若手社会人必見!仕事がデキる管理職の7つのルール

どうしたらもっと仕事がうまくなりますか。
毎年、若手社員との面談でよく相談されます。入社してすぐの新入社員であれば、1年目はとにかく会社や社会というものを知ること、自社の事業や自分がすべき仕事を学び、まっとうするだけでも精一杯。そして2年目で会社に慣れ、3年目でようやく自分のスタイルが少し確立される。誰に聞いても最初の3年間はあっという間に過ぎたと言います。
でもここからが本当の勝負、同期の間でも明確に差がついてくるタイミングです。ではなぜ仕事が出来る人とうまくできない人に差が生まれるのでしょうか。そこにはできるビジネスパーソンが心がけている7つのルールがありました。今回は仕事ができる人の共通点を7つのルールとしてご紹介します。

1.レスポンスは早く

会社員でもフリーランスでも、どんな仕事だったとしてもひとりで進められる仕事はほとんどなく、誰かしら他人と関わって進めていく場面は多いです。その際、関わる相手がいかに信頼感を持ってくれるかは仕事の成果にも直結する大切な要素です。では、相手にとって仕事をしやすい人とはどういう人でしょうか。

それはこちらからの確認事項や依頼に対してすぐに返信をくれる人です。

何らかの依頼を受けて自分がボールを持っている状態が長くなればなるほど、相手の仕事をその分止めているのと同じです。もしすぐに返信できない事情があったとしてもせめていつ返信できるのかを事前に伝えておく心遣いをしたいところですね。

加えて、自分がボールを持っている状態のままって何かモヤモヤしませんか。気になってしまって他の仕事にも影響が出てしまうことも。

なるべく早く返信をすることで相手の仕事のスピードが上がり、プロジェクトの成果も出やすくなります。レスポンスが早い人は相手から感謝されるとともに信頼され、結果として助けてくれる仲間も増えるということです。

2.まずは与える

仕事を進める上でメリットとデメリットを理解し、メリットを追求することはビジネスパーソンとして大切なことです。しかし、いつも自分の利益ばかり追求しているとどうなるでしょうか。

助けて欲しいと仲間から呼びかけられても、自分に利がなければ助けない。声をかける相手も何らか自分にメリットがありそうかどうか次第で選んで声かけする。そんな姿勢を周りの人たちは冷静に見ています。

結果、メリットばかり追い求める人の周りには誰も居なくなるでしょう。

一方、何か困っている人や協力できそうなことがあれば自分が持ち得ているものをまず相手の為に与えるという人はどうでしょうか。人間の心理には「返報性の原理」というものがあり、助けてもらったら今度は逆に助けてあげたいとなるのが返報性の原理。

損得や見返りを抜きにして純粋に困っている人を助けていると、自然と仲間が増えていざ自分が困った時に助けてもらえるようになります。

3.常にどうやったらできるかを考える

仕事が回ってこない、うまくいかない人によくあるのは「人がいないからできない」「予算がないからできない」「上司が了承してくれないからできない」という風に何かと「できない理由」をつけようとすることです。

正直、できない理由なんていくらでも考えられますし、それをどんなに考えたところで解決に結びつこともないためまったく意味がありません。だったらむしろ何も考えないほうがマシとも言えます。

できるビジネスパーソンはとにかく可能性にフォーカスし、「どうやったら出来るか」を考えます。ビジネスを進めていれば予算上限や人員不足、同業他社の事業展開など何らかの「制約条件」はつきものです。それをどうやったら乗り越えられるかを考えて実行し、成果に結びついた瞬間が本当の意味での仕事の楽しさではないでしょうか。

常に前向きに、ポジティブに考える習慣が身についている人は成果も上がるし、人としても魅力的だなーと感じます。

4.仲間を信じ、任せる

何でもかんでも自分でやろうとしてしまう人って周りにいませんか。実は私自身も若手時代そうでした。部下や同僚を信じられず、自分でやったほうが早いからと何でも自分ひとりでこなし、間に合わなさそうだったら何時まで残ってでも自分でやることにこだわっていました。

この仕事の仕方、自分一人で完結できるレベルのうちはいいですが、大きな仕事になればなるほど、他部署や外部の方の力を借りなくては進められず壁にぶつかります。自分ひとりで進めることが出来る仕事なんかたかが知れているっていうことですね。

