チームビルディングに悩んでいるあなたへ おすすめの記事10選

チームビルディングについて悩みを抱えている人は多いかと思います。その悩みは、例えば、チームでのプロジェクトの効率の悪さ、コミュニケーション不足といったものが挙げられるでしょう。それだけにとどまらず、それらの悩みはチーム内の不信感や、目的意識にギャップが生じるといった問題に繋がってしまいます。実際は、何もかもうまくいっているチームはごくわずかで、むしろこのような問題を複数抱えているというチームも多いのではないでしょうか。

ここでは、チーム内の課題を解決したいと考えている方に向けて、基本から運営の段階まで、それぞれの状況下において役に立ちそうな記事をご紹介します。

まずは、チームビルディングの基本をおさえよう

そもそもチームビルディングの目的は何だろうか

リーダーに指名されると、どのようにチームビルディングをしたら良いのか戸惑うかと思います。ここで必要なのは、自分の弱点をしっかり認識できる客観性と、反射的に問題を解決できる柔軟性と広い見識です。これを身に付ければ、チームメンバーはそのようなリーダーシップ下で働くことの意義ややりがいを見出すことができます。
ここでは、その詳しい説明とともに、チームで注意すべきことをお伝えしていきます。

この記事を読む

最高のチームの共通点とは何か? 最先端の企業で実践されている5つのポイント

良いチームには共通要素が存在します。それは
①共有された目的とエンゲージメント
②優秀さよりも重要な「チームへのフィット感」
③本当に必要なことを見抜いて取捨選択すること
④気まずさを怖れず意見を交わすこと
⑤ハードかつソフトなカルチャーを築くこと
です。
ここでは、それぞれを詳しく説明していきたいと思います。

この記事を読む

チームを作るにあたって

チームの理想は何人?状況別にご紹介

チームの人数は10名前後が理想と言われています。しかし、状況や文脈に応じて、最適なチーム人数は変化します。それを決めるファクターは、業務内容とそのレベル、権限移譲できるかどうか、といったなどが挙げられます。そして、人数が増えても管理できる対策も必要です。加えて、よりよい役割分担ができれば強いチームをつくることができるでしょう。

ここでは、それらの秘訣をより詳しく説明します。

この記事を読む

役割分担は明確に そのために意識すべきこととは?

一般的に、プロジェクトは
プロジェクトマネージャー
プロジェクトリーダー
プロジェクトメンバー
で構成されています。これらの役割分担をしっかりやることも重要ですが、しっかりとした目標を立てることも大切です。
ここでは、上記をこなし、プロジェクトを成功させたコンサルティング会社の事例をご紹介します。

この記事を読む

独り歩きにさせない チームにあった目標設定の定め方

プロジェクトを成功に導くために、正確な目標設定をすることは不可欠です。ここで、気を付けるべきことは、個人の技量です。技量が少ないメンバーが多ければ、できるメンバーを分散させ、知識をチーム全体で共有させることが大切です。また、どうすればチームとしてベストパフォーマンスができるかを、常に念頭に置いておく必要もあるでしょう。
ここでは、それを踏まえた上で、システム開発における目標の定め方について見ていきます。

この記事を読む

プロジェクトチーム編成とチームメンバーコミュニケーションのコツ

プロジェクトチームでのコミュニケーションは重要です。コミュニケーションをより良くするコツは、
・会議体で報告・共有・相談がある場合は、簡潔に伝えてもらうよう工夫する
・連絡事項は基本、参加メンバー全員に連絡する
・こまめにメンバーと話をする
ことです。

ここでは、これらのルールを詳しく見ていきます。

この記事を読む

チームを運営するにあたって

チームで目標達成するための12の法則

目標を設定しても、それが必ず達成されるという保証はありません。しかし、目標を達成したチームには12の共通点が存在します。
ここでは、それらを
チームの目標を明確にする法則
チームの力を発揮する法則
個々の力を発揮する法則
コミュニケーションの法則
の4つのテーマに分けてご紹介します。

この記事を読む

「朝礼」「夕礼」は無駄? 重要性と成功させるポイント

「メリハリをつけて働くこと」
「一体感を持って働くこと」
「メンバーのモチベーションを高めること」
上記のことは、日々タスクの消化に忙殺されていると忘れられがちです。これらを実践するためにも、朝礼・夕礼は有効です。しかし、ただ実行するだけでは、かえって雰囲気を乱す危険もあります。
ここでは、それぞれのメリットとその失敗例、そして正しい進め方をご紹介します。

この記事を読む

部下を管理する絶妙な「さじ加減」とは 自発的人材を育てるポイント

部下が無責任で困っているマネージャーの人もたくさんいると思います。部下に当事者意識を持たせるためには、「巻き込む」「理解する」「尊重する」ことが有効です。しかし、そのときは、マネージャーのあなたが「責任転嫁する前に、当事者意識を持つ」「模範になる」ことが前提です。
ここでは、「巻き込む」「理解する」「尊重する」ことで成功した事例をそれぞれご紹介し、マネージャーに必要な心構えをお伝えします。

この記事を読む

楽しいだけで終わらせない アクティビティを用いてチームワークを改善しよう

チームワークを高めるためには、チームアクティビティが有効です。これらは、
・コミュニケーション型アクティビティ
・目標達成型アクティビテイ
・体験型アクティビティ
に分類することができます。
ここでは、それぞれの代表的なアクティビティをご紹介したうえで、チームビルディングの段階でどの種類のアクティビティが有効なのかを考えていきます。

この記事を読む

まとめ

ここまで、チームの基本の段階から運営の段階まで、役に立ちそうな記事をご紹介しました。自分のチームビルディングがどの段階にいるかで、その問題の内容は変わっていきますし、その対策も対応して変化していきます。この全体的な流れを把握することで、いま起こっている問題の解決後、次はどのような問題が起こりそうが分かると思います。これを参考に、みなさんのチームビルディングの課題が解決すれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事