もっと時間が欲しいと思っている人へ!スマホとの賢い付き合い方について考えよう

  • あ〜!時間がない!1日が30時間あればいいのに
  • あれもしたい!これもしたいけど働いてるから時間がない

が口癖のあなた。1日24時間のうち、自分が何時間ほどスマホに時間を取られているかご存知ですか?

私は、以前まで1日5時間くらいスマホを使っていました。朝起きてから、仕事の合間に、お昼休みに、そして仕事が終わってから寝るまで。スマホに支配され、インターネットで自分に必ずしも必要ではない情報を眺めているとあっという間に1日が終わる。

「時間がない」と思っていたのは、単なる自分の思い込みでした。

前回「理想の自分を実現するためのタイムマネジメント法!実例をもとに紹介」という記事では私の時間の使い方について紹介しました。

今回はタイムマネジメントに付随し、「スマホの使い方」について考えていきたいと思います。

Advertisement

スマホは便利だけど、思考能力を低下させる

インターネットが普及したのは、いまからほんの30年ほど前のこと。昔は情報を得たいと思ったら、図書館や書店に行って本を読んだり、新聞やテレビで情報を得るしかありませんでした。だから情報は貴重で、より多くの物事を知っている人は重宝されました。

現在は、ネット上に様々な言語で、企業や専門家、または素人が発信した情報が溢れています。どんな情報でもスマホを使うことでほとんどリアルタイムで、しかも無料で簡単に手に入れることができるので、とても便利になりましたよね。

一見「メリットばかり」のスマホですが、本当に私たちの生活を豊かにしているのでしょうか?

集中力が低下する

NATIONAL GEOGRAPHICが引用しているアメリカの2つの研究によれば、「スマホが手元にあると集中力が低下する」という結果が出ています。

これは私自身、非常に感じているのですが、スマホが手元にあると気が散ってしまい目の前のことに集中できません。その結果、通常ならばしないような単純なミスをしてしまったり、やるべきことが進まない傾向にあります。

「スマホ」はインターネットさえあれば家族や友人とコミュニケーションをとることができるだけでなく、世界中の人と繋がることができ、いつでも気になる情報にアクセスできるわけですから、気が散って当然ですよね。

溢れる情報に心が疲れてしまう

気軽に情報が手に入る時代になったからこそ、世の中で起こっているさまざまなことを「知る」ということが「常識」になってしまっていませんか?

上司やお客さんとのコミュニケーション、または友人との会話の中で、自分が知らないニュースの話などになったときなんとなく居心地の悪さを感じてしまうことがあるかもしれません。「ああ、みんなは物知りで偉いな。自分も勉強しないと」と。

しかし、めまぐるしい日々の中で変わっていくさまざまなニュース、本当にリアルタイムでキャッチアップしないといけませんか? 浅く広く物事を知っていて、何か得することがありますか?

また、SNSなどで友人の成功や充実している投稿を見るたびに、うまくいかない自分と比べてしまって落ち込んだり、「自分もうまくいっているんだ」と見栄を張るためにどこかへ出かけては写真を取り、心にもないことを投稿する。イメージアップをして企業広告が入る芸能人でもないのに、そんなことする必要がありますか?

そばにいる人とのコミュニケーションが不足する

私は2011年に中国の上海へ1年間交換留学をしていました。初めて長期滞在する中国は、色んな意味で賑やかで、レストランや街中のカフェテリアでは恋人や家族連れのお客さんが思い思いに会話を楽しんでいました。

心の中では、(もう何時間も喋ってる…よくもまぁこんなに話すことがあるよな)と思いつつも仲の良いカップルや家族を見ては微笑ましい気持ちでいました。しかし、2019年にまた中国を訪ねたとき、どこへ行っても店内が静かで驚きました。

あれだけ人目を気にせずお喋りに勤しんでいた中国人が、目の前にいる人と会話をせず、スマホの小さな画面をひたすら眺めているのです。

「すぐ側にいる人と会話をせず、スマホと会話をする。」

これは、中国だけでなく今や全世界で起こっていることなのではないでしょうか?

久しぶりのデートで、または実家へ帰郷したとき、相手の顔を見て会話をせず、スマホばかりを眺めているなんて、本当に寂しいですよね。一体誰と何のためにそこにいるのでしょうか?

スマホとの賢い付き合い方

とはいえ、必要な情報をすぐに手に入れることができる、遠く離れた場所に住む家族や友人と簡単に連絡をとることのできる「スマホ」は現代の私たちの生活から切り離せない存在ではあります。

スマホと賢く付き合っていくには、スマホに行動や気持ちを左右されないように、だらだらとスマホを見る時間を減らす必要があります。

なんとなく手持ち無沙汰になると、スマホを触ってしまうことがあると思いますが、どうすればスマホ時間を減らせるのでしょうか?

