーションが円滑に取れないと、プロジェクトの方針などにズレが生じる場合がある。またコミュニケーションを上手くとることができれば、チームのメンバーからの信頼にもつながることになるので、積極的にコミュニケーションをとっていきましょう。
関連記事としてはコチラ!https://teamhackers.io/ideal-team-illusion02

コンフリクトマネジメント

コンフリクトマネジメントとは、職場で発生する衝突や対立を、組織の成長や問題解決に繋げていこうとする取り組みです。衝突や対立を上手く処理することで、職場での満足度、コミュニケーションの活性化を図ることができ、プロジェクト、チームもいい方向に進んでいくでしょう。

トラストビルディング

チームの信頼がない状態では、プロジェクトを期日通りに終わらすことが難しくなるでしょう。チームの信頼を得ることが、プロジェクト成功へのカギだといえるので、信頼を得れるような行動、心構えを常に意識しましょう。

意思決定

通常の仕事や緊急の場合にも意思決定は必要なものです。意思決定があいまいな場合、プロジェクトの方向性決めやチームにも迷惑が掛かってしまうことが多くなります。一方、決断がはっきりしている人であれば、チームの信頼を得ることができ、効率よく仕事を進めることも可能になります。

組織

組織にとってはプロジェクトがどれくらい進んでいるのか、利益をもたらしているかなど毎度確認するのはとても手間がかかります。なので一人プロジェクトをまとめる人がいれば、そういった情報を聞くことが出来る上、責任の有無もはっきりしているので、組織としてはいいことづくめだと言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。プロジェクトを上手くすすめるためにはこのような7つのソフトスキルが必要になってくるといえます。7つのソフトスキルを始めから持ち合わせている人はなかなかいないので、スキルを獲得するためにも積極的にプロジェクトマネジメントの補佐役を務めたり、人とのコミュニケーションを積極的に取るようにしましょう。ツールを使って、管理しやすくするのも大事です。プロジェクト管理ツールについては(https://teamhackers.io/project-management-app-2018)を参考にしてみてください。
また、ソフトスキル、ハードスキルはエンジニア、営業のひとだけではなく、ビジネスにおいて万人に必要なスキルと言えます。どちらかに偏るのではなく、どちらも持つようにすることで、自分の価値の向上につなげていけるようにしましょう。

プロジェクト管理の悩みに効くサプリ

現代の複雑化したビジネスの世界であなたのプロジェクトを成功に導くためには、高いレベルでプロジェクトを管理していかなければなりません。
そのために必要になるプロジェクト管理のための方法論とツールについて学んでいきましょう。

詳細を確認する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事