ワークライフバランス重視のママこそ、ベンチャーで働いたほうが良い理由

出産を機に育児休暇を取っている女性の多くが転職を考えるということはご存知でしょうか? また、育児休暇中だけでなく、復職のタイミングや復職後など、育児と仕事の節目節目で多くの女性がキャリアの見直しを考えます。育児休暇を取得する女性は年々増え、さらに復職率も高まり続けている昨今、ワーキングマザーも多様化していて、少し前であればバリバリ働く、いわゆるバリキャリ志向がワーキングマザーのほとんどを占めていましたが、家庭優先にしたい女性や、家庭も仕事もそれなりにしたい女性など、キャリアに対しての意識もさまざまです。

そうすると、出産前のような働き方は続けられない(続けたくない)。または、出産前のように結果が残せなかったり、評価されなかったりすることにもどかしさを感じるなどで、「別の会社に転職したほうが…」と考えてしまうようです。

実際に私も、復職してしばらく経ったタイミングで転職を本気で考え、転職活動をしばらく続けたことがありました。しかし、ワーキングマザーの転職は、そんなに簡単なことではありません。どうしても守らなければならない子育ての時間など、さまざまな制約の中で活躍する可能性を見出していかなければならないからです。そんな時に、実はお勧めなのがベンチャーなのです。それはなぜかー、お伝えしたいと思います。

ワーママが求める働き方とは

ワーキングマザーはなぜ転職したいと思うのでしょうか。それは、やはりまだ育児の主体が女性で、どうしても女性であるママのほうに多くの負担がかかるからです。男性の育休取得義務化が騒がれている中でも、未だ育児の中心的役割を担うのはママ。

朝の保育園への送りはパパという家庭は多いですが、迎えに行くのはママがほとんど。パパがお迎えに行くことがあっても週に1回程度(多くても2回程度)ではないでしょうか。そもそもパパにはお迎えに一度も行ってもらったことがないという家庭も珍しくありません。育児はもちろん、保育園の送り迎えだけではありません。

ワーキングマザーは、朝起こして朝食を食べさせる、着替えさせる、家に帰ってご飯を食べさせる、お風呂に入れる、寝かしつける、、、とにかく自分の時間など1分もないほど公私ともに時間に追われる生活に一転します。しかも、子どもが小さいうちはしょっちゅう発熱などの体調不良になりますが、そんな時に会社を休むのもだいたいママ。保育園から「熱が出たので迎えに来てください」と連絡があれば迎えに行くのもママ。こうなると、当然、仕事にも支障をきたします。


それまで風邪で休んだこともなく働き、残業だって毎日していたのに…というママは、出産前の働きぶりとの差に、自信をなくしてしまいます。もちろん、仕事をする時間が短くなった分、実績や結果にも少なからず影響し、名実ともに「自分は使えない人材になった」と感じてしまうように。そんな状況から脱したいという思いから、環境を変えたいと思うようになります。残業をしなくても結果が出せる会社(つまりはワークライフバランスが整っている会社)、フレックスやリモートワークなど柔軟な働き方を実現できる会社、そして、自分のようなワーキングマザーが活躍する会社を求めて転職を検討し始めるのです。

ベンチャーのイメージと実態のギャップ

育児との両立を無理なく実現すべく転職を考える女性は、まず大手を目指す傾向があります。大手のほうが、フレックスやリモートワーク、そしてワークライフバランスが実現できる制度が整っているように感じるからでしょう。

実際に、働き方改革のおかげで大手企業はかなり先進的な制度を導入しています。しかし、大手には「制度があるだけ」という盲点があります。制度があるかではなく、きちんと運用されているかどうかがまずポイントで、上司によったり、所属する部門によったりで、差があるのが実態です。

さらに、制度以外のことは認められないということも認識しておかなければいけません。大手には大変多くの従業員がいますので、基本的に「例外」は認められません。例えば、時短勤務が許されているのは子どもが小学校に上がるまでと決められていた場合、小学校に入学した途端フルタイムに戻さなければいけません。半年や1年の猶予もなく、です。

