あなたのチームを「エクストリームチーム」にするには?

毎日の生活の時間の多くを割いて行なう仕事。真剣に仕事をしていれば、誰でも行き詰まりを感じたり、悩んでしまう時があります。そんなとき、一体どうすべきでしょうか? チームメンバーで解決策を検討したり、上司や外部のコンサルタントに相談してみたりと、いろいろな改善方法を求め、案を探るかもしれません。ここでは、急進的な成長率や方法論で成功をおさめている誰もが知っている企業がどのような施策を用いてチームを作っているのかを紹介します。彼らの働きかたを参考にしてみれば、解決策を探る糸口の一助になることでしょう。

あなたのチーム、モチベーションは共有できていますか?

仕事で力を発揮するために、生産性の向上を目指して日々努力を重ねているビジネスパーソン。生産性や能率、業績を上げることをモットーとし、常に処理速度をアップさせることが不可欠であると考えている人も多いことでしょう。しかし、タイトな日程で、常に重要な仕事を長期にわたって続けることにはデメリットもあります。ワーカホリックのようになったり、他に重要なことを見落としてしまったりするということもあります。モチベーションにあふれる人や、やる気がある人、仕事ができる人こそ、一度立ち止まって自分自身の働き方を考えてみることも必要です。そのモチベーション、他のチームメンバーや関係部署と共有できていますか?

チームがうまくいかない4つの問題点とは?

2017年11月に日本版が発売になって以来、ビジネス界隈で話題を呼んでいる『EXTREME TEAMS(エクストリーム・チームズ) 』(すばる舎)では、アメリカのPixar Animation Studios(ピクサー・アニメーション・スタジオ)、Airbnb(エアビーアンドビー)、Netflix(ネットフリックス)などの先進的な企業における働き方やチームのあり方が経営コンサルタントのロバート・ブルース・ショーにより仔細に記されています。

本の中では、チームがうまくいかない理由として4つの問題点が紹介されています。

問題点1 チーム制がそもそも必要ないのに導入されてしまう

チーム制を導入するからには、チーム制でない仕事の進め方と比較したときにチーム制にするメリットがあるべきです。しかし、往々にして、必要ないにもかかわらずチーム制を導入し、無駄な時間を費やしてしまうことがあるそうです。

例えば、個人とトップが結びついて仕事をしたほうが効率よく仕事を進めることができる仕事内容であったのに、本部からの要望を受けて地域ごとにチームをつくってしまうようなパターンがあります。そのチームの仕事内容が地域ごとに異なる場合には、共有できる情報が乏しく、チーム同士の連携の必要性も低くなります。そのため、チームに関係していること自体が負担になったりモチベーションをさげたりしてしまう要因にもなりうるのです。

問題点2 チーム制を成功に導くボーナスを導入していない

良くできる人材だからと、様々なチームに参加をさせている人物に対して、それぞれのチームでの業績にあわせた報酬が適切に与えられているでしょうか? もしこの人物が固定報酬制、年俸制で報酬を受け取っていれば、沢山のチームにあてがわれたときに、自分の力が正当に認められているとは考えないでしょう。むしろ年が経つにつれ、チームに参加することは自分の関係ないことにも忙殺されるように感じるようになります。もし様々なチームに有能な人物を参加させようとするならば、それに見合った報酬を渡すべきです。

問題点3 組織のシステムに足をひっぱられてしまう

Microsoftでは、以前は報酬制度を相対評価でランク付けしていたそうです。その結果、良い評価枠に入れる人数が決まっていたために、有能な人材はほかの有能な人材と一緒に働くことをさけるようになってしまいました。結局、Microsoftはその評価制度をやめたそうです。このようなシステムは、本来であれば、有能な人材同士が切磋琢磨しながら働いて大きな結果を出すことを目指している企業にとってはマイナス要素になってしまいます。あなたの会社にも、このような社員のやる気や行動力をさげるようなシステムはないでしょうか?

