事例紹介
2018.11.06

社会に通用するWEBマーケスキルを学ぶ TeamHackers インターンの実態!

「チームハッカーズ」の公開は、昨年の9月。おかげさまでメディア公開後1年が過ぎました。PVも順調に伸長し、固定読者様もいらっしゃるようで、メディアとは読者に支えられてこそ成り立つという実感をこのメディアに携わるメンバー全員で感じております。
「チームハック」というツールも今年リリースをしており、こちらは開発メンバーが一丸となってより良いツールへと成長できるよう日々アップデートに邁進しています。スマホアプリの登場が間もなくですので、ぜひ楽しみにしていただきたいと思います。
さて、弊社カタリストシステムは、10月20日に本店移転をいたしました。それに伴って、メンバー増強中です。メディア運営をするマーケティングチームでもインターン生を募集することにいたしました。
そこで今回は、インターンってどんな仕事するの? ということを実際にインターンとして活躍してくれている越野くんと大山くんの声をご紹介します。

カタリストシステムってどんな会社で、チームハックってどんなツール?

まず始めに、チームハッカーズ運営責任者の野田さんから、弊社カタリストシステムの会社紹介とチームハックというツールの説明をお伺いしたいと思います。

●●●
野田さん

こんにちは。このメディアの責任者の野田です。

先に、カタリストシステムという会社についての紹介を少しさせてください。
なにをやっているか? と問われれば、システム開発という1語につきますが、その事業領域は広範で、サーバ設計・構築・運用、データベースサーバ設計・構築・運用、システム開発・保守と、ワンストップで開発しています。「フルスタックエンジニア」という言葉を使っていますが、ひとりで「なんでもできるエンジニア」は揃っています。

最近では、シェアリングエコノミーシステムの取り組みの一つである「KAGO」というサービスも公開しました。新しい技術にも貪欲にアンテナを張って社会に役に立つITを提供する試みはつきません。チームハックというタスク管理ツール&プロジェクト管理ツールも、そうした取り組みの全力投球です。

学生のみなさんであっても社会人であっても、チームでなにかものごとを進める時に、困ったり迷ったりした経験のない人はいないのではないでしょうか? どうすれば人間関係をうまくまとめることができるか、という問題は人間が社会的な存在である限りつきない課題かもしれません。わからないこと、困ったこと、どうすれば良いか迷った時、すぐに仲間に聞けるような仕組みをきちんと用意できること。その1つが、ツールの役割であると思います。

もちろん、ツールがあるだけですべて解決となるわけではありません。会社や組織の雰囲気も大切です。カタリストシステムは、そのような空気も大事にしている会社です。仕事終わりには、気の合うメンバーが自然に集まり、飲み会をしながらボードゲームを楽しむことも。スタッフの多くは皆お酒が大好きだったり。。。

そういう話題は、「こちら」でも披歴していますので、確認ください。
開発者ブログ

“チームハッカーズ” インターンシップについて

ここからは、インターンの2人にお話を伺っていきます。弊社カタリストシステムの雰囲気や「チームハッカーズ」におけるインターン生の仕事内容を中心に、他では公開していない「チームハッカーズ」のリアルな実情についてお話頂きたいと思います。

特に、大学生で「新しいことにチャレンジしてみたい!」「Webマーケティングを学びたい!」と思っている方は、ぜひ本記事を一読して弊社インターンの内容について知って頂けたらと思います。

大山

はじめまして! 大学3年生の大山です。僕は今カタリストシステムのインターンとして、弊社のオウンドメディアである「チームハッカーズ」の運営に携わっています。
今年の3月からインターンをはじめ、現在ではメディアの成長にも貢献できるようになってきました。最近のニュースは、彼女に振られたことです!

●●●
越野

こんにちは、越野です。僕は大学4年生の5月からチームハッカーズ編集チームのインターンとして働き始めました。既に就職先が決まっていましたが、4月から新社会人として働き始める前に、実践的な仕事をしたいという思いで、カタリストシステムのインターンに応募しました。今年の10月に新宿御苑から浜松町にオフィスが移転し、新オフィスになりました!ちなみにぼくは、つくばから浜松町の新オフィスまで片道2時間かけて通っています(笑)

インターンの仕事内容について

インターンの仕事内容は、主に「チームハッカーズ」に関わる各データの集計・分析とメディアに投稿する記事の編集や作成の2つです。その詳しい内容について、インターン生のお2人に伺ってみました。

大山

インターンの仕事の一つに、オウンドメディアであるチームハッカーズに関するデータの集計作業及び分析作業があります。現在チームハッカーズには300以上の記事が投稿されており、各記事ごとのPVやコンバージョン率などの数値をGoogleアナリティクスから抽出し、各作業シートにまとめて分析を行なっています。
インターンを始める前までは、まったくと言っていいほどWebマーケティングに関する知識・理解がなく、データ集計や分析などの各作業についてもほとんど触れてきませんでした。
そのため、学ぶことが多くて大変ではありましたが、何度も繰り返し作業を行なう中で、各種の関数や分析ツールを用いて効率化を図るなど、とても楽しみながら仕事ができるようになりました。
集計などの単純な作業やデータを扱う煩雑な分析作業は、どうしても面倒くさいものですが、「どうやったら早く終わらせられるかな」と考えながら取り組むことで、どんな作業もゲーム感覚で楽しむことができるようになるということを実感しました。