本当の意味で仕事が出来る人は一人のプレイヤーとして優秀なだけじゃなく、周囲を巻き込む力がある人です。もし自分にはできない・自分はよく知らない分野の仕事であっても、経験や知識がある人を仲間に引き入れられれば、それは自分の力とイコールとも言えます。

そのためにはまず、仲間を信じる覚悟が必要ですね。

5.ストレスを溜めない

人間誰しもイラッとすることはありますし、仕事をしていれば大小はさておき毎日ストレスを感じる瞬間はあるでしょう。もしノンストレスですっていう人がいたとしたら、それは現在の環境がぬるすぎで挑戦しておらず、成長もしていないということなので逆に危険です。

大切なのはすべてのストレスから逃げたり、ストレスを感じないようにレベルを落としたりすることではなく、いかにうまくストレスと付き合っていくか。仕事がデキる人は自分なりのストレス発散法を持っているものです。このストレス発散法は人それぞれですが、社内で見せている顔とは違う意外な一面が見られたりするのも面白いところですね。

ちなみに私の場合は、ドライブ・ゲーム・食べ飲み・美術や演劇、ライブ鑑賞など文化的な活動を好きな人とする・公園など静かな場所で一人きりで過ごす、です。

皆さんは自分なりのストレス解消法を持っていますか?

6.人がやりたがらないことをやる

会社勤めだと自分に与えられている仕事に応じて、「営業部」「人事部」などそれぞれ部署に配属していますよね。自分がやるべき仕事をするのは当たり前ですが、会社や仕事に慣れてくるといつの間にか自身の中に芽生えてくる感情があります。

それは「驕り」。要は調子に乗るってことですね。

それに気づかず調子に乗りつづけていると「こんなの俺の仕事じゃないし」と単純作業や他部署のヘルプを拒否するようになる人もいます。そうしていつの間にか周囲の信頼を失う。

仕事がデキる人は歳上歳下に関係なく周囲に敬意を持って接しますし、人がやりたがらない、でも誰かがやらなきゃならない仕事にも積極的に取り組みます。それは他部署のサポートはもちろん、わかりやすい例で言えばゴミ捨てやトイレ掃除、応接室の時計がずれていたら直すなど、誰かがやらなきゃいけないけど、誰の担当というのもハッキリ決まっていないような仕事です。

そうして粛々と謙虚に仕事に取り組んでいると、あの人に言えば何とかしてくれる、いつの間にかやってくれていたなど気づけば仲間から大きな信頼を得ているでしょう。

7.師匠をつくる

この親にしてこの子あり、とはよく言いますが、ビジネスの世界でも仕事がデキる人には素敵な恩師や師匠がいる場合が多いです。それは必ずしも歳上とは限りません。

自分にはない知識を持っていたり、自分にはできないことができる人であれば歳下でも素直に教えを請うことができる。そうやって先入観や偏見に左右されずフラットに人と接することができる人は幅広い年代から支持されます。

そして師匠から学んだ知識や技術に自分のスタイルを加えて自分流をつくっていける。

私自身も人生の恩師と呼べる先輩が2人おり、師匠と呼べる歳下の外部ブレーンが数名います。現在の自分があるのは恩師に叱られた経験や師匠達に教わった知識・技術があってこそだと思っています。

あなたには恩師・師匠と呼べる人はいますか?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

デキるビジネスパーソンと言っても、ものすごく特殊なことをしているというわけではありません。今回ご紹介したようなちょっとした心がけや努力を習慣として「続けられているか」が大切ですね。

2018年もまもなく終わり。皆さまが来年さらなる飛躍を遂げられる素敵な一年になりますように。

参考になりましたら幸いです。

新入社員「オレ、定時で帰ります。」上司より先に退社キメてみたら…

この記事を読む

イチオシ記事

最新情報をチェックしよう!
>TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackで、タスク管理を驚くほどラクに。

TeamHackは、タスク管理とチャットが同時にできる「業務コミュニケーションのしやすさ」に特化したオンラインワークスペースです。コミュニケーションツールとタスク管理ツールを行ったり来たりして、二重に管理の手間がかかる問題をスッキリ解決します。

CTR IMG