事例紹介
2018.07.10

ビジネスモデルの基本概念|ビジネスモデルにみる組織のあり方 Vol.1

チームハッカーズでは、今回から「ビジネスモデルという視点から今後の組織のあり方について考える」という未来志向の連載を始めます。

現代は、高度情報化社会となりインターネットの誕生で人々の暮らしや経済が大きく変化してきました。
チームハッカーズのキーワードでもある「チーム」「組織」に着目してみても、そのあり方は大きく変化しています。
今後、組織のあり方はどのように変化していくのでしょうか?

今回は、連載のはじめとして、ビジネスモデルの基本概念やその歴史についてみていきたいと思います。

ビジネスモデルとは?

ビジネスモデルとは、ひとことで表すと「企業が継続的にお金(売上や利益)を生み出す仕組み」のことです。
「誰に、何を、どのように提供し、どこでいくら稼ぐか」ということを具体的に仕組化したものです。

ビジネスモデルには、シンプルな物販モデルから、広告モデル、ライセンスモデル、マッチングモデルなど、様々なビジネスモデルが存在します。
ただし、どんな時代でも成功するビジネスモデルというものは存在しません。なぜなら環境や時代が変われば、成功するビジネスモデルも変化するからです。また、成功するビジネスモデルは、何度もトライ&エラーを繰り返した末に見出されます。

絶対に成功するビジネスモデルはないとしても、ビジネスモデルの中にどんな時代でも成立する共通の法則を見出すことができれば、新しい条件下での適切なビジネスモデルを見出すために大いに参考になるでしょう。
そしてビジネスモデルの土台には、必ず「組織」があります。ビジネスモデルを知るということは、組織のあり方を知ることにつながります。

そのためには、まず歴史を振り返る必要があります。

人類史上最も成功したビジネスモデルは、古代ローマ帝国だ

皆さんは、ローマ帝国をご存知でしょうか?
ローマ帝国は、その昔、現在のヨーロッパ地域できわめて長期間継続した帝国の名前です。ローマ帝国の大きさは地中海全域に広がり、ブリテン島(イギリス国土の中心的な島)や中近東にまで及んだといわれています。

ローマ帝国という一つの組織が、これだけ広い地域を、長期間にわたって支配したことは、人類の歴史において後にも先にもありません。この点からみると、ローマ帝国という組織は、人類史上最も成功したビジネスモデルであるといっても間違いはないでしょう。

組織のあり方を歴史に学ぶという意味では、ローマ帝国のビジネスモデルを知ることはとても重要です。
なぜなら、ローマ帝国が人類史上最も成功したビジネスモデルであり、人間の行動原理はいつの時代も変わらないからです。
例えば、リーダーについて考えてみてください。リーダーに必要な素質や能力は、いつの時代においても変わらないものが多いと思います。リーダーと呼ばれる人の考え方や行動は、どのような立場の人にとっても参考になります。

ビジネスモデルについて知り、その土台である組織を構成する人々の行動原理を知ることができれば、これから組織のあり方をより具体的にイメージできるかもしれません。

ビジネスモデルの2つの基本概念

今後の連載では、様々な時代のビジネスモデルについてみていきます。その中で、最低限知っておきたいビジネスモデルの基本概念についてみていきましょう。

ビジネスモデルには2つの重要な基本概念があります。それは「多様性の確保」と「フロンティアの拡大」です。

①多様性の確保

多様性は、良い組織をつくるために重要な要素の1つです。

歴史をふりかえってみると、積極的に様々な人材を取り入れて多様性を確保できた国や企業は、多様性を確保できなかった国や企業に対して優位になるという事実が見えてきます。
ローマ帝国は人類史上もっとも長期間継続した組織でしたが、最終的にローマ帝国が崩壊した原因は多様性を欠いたことにあるといわれています。

確かに、似たような考えをもった人を集めた組織が高いパフォーマンスを上げる可能性は高いと言えます。最初のうちは、とんとん拍子に事が進むかもしれません。
しかし、同じ考えの人だけを集めるということは、良い組織を作るうえで、マイナスの効果をもたらす可能性があります。なぜなら、「多様性の欠如」という大きなリスクにつながるからです。

組織において多様性が確保されていない場合、変化に対応することが難しくなります。いつの時代も、変化に対応し成長を続けてきた組織は、総じて革命的な人物を抱えていました。アップルのスティーブ・ジョブズが良い例です。

ビジネスモデルにとって「多様性の確保」は重要な要素であり、多様性がなければ、一つの組織を長期間存続させることはできません。

②フロンティアの拡大

もう一つの基本概念は、フロンティアの拡大です。

フロンティアの拡大というと、土地や領土の拡大をイメージしがちですが、ここでいう「フロンティア」とは地理的な意味だけではありません。
フロンティアという言葉は、未開拓の分野や新分野、学問・技術の最先端などの意味をもちます。

日本の高度経済成長を例にみてみましょう。
日本は、第二次世界大戦までは、戦争に勝ち領土を広げることで成長してきました(地理的拡大)。
しかし、高度経済成長期は領土を広げて成長したわけではありません。
経済規模が拡大したことにより、新しい仕事や企業などの組織が次々に誕生しました(新しい経済活動の増加)。
このように、フロンティアの拡大が可能な場合に、国や企業は成長を続けることができます。

世界的にみても、20世紀中ごろからは地理的拡大という意味でのフロンティアの拡大は限界に達しています。
しかし、「情報」という側面から世界をみてみると、インターネットの急速な普及や新しいテクノロジーの進展により、無限といって良いほどのフロンティアが広がっています。

そう考えると、情報化の流れの中で、今後ますます組織のあり方が大きく変化する未来が見えてくるのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?今回は、ビジネスモデルの基本概念やその歴史についてみていきました。
次回以降の連載では、ローマ帝国や江戸時代の日本のビジネスモデルについて具体的にみていきたいと思います。
>>連載2「最強のチームは存続できない!?ローマ帝国に学ぶ多様性」


【PR】 「組織」「チーム」をもっと効率的にするために

TeamHackなら、プロジェクトの管理から情報共有まで、これ1つで全てが完結します。ソート機能で誰が何をやっているか明確に。タスクごとにチャットができるから、情報の錯綜もありません。プロジェクト管理者も作業者も、驚くほどタスク管理が楽になり、組織やチームがみるみる変わります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事