コワーキングスペースとは? 利用する前に知っておくべきポイント

近年、コワーキングスペース(Coworking Space)が注目を集めています。コワーキングスペースとは、さまざまな利用者が各自、独立した仕事を行なえるように共有空間を提供する施設のことです。

コワーキングスペースが台頭してきている理由の一つは、働き方の多様化が背景にあると推察できます。つまり、仕事は所属する企業の事務所(オフィス)でするもの、という考え方が一部、過去のものになりつつあるのではないでしょうか。

コワーキングスペースには当然のことながら、仕事をするにあたり必要な環境が用意されています。ワークスペース(座席)は、フリーアドレス(自由席)となっており、お気に入りの席で作業をすることができます。また、Wi-Fiや複合機、備品は定めれた規約に基づき利用可能です。

筆者も最近になり、コワーキングスペースで仕事をするようになりました。一口にコワーキングスペースといっても、その特徴はさまざまですが、筆者の実体験を例にしつつ、コワーキングスペース利用について考察します。

なぜ、コワーキングスペースを利用するのか?


まずは、コワーキングスペースを利用する理由について考えてみましょう。

理由①: 集中して仕事をしたい

コワーキングスペースを利用する理由として真っ先に思い浮かぶのは、生産性の向上すなわち仕事に集中できる環境を求めて、ということでしょう。同じような理由で、カフェやレストランで仕事をする方も多いと思います。しかし、それらとは異なりコワーキングスペースは仕事をすることを主な目的にした空間ですので、周囲の雑音は少なく長時間にわたり座席を占有していても定員に追い出されることもありません。そのため、自分の作業に没頭することができます。

理由②: 新しい人と出会いたい

新しい人との出会い。これもコワーキングスペースの大きな魅力の一つでしょう。コワーキングスペースは近年の人気もあり、利用者の数もどんどん増えてきていると考えられるため、出会いのチャンスも増えてきています。コワーキングスペースにおける出会いは目的により、二種類に分類することができます。

交流を通じてインスピレーションを得る

まず一つ目は、インスピレーションを得るために、いろいろな人との交流を求めるパターンです。コワーキングスペースを利用している方の仕事や人格はさまざま。そのため、普段なら接しない相手とも交流し刺激を受け、新たな視点を得ることも多くあります。筆者も、健康コンサルタントやメイクアップアーティストなど、関わりのない世界の人たちと接する機会に恵まれ、大変刺激を得ています。

ビジネスパートナーを見つける

もうひとつは、ビジネスパートナーを見つけることを目的にするパターンです。もし、あなたが事業に必要な人材を探している時に、もっとも一般的な方法は採用エージェントに依頼することでしょう。しかし当然、多額の費用を支払う必要があるため、躊躇してしまうこともあると思います。そんな時、コワーキングスペースの活用を検討してもいいかもしれません。新たな出会いの中で、共に働く仲間が見つかる可能性も決して低くはありません。

理由③: 設備・備品を利用したい

コワーキングスペースでは、ビジネスに必要となる設備・備品を共有して利用することができます。

例えば、筆者が利用しているコワーキングスペースでは、

  • フリードリンク
  • 複合機
  • 文具一式
  • 雑誌・書籍
  • シュレッダー
  • 裁断機
  • 製本機
  • ラミネーター
  • 各種ケーブル

などの設備・備品を無料で利用することができます。

オプション(追加サービス)を利用したい

オプション(追加サービス)は、追加料金を支払うことで利用することができます。

再度、筆者の利用するコワーキングスペースを例にすると、

  • 会議室
  • イベントスペース
  • ロッカー(大中小)
  • プロジェクター
  • 音響セット
  • モニター
  • 郵便受け
  • 登記住所利用
  • 社名プレート

などのオプションがあります。

コワーキングスペースを利用するまでの流れ


次に、コワーキングスペースを利用を始めるまでの流れを解説したいと思います。

STEP1: 判断軸を明確にする

コワーキングスペースに限らず、何かを選ぶ時には判断軸を明確にすることが大事です。コワーキングスペースを選ぶにあたり判断軸となるポイントを5つ並べます。

① 立地(アクセス)

コワーキングスペースを選ぶ時には、立地(アクセス)を確認する必要があります。自宅から近いかどうかはもちろんのこと、駐車場の有無や最寄り駅からの距離も確認しましょう。さらに、来客が多い職種の場合には都内からのアクセスも考慮する必要があります。

