「心」を動かす書評ー忙しい人のための3分でわかるビジネス書解説ー

ライタープロフィール:
「心を動かす書評ライター」NPO幹部、外資系コンサル、エンジニア、起業家など多様な経歴を持つ。小学4年生の時に村上春樹の『海辺のカフカ』を読み、衝撃を受ける。それ以来、図書館で休まずに本を読む毎日。今は年間200冊、本を読んでいる。お気に入りの一冊は、『イノベーションと企業家精神』(P.F.ドラッカー)。
「成功者」は、必ずといっていいほど「本」をよく読む。1,200人の富裕層に趣味を尋ねると、一番多い回答が「読書」である。30代で年収3,000万を超える人は月9.88冊の本を読んでいる。しかし、忙しくて本を読めないのも現実。そのため、『心が動く書評』では、本の内容をコンパクトにまとめ、忙しいみなさんにお届けする。