Web制作会社で働く若い人には、アナログだけどシンプルなツールがぴったりでした!

ただいまTeamHackersでは、さまざまなシステム開発企業やWeb制作会社を訪ね、主にアジャイルやスクラム開発などチーム体制の開発スタイルについてのインタビューを行なっているところです。
2018年2月までに公開されたインタビュー記事をここにまとめてみました。
実際にインタビューをしてみて驚いたのですが、どの会社も独自の「方法」を持っていて、どれ一つとして同じやり方が存在しませんでした。仮に、Redmineを使っているとしてもその方法は異なっていました。Backlogを使っているとお答えの場合も同様です。

ぜひ、その違いを改めて確認いただき、みなさんそれぞれの環境にあった知恵を見つけていただければと思います。

不動産業界特化型ディレクターとして全国区に活躍するサービシンク名村さんにプロジェクト管理道を訊く(サービシンク株式会社)

不動産業界に特化したWeb開発会社であるサービシンクの名村さんをお訪ねしました。不動産業界は、広告費用が大きく、広告なくしては成立しない業界である一方、不動産業法や業界慣習・文化、専門用語をきちんと理解できていなければ成果を生むWebサイトは作れないのだ、と業界特化型となった背景を説明されています。その一方で「不動産業界の不透明さをどうにかしたい」と語られるのです。この言葉に象徴されるように熱い言葉があふれるインタビューになりました。(2/23公開)

この記事を読む

国産CMSとして強固なファンたちを築き上げたa-blog cmsのこだわりは(有限会社アップルップル)

 

みなさんはCMSという言葉をご存知でしょうか?CMSとは、Contents Management Systemの略で、管理画面からテキストや画像を入力できHTMLを編集することなくWebサイトを更新できるシステムを言います。a-blog cmsを提供する有限会社アップルップルの代表取締役で、このCMSの生みの親の山本さんは「私より長い間CMSをやっている人はいないでしょうね」とさらっと言葉にされましたが、強固なファンを持つ国産CMSの開発について、またその経緯を含めお話を伺いました。(2/16公開)

この記事を読む

 

受託開発会社だけど「超ホワイト企業です!」という……その方法は(WESEEK, Inc.)

 

最近になって「働き方改革」という言葉が語られるようになりましたが、受託開発企業の多くの場所では、エンジニアの疲弊の言葉がまだまだ聞こえてきます。そんな中、WESEEKさんでは全従業員の1日あたりの平均労働時間が6時間20分だそうです。「超ホワイト企業」だと自信を持って語られる代表取締役の武井さんに、どのように実現しているのかお聞きしました。(2/13公開)

この記事を読む

 

Web制作会社のプロジェクトをシンプルに考え直したら、いったんアナログで試してみることに(株式会社アルタ)

 

企業・店舗のホームページ制作・運営管理を営むWeb制作会社、株式会社アルタ。受託案件以外にも、ポータルサイトの運営やオフィスツールを始めとしたIT化の提案などを手掛けられています。個人の情報発信がますます社会性を帯び、企業単位でもその情報発信の「質」が重要になる中、Web制作会社の役割も増していきます。多くの顧客から頼りにされ「名古屋で一番Office365を売った人」と呼ばれることもある常務取締役鈴木さんに、Web制作会社ならではの開発スタイルを伺ってきました。(2/6公開)

この記事を読む

 

多くのフリーランスを含め20万以上の事業者が使う請求書発行サービス/Misocaの開発スタイル(株式会社Misoca)

 

請求書を書くという面倒な作業を「シンプルに」したことから多くの支持を集めたのが、クラウド請求管理サービス・Misoca(ミソカ)でした。代表の豊吉さんは、「良いプロダクトを作り、良いチームを作るというのは簡単ではありません。最高のプロダクト、最高のチームを目指すことをやめることは絶対にありません」と高らかに宣言しておられます。そんなMisocaさんの開発スタイルとはどういうものなのかお話しを伺ってきました。(1/26公開)

この記事を読む

 

Web制作会社の危機感から模索する新しいプロジェクト管理の方法とは〜独自のプロジェクト開発スタイル(Web制作会社H2O space)

 

Web制作会社H2O spaceを率いる谷口さん。Web制作現場は、大きな変革期にさしかかっています。企業にとってWebサイトは、「おまけ」にすぎなくなってきたので、顧客自身が楽に更新や作成できるようにするかが、これからの価値なのではないか。そのためのお手伝いができるようになりたい、と熱く語られます。自分でWebサイトやアプリを作れる便利なツールも生まれており、Web制作会社の次のステージを模索する動きも少なくありません。その先駆者として、谷口さんが取り組まれているものを伺ってきました。(1/18公開)

この記事を読む

 

オフショア開発でもスクラムを実施して短期間で新規サービス立ち上げを成功できた秘密(モンスター・ラボ)

 

国内の開発リソース不足という課題を解決するためのサービス「セカイラボ」の運営を始め、アプリ開発や運営で知られているモンスター・ラボ。いまや、「セカイラボ」の拠点数は9カ国17拠点だそうで、言語や文化・習慣を異にしても問題なく同じチームの一員として開発を進められるようにしっかりしたマネジメント体制が築けることも開発体制の魅力です。今回は、そのオフショア開発にも関わらずスクラム開発を選び、新サービス立ち上げを成功したという例を伺いに、同社スクラムマスターの船山さんにお話を伺いました。(12/28公開)

この記事を読む

 

TeamHackersでは、これからも数回にわたってスクラム開発事例を個社インタビューを通してご紹介していきます。引き続き、ご購読をよろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事