スクリーンタイムの管理

iphoneのスマホを利用している場合は、「設定」に「スクリーンタイム」という項目があります。これは、1日にどれくらいの時間スマホを利用したのかを確認できるとても便利な機能です。

「休止時間」を設定


「スクリーンタイム」機能では、スマホの使用を休止する時間を設定することができます。私は、毎日23時に寝て6時に起きることを目標にしているのですが、ベットに入るのが23時近くなるとどうしても枕元でスマホを触って、自分に必要のない情報をだらだらと見たあと興奮して眠るのが遅くなってしまいます。これを防ぐためには、「休止時間の設定」が効果的です。

いまは23時〜6時までを「休止時間」とし、ロックの解除をしないとスマホを使えないようにしています。「ああ、スマホ見たい…っ」と思っても、翌朝朝食を取りながら見れば良いし、そのときまでの楽しみにしよう!と思うことで我慢できるようになってきました。

App使用時間の制限

「スクリーンタイム」には、指定のアプリを使用する時間を制限できる機能があります。私の場合、スマホで最も使うのは、インターネットとSNS。

インターネットは何かを調べるのに使うことが多いのですが、特に無駄なのは「SNS」であると考えました。そこで1日のあらゆるSNSの使用時間を2時間に設定しました。これまで平日は2〜3時間、休日は4時間くらいトータルでSNSを見てしまっていたんです!私はだいぶ前にフェイスブックを退会したのですが、それでも4時間…。

日本や海外の友人の近況はInstagram、ブロガーや台湾在住仲間の近況はTwitterで確認し、貼られているリンクからウェブページに飛んで様々な情報を見たりしていると、あっという間に4時間が経っていました。

しかし、意識をすることでスマホを触る時間は確実に減りました。今は週末でもSNSの時間を2時間以内に抑えられるようになりました。それでもダラダラとしている時間もあるので、2時間よりももっと減らせるだろうと思っています。

スマホの通知機能をオフにする

iPhoneには「通知」という機能があります。これはダウンロードしているアプリに情報が入ったとき、すぐに音やバイブレーション、メッセージなどでお知らせしてくれる機能のことです。

ニュースアプリやメッセージアプリ、情報が入ったその瞬間に受け取れるのは便利なのですが、あまりにも通知が多く、通知を確認し返信しているだけで相当に時間を取られていることに気付きました。

1人でいるときなど話し相手がいないときなどは、スマホを通して家族や友人とSNSでコミュニケーションを取ることで寂しさがまぎれたりするものですが、これが癖になると人といるときでも他人とスマホで会話をするようになってしまいます。そして大抵は「大事」ではなく、楽しいけれど意味のないチャットがほとんど。

私は、1日のタイムスケジュールに沿って、朝・昼・夜と移動のスキマ時間だけに確認すれば大事な用を見逃すことはないだろう、と思ったので「電話」以外のアプリの通知機能を全てオフにしました。こうすることで、スマホ時間を大幅に減らすことができました。

SNSを使わないと仕事にならない!という人へ

海外のメーカーや外出の多い営業と連絡を取るときなど、「SNSを使えばすぐに連絡が返ってくる!それに写真も送れて便利なのよ」という人も多いと思います。

そのため、「会社携帯」を持たせる企業があると思いますが、業務中に「会社携帯」だけの使用を許可し、「個人携帯」の使用を禁止させる行為は、私は正解だと思っています。

なぜなら、個人携帯のSNSで仕事の連絡をすると、絶対に個人携帯の「雑音」が気になって、チェックしてしまうから。日本の企業で「スマホしまいなさい!」と言われ、「いや、スマホで仕事できますから」と返事する人が増えていますが、仕事中に100%私用の連絡を取っていないとは思えません。

会社員は、「労働時間を会社に売って給与を得ている」のですから、朝早く来る必要も、残業する必要もなく、大事なのは決められた業務時間は会社のためだけに働くことだと考えます。

「会社用のスマホを持たせてもらえないけど、仕事でSNSを使いたい!」という人がいたら、アプリのアカウントを分けることをおすすめします。

まとめ

今回は、スマホ依存症の現代人のための「スマホとの賢い付き合い方」について考えてみました。現代人はテレビを見なくなった代わりに、同じようにスマホに時間を取られています。

「ああ、時間がない」「1日がもっと長ければいいのに!」と思う人は、まずは立ち止まって、今自分がどのような時間の使い方をしているのかを考えてみましょう。

スマホ時間を制限することで、やりたいことをできる時間が生まれてくるかもしれませんよ。

最新情報をチェックしよう!
Advertisement
>TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackは、タスク管理とチャットが同時にできる「業務コミュニケーションのしやすさ」に特化したオンラインワークスペースです。コミュニケーションツールとタスク管理ツールを行ったり来たりして、二重に管理の手間がかかる問題をスッキリ解決します。

CTR IMG