政府主導の働き方改革に対する違和感。誰かに決められるものなのか?

2019年4月以降に「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」が順次適用されてきます。

最初に働き方に関する議論が上がり法案に提出されたのが2015年。なんと3年以上も日本の働き方は議論されているのです。一方で企業側は独自の働き方制度を作り優秀な人材を囲い込むことに成功しているところもあります。

つまり、政府に任せていては遅く、いつまでも変わらないということです。ではなぜこんなにも遅いのでしょうか?そして政府の働き方改革で本当に自分にとって最適な働き方は見つかるのでしょうか?

今回は「政府主導の働き方」について取り上げます。

働き方改革は世間の最大公約数に過ぎない

大企業・中堅企業・ベンチャー企業・個人とさまざまな場所でさまざまな雇用形態で働いてきた自分からすると、働き方改革を政府方針ですべて決めることに疑問を抱きます。

たしかに大きな方向性を明示するうえで政府が主導になること自体は大賛成です。働き方改革のきっかけとなった2015年の女子従業員が自殺したいわゆる電通事件。この翌年から残業規制を始めとした働き方改革が進みました。

しかし政府方針の働き方改革は世間の流れや意見を汲み取り、従業員と雇用主の中間地点に落としどころを見出します。

  • 36協定で月間45時間までの残業以内にするよう求める一方、特例で上限を突破することも可能
  • 専門職の残業代はゼロ円の高度プロフェッショナル制度
  • ベンチャー界隈からの残業規制に関する圧力

などがあります。政府方針とは言うものの、大方の方向性を決めはするが、特例を認めたりするなどの抜け道も多いのが実態です。

雇用主はできるだけ働いてくれる人材を求めているので、政府が特例を認めればそれは活用するはずです。バシッと「これは違法です。罰金科します。」と言わなければ、抜本的な働き方改革を実現しないでしょう。

働き方改革は自分で主導で行うべき

電通事件は「日本の働き方おかしいよね?変えないとまずくない?」という曖昧な空気感から、明確に変えなければと示すために対象となった事件です。本当は同様の事件は今までいくらでもあったが、長時間労働が日本人の美徳となっていた頃にやり玉に上がることはありませんでした。

これを機に長時間労働などの働き方ブラックの問題に対する見方がより一層厳しくなり、改善を進めるようになっています。

しかし今の働き方は仕事時間を短くする、という点にのみ焦点が当てられていますが、果たしてそれだけで個々人にとって最適な働き方が実現するのでしょうか?いや、難しいでしょう。

  • 自宅に帰ると家族に煙たがれるので会社に長くいたい年配社員
  • 子供がいるから出勤は難しいが、在宅なら長時間働ける女性
  • ボランティア活動をメインにしたいから、休日祝日でも働けるなら働きたい若者

など、個人にとって最適な働き方は千差万別です。

しかし現在は政府の策定している法案に合わせる形で就業環境を作っています。

結局そこから溢れる人も一定数いるので、政府に最適な働き方環境を作るのは無理なのです。

なので働き方改革は自分自身で行うことが重要なのです。

自分で働き方改革を推進するときに考えるべきこと

では具体的に働き方改革をする方法について紹介します。考えるべきは以下の点です。

  • いくら収入が欲しいのか?
  • いつ/どこで働きたいのか?
  • どういう雇用形態がいいのか?
  • なにを活かして働きたいのか?

収入をいくら欲しいのか

生きていく上で必要不可欠なのがお金です。なのでまず収入を最初に考えるようにしましょう。考える際に

  • 現状の生活を維持するにはどれくらい必要か
  • 少し減らしても大丈夫ならどれくらい働けば十分なのか
  • より生活レベルを上げるならどれくらいお金が必要か

を考えるようにしましょう。

働き方改革の肝、いつ・どこで

自分にもっとも合った働き方を考える上でもっとも重要な要素がいつ・どこで働くかでしょう。現在はリモートワークやフレックス制度などを導入している企業も多く、以前に比べ柔軟な働き方を選べるようになりました。

しかしその制度の対象範囲も企業によってそれぞれ。

  • 週3リモートOKなところもあれば、月に数回のみのところ
  • リモートOKだが県内のみ
  • いつ働いてもいいが、土日は不可

など、企業によってまちまちです。その中から自分にとって一番都合のよい働き方を選ぶようにしましょう。そのためにまず自分でなにがもっとも優先すべきことかを明確にするようにしましょう(介護や子育てや旅など)

雇用形態はどうする?

雇用形態は支払う税金やローン審査において重要な要素です。仮にフリーランスで年収1,000万円稼いでいても、正社員の方が社会的信用は高いです。

なので雇用形態で今後のライフプランに大きな影響を与える可能性があります。完全に自由に働きたいからフリーランスになったとすると、色々なものが手に入りにくくなることもあります。(賃貸やクレジットカードなど)

いまでは正社員でフルリモートできる会社も出てきているので、長期的な視点で雇用形態について考えましょう。

自分中心の働き方を実現したいならスキル必至

自分で働き方改革をしたいなら、特出すべきスキルが必要になります。なぜならあなたの都合に合わせるからです。

本来であればオフィスに出社し8時間働くが一般的でした。しかし一部業務に関しては、別に出社しなくてもできるよね、という状態となったことで、リモートワークやフレックス制度などが出てきました。そして、こういった仕事ができる人は、育成する必要もなく自発的に仕事を進めてくれます。

「なにもできません教えてください、でも出社しません」って言われてその人を欲しいと思いますか?そんな人いない方がマシなくらいです。

自分に最適な働き方を実現したいのであれば、その段階で企業の成長に貢献できるスキルを持ち合わせていることが大前提になります。

例)筆者が行なった働き方改革

ここで具体例として僕の働き方改革を紹介します。

  • 収入:月50万円は欲しい
  • いつ/どこで:自分で自由に決められる
  • 雇用形態:フリーランス
  • スキル:Webマーケティング

僕はフリーランスですので、社会的信用は高くありません。なのでそこをカバーするには、やはりお金を稼ぐしかありません。しかも安定的に。なので仕事の継続性がある程度保証されるマーケティング領域での仕事をメインに行なっております。

また固定費の削減もフリーランスにとって重要なことなので、いつでも・どこでも働けるようにしないといけません。なので基本PC1台で完結できる職種を選びました。そして現在は台湾に拠点を移しており、しっかり固定費を抑えることに成功しています。

また固定費を抑えることで仕事を選ぶことができるようになります。日々生きていくお金を稼ぐことに必死にならなくて済むので、条件のよい仕事のみを受けられるようになり、結果仕事時間を減らすこともできるようになっています。

働き方改革を人に任せたらいけない

人は全員違います。大切にしているものの価値観が違うので、誰かが作った仕組みの中で最適なものを見つけるのは不可能です。

ですので、自分に本当にあった働き方を見つけたいのであれば、自分自身で見つけ作っていくしかないのです。受け身では一生叶いません。

現代は幸運なことにITやWEBのおかげで働き方を自由に選べるようになってきています。しかしそれを実現できるのは実際に動いた人のみです。

どのように生きたいか。そのためにどんなスキルが必要なのかを改めて考えてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事