日本のビジネスマンはアジアで通用する?日本以外で働くという選択肢を持つ重要性

最近、「海外で働いてみたいのですが、どうすればいいですか?」という問い合わせを頂く事が増えました。

国内就職ではなく、海外に就職した方が「何となく楽しそう」という雰囲気が流れているように感じます。それに加えて、日本の閉塞感も、若者が海外に目を向けている理由の一つだと思います。

今回の記事では、「何も特別な能力はないけど、海外で働けるのだろうか?」に焦点を合わせて書いています。全くスキルはないけど、漠然と海外で働いてみたいという方は必見です。

仕事を選ばなければすぐにでも東南アジアで働ける

東南アジアでは、特別な能力がなくても働ける手段があります。特に求人が多いのが、コールセンターです。コールセンターの仕事は、フィリピン・タイ・マレーシアが有名です。コールセンターでは、日本からの問い合わせに対して日本語で回答する仕事になります。

周りは日本人ばかりで、上司も日本人。日本と全く変わらないじゃないかと言われてしまいそうですが、少なくとも東南アジアで暮らす事ができ、収入も十分もらえます。贅沢をしなければ、月に5万円~15万円貯金する事も夢ではありません。(会社の待遇による)給与に対して、物価が安いからです。

また、フィリピンには0円留学という制度があり、半日コールセンターをしながら、残りの半日は英語の勉強を無料でできるプランもあります。

(※「0円留学」と検索すれば、出てきます)

これであれば、食事や宿泊場所が提供されるので、実質0円で生活する事ができ、コールセンターの仕事をしながら、英語能力を磨く事が可能です。

このように、東南アジアでは現地の言葉や英語が喋れなくても就職する事はできます。

スキルと給与は基本的に比例する

海外で仕事をしていると、「スキルがあれば、給与が上がっていく」という当たり前の事実に気付かされます。

この点について、日本は独自の年功序列の給与制度があるので違和感を持つ人が多いです。しかし、スキルがなければ何歳になっても同じ給与のままです。なぜなら、同じ生産性の人に+αで給与を払う文化は海外にはないからです。

ここで注意しなくてならない点は、日本語しか喋れなくこれが私のスキルです!と胸を張って言えるスキルがないと、給与は全く変わらないという事です。その場合、他の候補者と差別化ができなくなり、結果としてレッドオーシャンの中で戦わないといけない事になります。

そうすると、いつ解雇されるかわからないですし(海外は終身雇用という発想はない)、いつまでたっても単純労働から抜け出せないという悪いサイクルに入ってしまいます。

上記を打破するには、「英語の能力を身につける事が先決」というのがぼくの考えです。英語能力があるだけで、大幅に職業の選択が増えます。なぜなら、多くの海外にある日本企業も英語ができる即戦力を欲しがっているからです。

英語を実務レベルで使える機会が増えてくれば、必ず責任のある仕事も任されてきます。それと同時に、仕事から様々なスキルを得ることができます。こうなってくると、「英語×スキル」で給与を上げる事が可能になります。

ぼくの場合は、

  • ビジネスレベルの英語
  • IT知識
  • 営業
  • ヘルプデスク
  • 教育

が、コアのスキルセットです。ITを導入したり、わからない人に遠隔で教えたりするのが得意なので、重宝されます。仕事を探す時にも上記のスキルが確実に活きていいます。職探しに困る事は、あまりありません。

スキルセットを身につけるのに大切な姿勢があります。それは、「仕事を任せたいんだけど・・・」と、オファーがあったときは「できます!」と手を挙げる事です。

ぼくも過去に、ホームページの制作・サーバーの管理など経験がない事にも果敢に挑戦しました。今思うと、「今ならもっといい仕事ができたな~。」と、思いますが、その当時は一生懸命やりました。おかげで、色んな事が学べましたし、ボスからもとてもいい評価をもらえました。なので、仕事のチャンスが少しでもあったら、怯えずにやってみる事がとても大事です。