② 営業日時

コワーキングスペースの営業時間は、それぞれ異なります。24時間365日利用できる所もあれば、平日の日中しか開いておらず、土日祝は営業していないところもあります。筆者が利用しているコワーキングスペースは、フルタイムで営業していますが、スタッフは9時から20時までしか常駐しておらず、それ以降は問題があっても即時対応は期待できません。このような形態をとっているコワーキングスペースは少なくないようです。そのため、一概に良し悪しは決められず、各自のニーズに合わせて判断すると良いでしょう。

③ 利用料金

コワーキングスペースの利用料金は、賃貸オフィスと比べて割安ですが、プランによってかなりの差があります。また当然のことながら、立地や条件が良くサービスも充実していればその分、値段は張ります。自分の予算に基づいて、十分に検討しましょう。

④ 目的

コワーキングスペースを利用する目的を明確にしましょう。大きく分けると次の3つの目的が代表的なのではないでしょうか。

  1. いろいろな人と「交流」したい
  2. 目の前の「作業」に集中したい
  3. リラックスして「趣味」を楽しみたい

コワーキングスペースには、それぞれコンセプトがあるため、自分の目的に沿った所はどこか見極ることが大事です。

⑤ 設備・オプション

自分がコワーキングスペースを利用するにあたり、どのような設備・サービスがあれば良いか、よく考えることが大切です。例えば筆者は、コーヒーが好きなため、フリードリンクがあることが絶対条件でした。また、内装もクリエイティブな刺激を得たい意図があったため、デザインにこだわりがあるコワーキングスペースを検討しました。このように、どのような設備・オプションがあるかどうかは個人差があるため、自分の場合に置き換えてリストアップすることをお勧めします。

STEP2: コワーキングスペースを探す

判断軸を明確にしたら、実際にコワーキングスペースを探しましょう。一番おすすめな方法は、自分と価値観が似ている友人・知人から紹介してもらうことです。ただ、必ずしも周りにコワーキングスペースを利用している知り合いがいるとは限りません。そのため、コワーキングスペースの検索に特化したwebサイトを利用することが一般的かと思います。

上記Webサイトなどを利用すれば、コワーキングスペースの情報を効率よく検索することができます。

STEP3: 見学する

自分の条件に合致するコワーキングスペースを絞り込んだら、実際に足を運んでみましょう。基本的に、コワーキングスペースは見学を常時、受け付けています。見学する時には、自分の判断軸を意識することを忘れないでください。疑問点があれば、スタッフに納得するまで質問しましょう。

STEP4: 一時利用(ドロップイン)

見学の結果、気に入ったコワーキングスペースがあったら、いきなり契約するのではなく、まずは一時利用(ドロップイン)でお試ししましょう。見学の段階で良いと思っても、実際に利用してみると想像と違っていたということはよくあることです。一回でわからなければ、繰り返し利用する根気強さが重要です。

STEP5: プランを決める

一時利用をしてみて、自分の中で結論が出たら、とうとう契約です。ほとんどのコワーキングスペースは月単位で契約をすることになります。ただ、ここで難しいのは、プランを決めることです。コワーキングスペースごとに異なりますが、筆者が利用しているコワーキングスペースを例にあげると、

  • 平日: 9時から18時まで
  • 平日: 9時から20時まで
  • 平日: 18時から24時まで
  • 全日: 5時から9時まで
  • 土日祝: 9時から18時まで
  • 全日: 9時から20時まで
  • 全日: 9時から20時まで(月5回)
  • 全日: 5時~26時まで
  • 全日: 24時間

といったプランが用意されています。当然、利用できる日時が多ければ多いほど利用料金は高くなります。自分の生活リズムと相談しながら、よく検討しましょう。

STEP6: 会員になる

プランを決めたら、後は契約書に必要事項を記入して、晴れて会員となります。賃貸契約とは違って、コワーキングスペースでは所得の証明や敷金・礼金が必要ではなく、手続きもシンプルです。基本的に、月単位で契約が結ばれるため、もし契約を変更・解約したい場合も、翌月まで待つだけです。

まとめ:コワーキングスペース

本記事では、コワーキングスペースについてまとめました。検索してみるとわかりますが、想像以上にコワーキングスペースの数は多いです。もし、仕事をする場所に困っているという方がいれば、コワーキングスペースの利用を検討してみてください。

新入社員「オレ、定時で帰ります。」上司より先に退社キメてみたら…

この記事を読む

イチオシ記事

最新情報をチェックしよう!
>TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackは、タスク管理とチャットが同時にできる「業務コミュニケーションのしやすさ」に特化したオンラインワークスペースです。コミュニケーションツールとタスク管理ツールを行ったり来たりして、二重に管理の手間がかかる問題をスッキリ解決します。

CTR IMG