【就活のミカタ】1次面接と最終面接、人事の思惑と役員・経営者の目線

「面接官は一体なにを考えているんだろう」。就活をしていて、そんな疑問を抱いたことはありませんか。1次面接は和やかなのに、最終面接でいきなり空気が厳しくなるのはどうして? 1次面接で1回答えた質問を、最終面接でもう一度聞くのはなぜ?……etc。

人事チームリーダーと社長秘書を兼任し、1次面接の実施と社長面接の調整をおこなう私が、面接ごとの目的の違いや質問の意図を説明します。

Advertisement

1次面接、2次面接、最終面接、何度も面接をする意味は

就活をしていると、1社ごとに何度も面接を受けることが、面倒と感じることがあると思います。企業は採用活動において、なぜ何度も面接の機会を設けるのでしょうか。なにも複数の目で候補者を見極めたいだけではありません。複数の面接にはそれぞれに異なる目的があるのです。

たとえば、人事担当者である私は1次面接を実施する第1の目的は魅力付けで、第2の目的は見極めだと考えています。これは面接という場を、会社の考え方や入社するメリットを改めて伝える絶好の機会と捉えているということです。

会社説明会ですでに語られた内容であっても、面接という独特の緊張感のある場では、大切な情報をより強く印象付けることができます。また、こちらから大切にしている思いを伝えることで、就活生も自分の大切にしている思いや考えを語りやすくなる効果も期待できるのです。

みなさんにとって「面接に来て良かった」と感じるのは、自分の思いをうまく面接官に伝えられたときではないでしょうか。そして、そのようなコミュニケーションがとれた面接の後には、その企業への志望度が高くなっているはずです。

多くの人事担当者は、この感覚を就活生に持ってもらうことを目指していると思います。少し乱暴な言い方をすると、だれを次の選考に進めるかという見極めは、面接が終わったあとに1人でのんびりおこなえばいいのです。

一方で役員・経営者がおこなう最終面接の第1目的は、確実に見極めです。学生が将来会社で活躍してくれそうかどうかをまっすぐ見定めようとするため、最終面接はピリッとした雰囲気になることが多いのです。

また、最終面接を終えた後に気持ちがたかぶったような感覚を覚えるのは、役員や経営者にはある種のカリスマ性を持っている人が多いためといえます。ただ話をしただけでも、「この人と一緒に働きたい」と思える人がいますよね。就活をしていて、そのような出会いがあることは就活の醍醐味であり、入社企業を決める際の大きな決定要因になるものです。

このように人事がおこなう面接と、役員・経営者がおこなう面接の目的は異なります。これは2次面接で現場責任者が出てくる場合も同じです。「正確にポテンシャルを見抜くため」とか、「現場に馴染める人材かどうかを判断するため」など、人事や役員・経営者とはまた違った視点を持っているものですもの。

多くの企業の選考を受けていると、複数回の面接に対して面倒という印象を抱いてしまいがちですが、企業にとってはどの面接にも無駄なものはありません。それぞれの面接を楽しむ余裕を持てれば、自然とよい結果をつかむことができるでしょう。

それぞれの面接でいろいろな面接官と出会い、よいコミュニケーションをとろうとすることは、あなたにとってきっとよい経験になるはずです。

人事担当者は面接を通じて就活生を育成したい

人事担当者は面接を通じて魅力付けをおこなうという話をしましたが、それは言い方を変えれば、就活生を自社の考え方に近いマインドに育成するということでもあります。

私の会社では1次面接を通過すると、次の選考は社長による最終面接です。人事担当者である私は1次面接での印象をもとに、学生のことを社長に説明し、最終面接の実施を依頼します。

面接中いかに会社に興味を持ち、入社後のイメージをもっていたか。確実に自社が第1志望で、内定を出せば辞退はない。そのようなことを迷いなく言い切れなければ、忙しい経営者は学生の最終面接に時間を割いてくれません。

そして、1次面接が終わった時点でこうした説明ができるように、1次面接を通じて就活生を育成することが人事の役目だと私は考えています。「面接ではありのままの姿を見せるのが1番」と書いている就活本もありますが、私はそうは思いません。

1次面接では会社に興味を持っている姿勢を前面に押し出すべきだと思います。会社に近い考え方を持ってほしいと願う人事担当者の思いに対して、協力的な姿勢を示すことができれば、選考でよい評価を得られるでしょう。

1次面接であなたが話した内容や示した態度は、人事担当者があなたのことを推薦するための材料になります。役員・経営者に対してあなたのことを魅力的に説明できるように、面接を通じて会社の考え方に共感し、言葉にして示すように努めてください。

役員・経営者は自ら判断したい

1次面接で人事担当者に答えた質問を、最終面接で役員・経営者から再度問いかけられるのはなぜなのでしょうか。それは役員・経営者といった決裁権を持つ人間には、物事を自ら判断したがるタイプが多いためです。

「人事担当者がよい人だといったから」ではなく、「自分が確認してよいと思ったから」採用するという判断を下したいのです。そのため、1次面接で人事担当者からすでに確認された内容であっても、役員・経営者が重要だと思うことは再度質問される場合があります。

では、同じ質問があったときには、どのように回答するのが正解なのでしょうか。答えは二択です。1次面接でうまく答えられた質問ならそのまま同じ答えを、うまく答えられなかった質問なら改めて自分が納得できる内容になるように答えればいいのです。