結果的に、制度に当てはまらなかったり、そもそも雰囲気的に使えなかったりで働きにくさを感じる大手のワーキングマザーは実は非常に多くいます。

そんなママにひとつの選択肢として考えてほしいのがベンチャーです。ベンチャーというと、朝も晩も、休日もなく、バリバリ働き続けているというイメージが多いと思いますが、最近はベンチャーでもそのような働き方をする会社ばかりではないですし、フレックスやリモートワークなどかなり柔軟な働き方を取り入れているところがほとんどです。

ベンチャーは、セキュリティの問題など大手よりも厳しくないことや、外部スタッフやインターンなどの社外のメンバーで事業を回していることが多く、どんな場所でも誰でも仕事ができるような社内システムのクラウド化が進んでいることがあるからです。制度として整備はされていないものの、働き方は個人の裁量に委ねられている企業が多いため、案外、ワーキングマザーにはフィットします。しかも、ベンチャーはどこも慢性的な人手不足なので、大手に転職するよりもずっとハードルが低いのも嬉しいポイントです。

ベンチャーに向いている人、向いていない人

柔軟な働き方が実現できるとはいっても、ベンチャーならではの特徴を理解していないと、ミスマッチになってし舞うことはあります。やはりベンチャーに向いている人とそうでない人がいるのです。ベンチャーは人数が少ないので、1人で担当する業務の幅が広いのが特徴です。

例えば、人事、総務、広報などそれぞれの部門に分かれて担当するのではなく、このような管理部門の仕事を一人でやらなければならないことも珍しくないのです。人事でも、労務管理しかしたくない、採用しかやったことないなどの人は慣れるまで苦労があったり、そもそも合わないと感じたりすることも多いでしょう。良くも悪くも権限委譲も進んでいますので、社歴や年齢問わず、さまざまな仕事において各個人に判断が委ねられます。上からの指示に従いたい、方針が明確ではないと動きたくないといった人もストレスを感じてしまうかもしれません。


逆に、経験のない業務やプロジェクトでも、どんどん手探りで自律的に進めていくことに楽しさを感じるような人にとっては、大手以上に楽しさややりがいを感じることができるかもしれません。

まとめ

私は、育児休暇中にあるベンチャーでインターン(ボランティア)を経験しました。インターンなのでもちろん無償でしたが、会社員として事業会社に在籍していながら、別の会社(しかもベンチャー)で仕事のような経験ができるなんて楽しそうと思い、トライしたのです。

その時、ベンチャーの皆さんの働き方の柔軟さや、社外スタッフやインターン、プロボノ、アルバイトなど多様なメンバーが集まって事業を進めるその姿に大変感銘を受けたのを覚えています。そこでは、子どもがいるから、インターンだからなど肩書きや制約に後ろめたさを感じる必要はなく、あらゆるメンバーが事業をより良くするために進んで発言し、行動をしていました。

この経験は私に、働く時間や働く場所が重要なのではなく、熱意と行動さえあれば良いのだという自信を与えてくれました。
大手ではなんとなく肩身の狭い気持ちになりがちなワーママもここなら輝ける。そんな気持ちで、ベンチャーに対する印象が良い意味で変化した経験でした。働き方やキャリアに不安や不満、モヤモヤを抱えているママは、ベンチャーで働くという選択肢を一度考えてみてはいかがでしょうか。

新入社員「オレ、定時で帰ります。」上司より先に退社キメてみたら…

この記事を読む

イチオシ記事

最新情報をチェックしよう!
>TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackは、タスク管理とチャットが同時にできる「業務コミュニケーションのしやすさ」に特化したオンラインワークスペースです。コミュニケーションツールとタスク管理ツールを行ったり来たりして、二重に管理の手間がかかる問題をスッキリ解決します。

CTR IMG