ぼくは、周りの人の英語がわからなくても、泣きそうになりながら、食いついて仕事をしました。それによって、やればできる!という成功体験を得たからこそ、30歳を超えた今も新しく試す事に怯えはありません。

転職を続けてステップアップする

海外で仕事をする人にとって、転職は給与を大幅に上げるためのチャンスです。多くの人が数年に1度、仕事を変えます。キャリアアップをするためです。
例えば、以下のような理由でキャリアを変えている友達が大勢います。

  • この会社でもう学ぶものがない
  • 他の業界の方が条件が良い
  • 新しいスキルを身につけたい

このように、自分のスキルと見合った給与をもらうために、仕事を変えていきます。働く業界についても、将来を見据えて、大きく変更する人も居ます。

ぼくの友達は、

  1. オーストラリアでメディア
  2. シンガポールで金融
  3. 中国でフィンテック

と、仕事を変えています。稼げる&成長産業を見つけて、転職するのが得意な方です。

このように転職したぼくの友達の給与は右肩上がりになっています。今は、東京で外資の金融分野への就職も視野に入れているそうです。

いい仕事はスキルと人脈次第

仕事を探すにあたって、多くの人は、インターネットの転職サイトをイメージするかもしれませんが、必ずしも転職サイトを利用する必要はありません。

例えば、LinkedInを利用すれば、様々なヘッドハンティング案件が来ます。
(※ぼくは、この方法で就職したことないので深くは触れませんが、多くの海外転職者がおすすめしています)

それに加えて、一番重要なのが、海外での人脈だと思います。なぜならぼくの経験上、海外で手に入れた仕事のほとんどは人からの紹介で手に入れた仕事だからです。

  • バスケで友達になったカナダ人に同じ会社に入らないか誘われる
  • カンボジアに住んでいる日本人から中国のIT会社に一緒に入らないか誘われる
  • インドに住んでいる日本人からFacebook経由で日系の大手IT企業に入らないか誘われる
  • オーストラリアの教会で知り会ったオーストラリア人から人材派遣の会社を紹介してもらう
  • 台湾でフランス人から先生の仕事を紹介してもらう(現在も勤務中)

ちょっと過去を遡るだけでも、このように様々な繋がりで仕事を紹介してもらいました。(福利厚生などの条件も良い)嫌な会社だったら、友達に紹介しないので、良い仕事ばかりです。

そのため、海外で働き始めたら、その会社のコミュニティに収まるのではなく、様々なイベントに積極的に参加するべきです。友達が多ければ多いほど、紹介してもらう可能性が増えます。

更に言うと、戦略的に、現地でいい会社に働いていそうなコミュニティに属していると、紹介してもらえる仕事が上質なものになります。

まとめ

アジアで就職をすることは簡単です。断言します。しかし、

  • 言語レベルが低い
  • スキルがない

と、レッドオーシャンで戦う羽目になり、給与も上がりません。最初は仕方ないと思いますが、向上心を持って、両方を身に着けていく必要があります。

理想の将来を手に入れるためには、

  • 言語レベルを上げる
  • スキルを増やす
  • 現地の友達を増やす

というのを戦略的に行う事が必要です。これにより、良い仕事へステップアップすることができます。そして、ステップアップすれば、日本の給与や条件よりも、良い会社に出会える可能性がぐっと上がります。

仕事を戦略的に変えて行き、チャンスを掴み、活躍する日本人が一人でも多く増えて欲しいと思います。

新入社員「オレ、定時で帰ります。」上司より先に退社キメてみたら…

この記事を読む

イチオシ記事

夢に一歩近づこう!海外勤務を実現するために大切なこと
最新情報をチェックしよう!
>TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackは、タスク管理とチャットが同時にできる「業務コミュニケーションのしやすさ」に特化したオンラインワークスペースです。コミュニケーションツールとタスク管理ツールを行ったり来たりして、二重に管理の手間がかかる問題をスッキリ解決します。

CTR IMG