一度うまく答えられた質問は、その時の答えが自分にとって1番アピールしたい内容だったはずです。余計な考えを巡らせて別の言い方をすれば、1次面接で評価された思いが伝わらない恐れがあります。内容が全く同じになっても、聞き手(面接官)が違うので問題ありません。

一方、あなたが1次面接でうまく答えられなかったと感じる質問には、人事担当者によるネガティブなメモが残っていた可能性があります。そのような質問が最終面接の場で再度があった際には、幸運だと考えるべきです。

自ら判断したいと考える役員・経営者は最終面接の回答から「私が質問した時にはよい内容が返ってきた」と受け止めてくれます。このような点も踏まえて、1次面接後にはうまく答えられた質問とそうではない質問を振り返っておくことが大切です。

うまく答えられたものは改めて質問されても落ち着いて答えられるように。また、うまく答えられなかったものは次の機会に今度は自分が納得できる答えを返せるように、準備をしておくようにしましょう。

面接で趣味をたずねる理由


エントリーシートにある「趣味」欄。「学生の趣味なんて聞いてどうしたいの?」と思えて、何を書いていいかわからないと感じたことはないでしょうか。そして面接時に「趣味欄に〇〇とありますが……」と言われても、一体何を話せばいいのかわからないと混乱したこともあるでしょう。

私自身も就活生だった時にはわかっていなかったのですが、自分が面接をする立場になって、エントリーシートの趣味欄の意味がわかるようになりました。趣味の質問は、面接において2つの意味を持ちます。

まず1つ目は、面接官は「あなたに興味がありますよ」と伝えたいのです。エントリーシートに書かれている内容はいずれも、あなたのこれまでや今の考え方を明らかにするためのものになっています。

そのため、エントリーシートをもとに質問をすれば、質問されるほうは「見極められている」と感じるでしょう。しかし、そのような質問ばかりでは、面接の雰囲気は重くなってしまいます。

そのような状況を避けるため、見極めとは少し離れた趣味についての質問をし、試験官は「あなたに興味がありますよ」と伝えようとしているのです。ですので、よっぽど異常なものでない限り、趣味欄に書かれた内容によって、面接の合否が決まることはありません。

一方で、趣味についての質問の受け答えが合否に影響することはあります。趣味に関する質問が持つ2つ目の意味は、雑談力を明らかにするというもの。面接官はあなたと気軽な話をすることで、あなたのコミュニケーション能力を計っているのです。

「面接では、一緒に働きたいと思える人かどうかを見ています」という話を聞いたことがありますよね。新しい仲間を迎えるとき、同じ志を持っていることも大切ですが、プライベートな話を笑いながらできるということも重要です。

自分に興味をもってくれた人に愛想よく答え、こちらからも質問を返すというのは、教室でも居酒屋でも、そしてビジネスの場でもおこなわれているコミュニケーションです。それができる人とできない人がいたら、できる人のほうが選ばれるのは当然だと思いませんか。

面接で趣味のことを聞かれたら、自分に興味を持って場の雰囲気を和ませようとする面接官に協力してあげてください。聞いた相手が楽しくなるように答えを返し、面接官に対しても同様の質問を返せばいいでしょう。

緊張していると雑談する余裕がなくなってしまいがちですが、ビジネスの場では緊張しながらも笑い話ができるような人が重宝されるものです。面接であっても、趣味の話くらいは友達の相手をするように、肩の力を抜いて話す意識を心掛けてください。

まとめ

最後に今回の内容を振り返ってみましょう。

1次面接、2次面接、最終面接、何度も面接をする意味は?

人事担当者がおこなう面接と、役員・経営者がおこなう面接では、目的が異なります。多く面接を受けていると面倒と感じてしまいますが、それぞれの面接を楽しむ気持ちで臨みましょう。

人事担当者は面接を通じて就活生を育成したい

人事担当者には1次面接を通過した学生のことを、役員・経営者に対して魅力的に伝える役目があります。1次面接では自分を説明するときの材料を人事担当者に提供するつもりで回答すると、人事担当者があなたのことをよりよく紹介してくれます。

役員・経営者は自ら判断したい

役員・経営者らは「自分で確認して判断したい」と考えています。人事担当者の言葉を参考にしつつも、最終的には自分の耳で聞いたことが基準になります。1次面接でよい答えが返せた質問は同じ内容を、そうでなかった質問はブラッシュアップした内容を、答えるようにしましょう。

面接で趣味をたずねる理由

趣味の話はあなたへの興味を示しながら、あなたのコミュニケーション能力を計るためのもの。面接では楽しくコミュニケーションがとれることも、大事なポイントになるということを覚えておきましょう。

志望する企業ごとに受ける必要があり、全体でみると膨大な時間をかけることになる面接。緊張するので苦手だという人も多いと思いますが、いろいろな会社の人事担当者や役員・経営者と出会える機会として捉え、楽しんでみてください。


最新情報をチェックしよう!
Advertisement
>TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackは、タスク管理とチャットが同時にできる「業務コミュニケーションのしやすさ」に特化したオンラインワークスペースです。コミュニケーションツールとタスク管理ツールを行ったり来たりして、二重に管理の手間がかかる問題をスッキリ解決します。

CTR IMG