●●●
越野

インターンでは、ライターさんから頂いた原稿の校正・編集や記事の作成も行なっています。
記事の構成・編集や作成をする際に重要なことは、「読む人の目線になって考える」ということです。
例えば、ライターさんから頂いた原稿の修正や変更を行ったり、メディアのデザインを編集したりして、より読みやすいように工夫することが必要になってきます。
また、「相手の目線に立って物事を考える」ということは、メディア運営だけでなく、人とのコミュニケーションをはじめとするビジネスにおいても重要なことです。インターンとして働く中で、このような考えを持てるようになったことはとても貴重な経験になっています。

インターンで苦労したことについて

インターンの仕事内容については、少しイメージをつかんで頂けたのではないでしょうか? お2人はWebマーケティングの仕事に携わるのは初めてだったとおっしゃっていましたね。
どんな仕事であっても初めての時は、知識や経験が足りないのは当たり前ですが、お2人はこのインターンでどのような点に苦労し、どうやって乗り越えてきたのでしょうか?

●●●
野田さん

2人はインターンをしていて苦労したことは何かある?

●●●
越野

そうですね。インターンでは、サイトの分析をする際に、グーグルアナリティクスという分析ツールをよく使います。はじめは管理画面の使い方を覚えたり、用語の意味を覚えたりと、Webマーケティングの基礎ができるまでに時間がかかりましたね。
各指標や数字がそれぞれどのような意味を持つのか理解し、正確な分析ができるようになるまではかなり練習を積みました。

大山

僕は記事を書いたことがなく、野田さんに何度もダメだしされていた覚えがあります(笑)
とくに、記事の構成や言葉の選び方についてはかなり意識するようになりましたね。そのおかげで、現在ではライディングスキルも向上し、自分が書いた記事が多くの人に読まれるようになって自信を持つことができるようになりました!

あとは、サイトの集計や効果測定が大変でしたね(笑)

●●●
越野

そうだね(笑)
僕が入ったばかりの頃はまだまだ記事数も少なく、集計や効果測定の仕方もアナログだったからね。
でも、記事が増えていくと同時に、作業を効率化するために工夫したことで、以前の半分の時間で作業が完了するようになったのは革新的だった!

チームハッカーズのインターンは、スピード感もあり、基本的には自分たちで考えた施策を実行に移していくことができるので、自分で作業をガンガン進めていきたいという人にとっても、働きやすい環境が整っています!

インターンで身についたこと・学べたこと

チームハッカーズで働き始めて半年が経ち、Webに関する知識や理解も進み、以前に比べて2人の目の色も変わってきたように思います。

●●●
野田さん

インターンで学んだことや身についたスキルは何かありますか?

●●●
越野

主なスキルとして、Web マーケティングスキルやライティングスキルを身につけることができました。また、実際にチームハッカーズを運営していく中で、メディアを作ることの難しさを感じながらも、効果がみられたときの充実感や達成感は計り知れないくらい大きなものでした。
しかし、Webマーケティングは奥が深く、これからも学ぶべきことがたくさんあります。
卒業までの間、チームハッカーズのさらなる成長に向けてガンガンPDCAを回しながら、自身のスキルの向上にも努めていきたいと思います!

大山

僕は、チームハッカーズのインターンでWebマーケティングの知識と理解が深まり、自分自身で一からメディアを立ち上げてみたいと思うようになりました。
そこで4月頃からインターンの傍ら、プログラミングスクールに通い、サイトの構築からデザインの編集までメディアの立ち上げに必要なスキルを学びました。
また、インターンでもスクールで学んだ知識やスキルを活かして、チームハッカーズのデザイン編集にも関わらせてもらえるようになりました。

これからインターンとして働きたい人に向けて 一言

大山

僕はインターンを始めた頃、Webマーケティングについての知識が全くありませんでした。しかし、知識がないからと言って受け身になり、ただ仕事を与えられているだけでは成長できないとわかっていました。
そこで僕は、自分のスキルを向上させるために、Webマーケティングに関する本を読んだり、編集部の方や先輩方に積極的に質問を行なうようにしました。そのように積極的に行動し続けることで自分自身成長することができたと思っています。

何事も素直に吸収できるスポンジのような人や、自ら考え課題に対して積極的に取り組める人なら、必ずインターン生として活躍できると思います。
今後チームハッカーズで働きたいと思っている人は、ぜひインターンに応募してみてください。

●●●
越野

僕は4年生の6月からインターンに参加したのですが、この短期間でWebに関するさまざまな知識やスキルを身につけることができました。
これまでお伝えしてきたように、カタリストシステムはインターンとして働きながら自分のスキルを高めていくには最高の環境だと思います!
インターンに興味のある方は、ぜひチームハッカーズのインターンに応募してみてください。はじめはわからないことのほうが多いかもしれませんが、僕たちが責任をもって教えます。
一緒にチームハッカーズを盛り上げていきましょう!

インターンシップ募集中! 詳細情報・ご応募は、こちらからお願いします。

インターンシップについての詳細情報・ご応募はこちらからお願いします。一緒にチームハッカーズを盛り上げていきましょう!

インターンシップに応募する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事