問題点4 「フリーローダー」が出現している

フリーローダー(freeloader)とは、英語で居候や遊び人、給料泥棒といった意味を持った単語です。社会学者によれば「たかり屋」のような、仕事をしないがチームの一員となってチームの恩恵を得ている人をさす言葉です。チームは、仕事においてとても魅力的であるはずです。特定のチームメンバーとの交流や絆は、無味乾燥になりがちなビジネスにおいて、感情上のスパイスとなり、そのチームに属しているという優越感や快感や、自己満足感を得ることもできます。

ところが、チーム内にコミュニケーションに長けたフリーローダーがいると、感情的にはよい体験ができるときがあるかもしれませんが、いつのまにか仕事をまわされていたり、仕事の尻拭いをさせられてしまうかもしれません。あなたのチームにも、仕事はできないが、チームの恩恵にちゃっかり預かっている人はいないでしょうか? その人の存在が、他の優秀なチームメンバーのモチベーションを下げてしまっているかもしれません。

このような4つの問題点をクリアにし、評価システムを構築してチームのモチベーションを大きくすれば、チーム運営はうまくいくのでしょうか?この本には、こんな例が記されています。

「モチベーション」があるからこそ起きたピクサーの事件

ピクサー・アニメーション・スタジオは、トイストーリーやファインディング・ニモ、カーズなどの人気の優れたアニメを制作してきました。ピクサーは、作品に命を吹き込むアニメーターを家族のように大切にし、温かい職場作りを行っていることでも知られます。

1995年公開のアニメ「トイストーリー」をピクサーが製作していたときのこと。制作途中にできの悪さが露呈し、軌道修正を余儀なくされました。そのためにスケジュールがタイトになり、アニメーターたちは寝る間も惜しみ、休みも返上で仕事に没頭していたといいます。そんなとき、あるアニメーターの男性社員が車での出勤途中、後部座席に乗せていた子供を保育所に送っていくことを忘れ、そのうえ車に数時間置き去りにしてしまうという事件が発生しました。

幸い子供には命に別条はありませんでしたが、この事態をうけ、ピクサーは大きく認識をあらためることになったといいます。一流のアニメーターたちは、作品のためにはどんな犠牲もいとわないようなやる気を持っており、実際にこの事件が起きるまでも、自ら長時間労働を選んで仕事を続けてきたとも言えるものでした。いわば、「モチベーションがありすぎる」というわけです。モチベーションがありすぎて、自分の他の時間をすべて見失ってしまうような仕事の仕方を推進する企業であってはならないという貴重な教訓をピクサーは学んだといえます。

ピクサーのような有名人気企業では、よい作品のために全力を尽くす熱量のある人材であふれていることでしょう。だからこそ、オーバーワークにならないように、チームマネジメントが不可欠であると言えるのです。

「あなたのチームを「エクストリームチーム」にするには?」についてのまとめ

Extremeとは、非常な、先端の、と言った意味を持つ名詞です。他の企業から突き抜けた存在になるチームビルディングを行うためには何が必要でしょうか?
本記事で紹介した問題点を排除し、健全なモチベーションを持つだけでは不十分です。エクストリームチームには、一人の力よりも、チームの力によって、他者にまねできない特性が生まれ、競争性を増やすことができるという自信が必要です。
そしてチームの仕事に対して的確なフィードバックを行い、必要であればメスを入れることができるような、仕事における明確なビジョンと行動力が必要です。そして忘れてならないのは、こだわりの共通化です。同じこだわりを共有することによって、チーム力を強くできるに違いありません。

このようなビジョンを、仲間意識や思いやりをもって受け入れてみましょう。きっと良いチーム作りに一歩前進できるのではないでしょうか。ぜひこの記事を参考にしてみてください。

間違いないチームマネジメント

競争的な市場の中でビジネスを加速させていくためには、強力なチームの存在が欠かせません。効果的なチームビルディング術や、チームでの共同作業に役立つツールやポイントを押さえることで、最高のチームを作り出しましょう。

詳細を確認する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事